d8de14112539827d43512cdbdb0166d9_m

大学受験体験記〜その4〜 早稲田上智明治計7学部合格

maxresdefault (1)

状況

浪人

とむ
体験記ありがとう!!!

予備校の有無

アリ

ネット講座の有無

ナシ

合格大学・学部

早稲田大学 社学、文
上智大学 経済学部経営学科
明治大学 政経、商、経営、文

不合格大学・学部

早稲田大学 商、文化構想、教育

高3時(浪人直後)の4月時点の偏差値(模試名も)

68 河合塾第一回マーク

あなたの大学受験における成功点を教えてください。

ストイックであり続けたこと。 つまり、他の人はもっとやっているという意識が常に持ち、妥協しないこと。 しかし、休息取ることも忘れない。

とむ
大学受験にもっとも必要なのは「効率」だと考えてる。しかしその次に必要なのは「時間」。いかに「効率」よく「時間」をかけられるか?効率よく正しくやってるなら、誰よりも勉強すれば負けない…そんな意識で勉強と向き合ってもらえれば上に立っているのはどちらなんだ…とけっこー単純な図式なんですよね。

あなたの大学受験における失敗点を教えてください。特に気合いをいれてご記入ください。

現役時の失敗は無茶な計画を立て、体が疲れてるのに無理やり勉強をし続けたこと。休息とサボりは違うことを痛感した。 浪人時の失敗はとくにないが、 お金と時間に余裕がある限りは受けたいところは全部受けるべき。 私は受験前に早稲田の政経や慶應を受けなかったことに少し後悔していた。

とむ
オンオフの切り替えは重要ですね。戦略的に立ち止まる…その判断まで意識できる受験生は強いです。ただし、同時にストイックな人でなければ、そこでの切り替えに甘さが出てしまう。なかなか難しいところでもあります。

あなたの得意科目はなんですか?なぜ得意科目になり得たのか、何を使ってどう勉強したのかを教えてください。

得意科目は日本史。 早稲田の問題でも7〜8割は安定していた。このサイトにある通り、初めのうちは教科書をとにかく反復した。浪人時には予備校のプリントをとにかく頭に叩き込んだ。冬季には社学の問題が教科書の記述をよく使うことに気づき、教科書をまた使い始めた。 国語は現文メイン。これが出来なければ話にならない。ここは信頼できると感じた講師の方法を完全にコピーした。 英語は1つ言うとすれば、音読が大事だったと思う。何度も読み、疑問点を解決する。これを繰り返す。

 

とむ
次元は違いますが、浪人生のコンサルをするときに「得意科目はなんですか?」に答えられない人が多い。他の奴には絶対に負けないという自信のある教科を持っていない状態で現役を終えた子が多いということです。出来れば英語か国語を得意科目にするのが理想ですが、志望校によっては社会最強マンも有利にたてますからね。確実に7〜8割取れる自信のある教科があれば、それ以外の教科に対するプレッシャーは必然的に下がります。当日の精神的部分で優位にたてる要素にもなりますね。ちなみに、日本史の教科書の記述ですが、真新しい記述なんてもう作れないんで過去の作品(過去問)or親しみのある教科書とか資料集の記述が使われることは必然なんですよね。記述に慣れるためにしっかり読む、過去問もただ解いて解説を読むだけではなく、リード文や選択肢をしっかり読み込む…そんな意識があるといいですね。

後世の受験生に、あなたが大学受験で得た教訓を教えてあげてください。

まず、早慶とマーチは偏差値以上の壁がある。どの教科も問題のレベルが違いすぎる。 そして、最近の受験が厳しいのは事実である。しかし、真剣にやれば、必ず結果はついてくる。ありふれた言葉だが、一年後にわかると思う。また、周りの受験生のほとんどは落ちるので、他人と同じ勉強法で安心したり、他人と同じ勉強量で安心することは意味がない。やりすぎと思えるぐらい勉強して初めて合格するものだとかの受験生活を通して学んだ。

とむ
最近の受験は厳しいですよ。どうにもならない事実なので、早いうちから動いて国立を目指すとか、さすればMARCHはセ利用で確保できたとか、、、いずれにせよ「早くこの事態に気づいて危機感を持ち、抜け駆けでもいいから早く動き出した」人は勝ちやすいんですよ。範囲は青天井の世界ですから結局足りないのは時間なんです。8割ラインまで持っていった、その後8割1分・8割2分・8割3分と、1分ずつあげていくのに数ヶ月かかるんですよ。高校生浪人生でいられる時間なんてものは限られている、そこでの1年2年がその後の人生の40年間を左右するものであるならば、どう行動すべきかはわかるはずです。/周りの受験生はほぼ落ちる理論はぐう正論すぎてこれ以上何も言えません。大学受験だけでなく、世の中には国家試験というものがあり、そこでは5年10年平気で浪人します。そこでも出てくるのが「受かっても無いのに、この教科はこういう感じでやるべきだよおじさん」です。「落ちてる奴のいうことなんて1㍉も信用するな」と(笑)。重要なのは「自分より上」を見定めてそいつを「自分より下」にすること。そうした先に、気づいたら周りは自分以外にいない….そうなってるでしょう。

 

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください