質問回答) センター過去問復習の方法

ni_b301

質問内容

失礼しますが、トムさんに質問です。高校三年の受験生なんですが、これからセンターの過去問を授業でほぼ毎日演習していきます。
そこで質問ですが、過去問の復習の時にどのように復習していましたか?
僕はいままで模試の日本史の復習は教科書をよむだけでしたが、これからはノートをつけたり、その過去問の解き直しを何日後かにしなければいけないのかなぁ〜 と悩んでいます。
模試、過去問の復習の仕方についてアドバイスをききたいです。

僕の現役時代

基本は読むことで対応していました。

と、いうのも僕は10月11月ころにはすでに教科書を読んで解くを繰り返す段階に入っていたので

すでに経験値自体はついていました。

やはり「間違えた問題」の該当部分を読むというのが一般的だと思います。

その理由としては

①過去問は25年分あるので、全部しっかり読み込んで(過去問演習以外の勉強でも一日2時代読む)いればそうとうな量をこなすことになる
⇒わざわざノートを作るのは時間がもったいない。
⇒教科書の該当部分に下線を引いて ○○年度本試大問2の2の3の選択肢で出題と書いておくくらいに留める。
⇒1日2時代以上を別で読むので、数日に1回は必ず嫌でも復習することになる。

②教科書とセンター試験の文章スタイルが似ているので読み込むうちに違和感に気づけるようになり点数が5点単位で上がってくる
③だんだん狙われるところがわかってきて、より疑いながら読み込んでいけるようになる

しっかり25年をこなせば、今までの勉強法にもよりますが、15点〜20点は上がるはずです。

残された時間を鑑みて、改めて解き直したりっていうのはまず考えないで、とにかく粗を探しにいってそれを修復したほうがいい時期かもしれません。

その為により効率的に必要最低限の復習ができるような方法を教えます。

間違えた問題を確認して復習は×

そこでやるべきなのが、間違えた問題を抽出して優先的に読み込むのではなく選択肢別に抽出をすることです

まずは

「○△×マーキング」で解いている際に自信の無い「選択肢」をあぶり出しておきます。

◎ △ × で効率よく復習をしよう

具体例

例えば

2009年度 本試 第一問 B 問5 「三新法」について 誤っているもの

①戸籍編成の全国的な制度として統一した
②画一的な大区・小区をやめ、郡・区・町・村の単位を設けた
③地方税に関する規則を定めて府県財政の確立を図った
④公選の府県会を設置して民意をくみ入れるようにした

一応だけど答えとしては明らかに①がそうだよね

三新法と言えば

郡区町村編成法
地方税規則
府県会規則

だよね。①の戸籍は意味わからん。だから×

でもまぁ答えは明らかに①なんだけど、解いていく際は、必ず自分の解答に根拠を求めなければいけないよね。

特に教科書中心にやってる人は書いてあるけど、

一問一答ばっかりやって教科書は全然読んでないよっていう人は下のようになるはず

①戸籍編成の全国的な制度として統一した
⇒???戸籍って関係あったっけ?これいきなりちがうんじゃないかな。自信あるから⇒○

②画一的な大区・小区をやめ、郡・区・町・村の単位を設けた
⇒あぁ、郡区町村編成法ね。・・・あれでも大区・小区ってところがちょっと気になるな・・・でも①があれだし合ってるっしょ⇒△

③地方税に関する規則を定めて府県財政の確立を図った
⇒地方税規則のことっしょ?うん。問題ないね。⇒○

④公選の府県会を設置して民意をくみ入れるようにした
⇒府県会規則のことだよね。・・・あれ、でも府県会って公選なんだ・・・わからないけど①があれだし⇒△

のように、問題としては明らかに①なんだけど、内部に関してもう少し細やかに見ていくとツッコミどころが生まれる場合が多くある。

だから解いている最中は

①自分の解答に根拠を持たせながら解く
②必ず○×△をつけておく

この2つをかならずやること。

答え合わせの段階にはいったら

上記の問題を例にだしてやるけども、基本的には「試験の時は全部○じゃないといけない」っていう状況が望ましいよね。

まぁそこまでいかなくても解けるからセンター日本史はおいしいんだけども・・・

ようするにとりあえず△以下は教科書の該当箇所を読みましょう。

25年もやれば同じような問題が必ず出てくるので、とりあえず25年分やること。

その際意識してやることは

・どこらへんのページに書かれていることなのか?
⇒「三新法」と「市制・町村制と府県制・郡制」はどっちが前の方に書いてあった?みたいなことを意識
・そのページのどこらへんに書かれていたのかを意識
⇒右下にかいてあったなー的なことを意識。

ちなみにこの問題では三新法のが前だよね。
1876年と1888年のことだからね。
問題としては1876年のことなのに1888年のことを似てるから書くこともできるわけだ。こういうところを意識して読むだけで
別にワードを正確に覚えなくても「位置感・違和感」で解くことが出来るよね。

※そして理想としては「該当ページ」っていうのは1スパンのこと

例えば三新法の問題で△がついてしまったら

教科書P276 自由民権運動〜278Pの松方財政の前までと下の方にある補足を読む

ってことです。きついけどしょうがない。これが読み込むってこと。

※そしてそして

P276の下から3行目や下の③や④あたりに線を引っ張って

「2009年本試験で出題」と軽く記入しておく。

他に1日2時代くらい読み込むので、それが復習代わりになります。

「あーそういえばあんな問題があったな。」
「ここの文章では△がついて、【公選】とか【大区・小区】っていうワードで迷ったな」

ってなればそこに意識が集中して、もう二度とそれは間違えることは無いでしょう。

25年分やれば

だんだんと選択肢に○がつく割合が多くなるはずですので「勉強が楽になるはずです」

そこまでを頑張ってやれればこっちのもんですね。

○がついていたのに間違えていたら

これは大問題です。

根本的な知識が破綻している可能性があります。

ノートや実況中継を見直したり、教科書に強くマーキング・付箋をしたりして定期的に見直す行動を習慣的にやっていきましょう。

結論

あくまでも僕の考えですが

①今までの勉強法によるが、ノートをとったり、あらためて解く必要は基本的にはない
②復習は読み込むことで間接的にやろう
③だんだんできるようになった⇒25年分はもう解いた⇒ならもう一回解き直してもいいです。ほとんどできるはずなんで。

そのために「解答の根拠」「○△×」を確実にやること。

これだけで20点アップです。

偏差値も5以上アップっす。

ではではこんな感じです。

ランキング参加中です。こちらの記事が役に立ったと思ったらよかったらクリックをお願いします!あなたの1クリックが更新のモチベになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

質問・相談は随時受付中です。お問い合わせやコメント欄からお気軽にご利用ください。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

2 件のコメント

  • 回答ありがとうございました!ちょうど今日昨年の過去問を解いて七割だったのですが、○が増えるよう頑張ります!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください