人生は成功か失敗かの選択肢を選ぶ連続

2664615

こんばんわとむです。

完全に風邪をひっぱってきました。寝ても体調が回復しない風邪は本当に数年ぶりかもしれない。

何もやる気がしない。けど書きます笑

掃除機を掃除した後の手洗いうがいを忘れたせいですね。確実に。

いつでも手洗いうがいは忘れないように!!!

まぁ実はこれも小さい選択肢イベント。

もし僕が手洗いうがいをしていたらこんなことにはならなかった

間違いの無い失敗の選択肢。失敗の選択肢を選んでしまうと、それによって導かれる負の結果が訪れるまで、その失敗に気づけないというのが神のいじわるなところである。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
大学受験戦略管理指導参謀本部DSSは
スマホ⇒右上のメニューから
パソコン⇒上のメニューバーから
もしくはこちらのリンクからどうぞ!
この夏に引退する野球部・サッカー部・ラグビー部の方も歓迎します。
夏からGMARCH以上を目指しませんか?
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

人間ってのは間違いなく可能性の塊で

ガチで成功の選択肢ばっかり選んでる奴は

なにかしらの結果、ある程度の地位を掴んでると思う。

もしあのとき、僕の私の才能を最大限に引き出せるような師匠に出会っていたら・・・

と、後々に自分自身の独力で才能を引き出した人ならそう思うでしょう。

こういうときに、僕のやっていた「サッカー」は非常に使いやすい例がたくさんある。

中村俊輔
本田圭祐
武藤嘉紀

もうここらへんは、1回絶望した後立ち直って世界レベルになった代表だよね。
ジュニアユースからユースに上がれず、ユースからプロに上がれず・・・っていう人達だね。

絶望した後、認められたい相手に自分の能力が認められなかった後、

「こいつは使える」

とその能力を見いだした「師匠」がいたわけだ。

逆にこの選手達が、見いだしてくれる師匠に出会えていなかったとしたら、今日本は少し違っていたかもしれない。

これは人生における大きな選択肢。
____________________
何回も言うけども、

この人生選択肢ゲームは、基本失敗するまで失敗に気づけない。

さらに、そもそもほとんどの人が

「選択肢」の存在に気づいていない。

自ら視野を狭くし、なんとなく自分で気に入ってしまったものだけを見て

排他的になり

多い選択肢の中から自分の先を見据えていない。自分の道は一本道だと過信している。

そもそも、最大限注意を払って、自分の前に選択肢を出現させて、そして選んで・・・

それで後々自分が失敗したと気づくのもおかしくないのに、

どうしてそれで成功が選べるのであろうか。

____________________
人生には何個か大きすぎる選択肢がある。

その筆頭が何を隠そう

大学受験

だと思う。

その為の環境づくりとして高校受験も大きい。

ついで就職活動かな。

人生80年っていうけど、最速22歳で残りの人生を決めうる選択肢の選択を迫られる。

これがいかにおそろしいことか。

まだ社会でお金を稼ぎ、誰かを養い、家庭をもたない

世間知らずな中学生が、その基盤の選択肢を選ぶ。

その環境に基づいて、

そのままあたりまえのように大学受験を選択するか
その高校では普通ではない大学受験(いわば逆転)を選択するか
その高校では一般的である就職を選択するか
フリーターかニートを選択する

誰かが教えてやらないといけない。

夢とか希望とか、そんなものは18・22まで頑張って努力した人間でも叶えられるかわからない。

実際の社会は想像以上に意地汚くて、どんなに頑張っても届かない地点もあって、絶望してしまう人も少なくない。

そういうシステムだから。「お金が無くて学べないんだ」「そう、残念だったね」で終わるのがこの社会。

そんな一か八かみたいな種族である人間は、それでも少しでも成功する確率の高い選択肢を選ぶ意識が必要だと思う

______________________
自分で勝手に見えない壁を作ってしまって、

作るべき選択肢を勝手に排除してしまう場合も有ると思う。

「自分ができるわけない__」って

それは違う。

成功したいなら「自分ができるわけない」という理由をまずは求める。

本当にできるわけないのか「疑う」

その自分の論にすこしでも隙が有るのならばそこから可能性を見いだしていく。

これが大きい選択肢の為の小さい選択肢行動。

______________________
受験勉強は特に

小さい選択肢の連続だろう。


・どの参考書・問題集を使うのか
・どこで誰に学ぶのか
・ここで復習しないといけない、でもめんどくさい
・どの大学を受けるのか

大学受験は特に、小さい選択肢の成功を積み重ねていけば

誰でも成績が上がる不思議な領域。聖域。

プロサッカー選手になれとか
ウサインボルトより速く走れとか
ノーベル賞を取るような研究をしろとか

そういう高度な次元じゃない。

もっともっとジグソーパズルをするみたいに、

ちゃくちゃくと選択肢によって「成功」を積み上げていくものです。

積み上げていった先に、俗にいう「天才」が待ってるわけだけど

こいつらにはどんなに努力したって敵わないと断言しておいて、

そいつらとは戦わなくても、もうそこまでいけば日本の中では君より上にいる人間なんて5%もいないから。

天才になれとはいわない。

しっかり選択肢を意識して、成功の確率の高い選択肢を選んで、凡人の頂点になればいい。

ただそれだけのこと。

残りの人生、他のやつらより一歩先にいきたいなら、

ここで受験勉強頑張れ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



ランキング参加中です。こちらの記事が役に立ったと思ったらよかったらクリックをお願いします!あなたの1クリックが更新のモチベになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

質問・相談は随時受付中です。お問い合わせやコメント欄からお気軽にご利用ください。

こちらの記事が役に立ったら!!下の共有ボタンから共有をお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。