電通大・センター 英語

imgres-11

質問内容

英語の今後の教材選択について質問です。自分は国公立理系志望の浪人生です。

4月〜夏まで予備校の授業の予習復習だけで勉強してきたのですが偏差値は40代のままでこのままではまずいと思い、夏の間に成川の深めてinputと肘井学の読解のための〜と関特別講座(文法と読解の2冊)とハイトレ1.2をやり込み9月の頭の模試で偏差値57くらいにはなりました。
現在使ってる教材なのですが
【単語】シス単(1.2.5.章完璧、3章7割ほど、4章5割ほど)
【熟語】ランク順英熟語(chapter1.2完璧、chapter3は6割ほど、chapter4は4割ほど)
【文法】関特別講座を復習しつつネクステ(文法7割ほど、語法6割ほど完成、)
【解釈】肘井と関特別講座(読解)を復習
【長文】センター過去問(7割は安定しました)
【リスニング】ハイトレの復習兼ねてシャドーイング
【英作文】大矢実況中継(10月から始めました)

今後の教材選択についてなのですが。今後佐藤ヒロシやプラチナルールといった論理読解系の参考書をやろうと思うのですが、志望校が長文に関してはマーク式で他の大問は英作文で私大に関してもMARCH以下の理系を目指していてそちらは過去問を5年ほどし合格最低点以上は取れてます。この場合佐藤ヒロシの記述式をやらずマーク式だけでいいのでしょうか?また他教科とのバランスを考えると佐藤ヒロシマーク式の後にいきなりセンター対策だったり、過去問演習でも平気でしょうか?何か1冊長文問題集を挟んだ方がいいのかなと思いご連絡させていただきました。

回答

回答します。質問自体は少ないんで短くなると思います。

まず、佐藤ヒロシはマーク式だけでokか?

⇒okです。マーク式で十分です。記述は正直に記述が求められる大学志望者が使う教材ですね。合格最低点以上が取れているといっても、その数値が正確なもの(標準化・偏差値換算されている可能性はなきにしもあらず)かはわからないので、解法を学んでしっかり底上げしましょう。

次に、佐藤ヒロシ後の教材選択

⇒インプットした後はなにかしらでアウトプットすべきで、それはある程度解説の詳しい教材で行ないたいというのが本音です。過去問演習にも限りがあって、そんな毎日毎日こなせるもんでもないので、長文教材は挟むことになるとは思いますよ。

センターまでは「スピード英語長文2」とか、その後は解き終わらなくても良いから「標準問題特訓リーディング」とか。

ただ、そこを他教科と兼ね合いたいってことですよね。そこらへんの配分はわからないので、ベストは長文教材も使用する…です。

ではこんな感じで以上です。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

2 件のコメント

  • MARCH志望の長文問題集について。

    はじめまして。
    MARCHならどこでもいいんですが、一応第一志望明治、第二志望立教、第三志望法政の浪人生です。学部は商や経営や経済あたりを理想としています。

    今は関先生の読解講座が終わり佐藤ヒロシのマーク式をやっています。質問なのですがその次にやるMARCH志望にオススメの長文問題集を1〜2冊教えていただきたいです。
    マーチレベルで候補はやっておきたい500、レベル別5、ハイパー2か3あたりかなとは思いながらもCDが付いてない点でやっておきたい500は消して過去問が代わりになればいいかななんて思っているんですが…。そしてまだMARCHの赤本に手をつけてないのですが、2冊やるのは厳しいですかね?それとも足りないですか?自分が考えてるのは佐藤ヒロシが終わったら1冊長文やってそこから赤本やって、足りないと思ったらもう1冊やるのがいいのかななんて思ったりしてますがどう思いますか?もしくは佐藤ヒロシが終わったら過去問解いてそのあとに長文を1〜2冊やるとか…。
    遅れてることは自負してます。センター試験は受けないのでMARCH対策に全振りできます。
    ぜひ回答おねがいします。

    • まずは標準問題特訓リーディングですかね。佐藤ヒロシが終わった後としては「読み解く」部分の解説が厚い教材を選ぶべきです。
      その点でレベル別やハイパーはどちらかと言えば「速読」よりで適しません。(時間があればやりたい教材ではありますが)

      過去問って参考書でも問題集でもなんでもないですよ。現状の自分の欠点を見つけるためのものです。つまり過去問とその他教材は「並行」が正解です。
      過去問で弱点発見⇒教材で穴埋めです。

      佐藤ヒロシ⇒標準問題特訓リーディング(ここまでを11月中)⇒過去問+長文問題集1冊並行+その他対策すべき分野(会話文や文法、英作文等)
      こんな感じでどうでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください