パーソナルトレーナー

DSS-logo
s_1920x1200xf6a2bb732b6cd47fbb443e (1) (1)

このページでは大学受験動画勢の管理人である『とむ』がパーソナルトレーナーとして実際に生徒を募集して指導している大学受験戦略管理指導参謀本部(通称DSS)の紹介をしております。

DSSの合格実績

※DSSは2016年度に生徒募集を開始し、2017年度大学受験に向け始動したまだ出来て間もない教育媒体です。

2017年度合格実績

  • 早稲田大学2名
  • 上智大学2名
  • 明治大学1名
  • 青山学院大学1名
  • 中央大学1名
  • 法政大学1名

合格体験記

大学受験体験記)早稲田大学文化構想・教育学部 合格

大学受験体験記)上智大学外国語学部ポルトガル語学科 合格

私立文系に絞った指導

私立:3教科に絞れるので、1年間という短い期間でも逆転が可能
文系(社会利用):努力が結果につながりやすい

数学はどんなにわかりやすい教材・授業を受けていても「なんでこここうなるんだろう」「こういうアプローチじゃだめなのかな」というような疑問が必ず出てきます。
逆に社会は教科書に書いてある事をありのままに覚える(参考書等で背景を理解しながら)だけなので、余計な能力は必要無いのです。

⇒私立文系の有名難関大合格者は、本人の能力や高校のレベルに関係なく、指導者の手腕で物理的に作れます

私立文系志望者以外ではDSSの指導は受けられませんか?

もちろん受けられます。英語だけ指導してほしい!とか管理サポートだけやってほしい!というようなニーズに応えさせていただきます。

2018年度大学入試生徒募集

2018年度入試(現高3・浪人生)において募集中のコースは以下のようになります。
※管理のみは別でまとめます。

  • 特定教科コース
  • 成功報酬コース

特定教科コース

教科 料金 備考
英語 11000円/月額
社会管理 3000円/月額 英語と併用のみ
国語管理 3000円/月額 英語と併用のみ

契約金は1万円になりますが、受験コンサル(有料)を受講していただければ無料になります。詳しくは下リンクへ!

大学受験コンサル

国語管理について

国語管理とは、「漢字」「現代文キーワード」「古文単語」などの勉強が億劫になりがちな部分を勉強ノルマとして提示して強制的に勉強させ、週1程度でテストを開催する。現代文の勉強法や古文の勉強のアドバイスによってサポートも可能。

社会管理について

社会管理とは、社会の勉強計画や使用教材を綿密な会議によって決定し、使い方のアドバイス、日々のペースをノルマによって管理をする。暗記が最も大変な教科なのでPDCAサイクルを重視してサポートしていく。

成功報酬コース

成功報酬コースとは?

一定以上の大学に合格できなかった場合、教材費を除いた指導費用が全額返金されるコースです。

夏から逆転!0スタートから約7ヶ月で日東駒専以上の大学に合格コース

費用:25万円(教材費用を含む)
※月額換算(教材費用抜き):約3万円

このコースには特典があると聞いたのですが?

ございます。2017年7月31日までに契約完了で夏休み期間200時間の監視勉強会を開催します。この200時間で勉強法を改善し、自習の質を上げることによって秋以降独力でも成績が向上していくようになります。

このコースに参加できる条件はありますか?

ございます。

  1. 夏休み開始〜9月31日に少なくとも1日8時間以上の勉強時間を30日間作れる
  2. 英・国・社の3教科で受験をする
  3. 日東駒専以上の大学を志望する(女子大希望者などは例外あり)
  4. 千葉県成田市での指導に通えること

の4点になります。

合格できなかった場合、浪人後も継続することはできますか?

いただいた指導費用を

  • MARCH以上合格を目指す成功報酬コース(45万円)に移行させて充当
  • 特定教科コースの指導費用に充当

することが可能です。

契約する上での注意点はありますか?

ございます。

  • 出願を一定以上してもらうなどの基本ルール
  • 生徒が成功報酬コースの本質にそぐわない姿勢が合った場合の契約解除の際のルール

など契約の際に細かくお話させていただきます。

2019年度大学入試生徒募集

2019年度入試(現高2)において募集中のコースは以下のようになります。

  1. 特定教科コース
  2. MARCH以上合格を目指す成功報酬コース

※2017年6月23日現在、特定教科コースは2018年度募集要項と同じ内容になります。

MARCH以上合格を目指す成功報酬コース

高2生が夏休みから約1年9ヶ月でMARCH以上合格を目指す成功報酬型のコース。
※こちらのコースの申し込み期限は2017年12月31日です。

費用:45万円【教材費用約5万円込み】
月額換算(教材費用抜き):約2万円

このコースには特典はありますか?

200時間監視のような特典はございません。高校2年生、私立志望であれば時間としてはかなり余裕があるスタートです
焦って勉強をさせるよりも、高2の間は勉強への意欲向上勉強方法の改善勉強体力の育成を中心としながら、英・国・社の基本事項を完了させることを目標にします。そして高3からは演習主体でやっていきます。

合格できなかった場合、浪人後も継続することはできますか?

可能です。全額返金することももちろん可能ですが、続いての指導が必要な場合には、そのまま無料でもう1年間指導させていただきます。

このコースに参加できる条件はありますか?

ございます。

  1. 高校2年生の間は少なくとも平日1日2時間休日4時間以上の勉強時間を確保できる。
  2. 遅くとも高3の7月31日前後までに部活を引退する見込みがある。
  3. 英・国・社の3教科で受験をする。
  4. MARCH以上の大学を志望する。(3教科で受験可能な公立大学志望者など例外有り)
  5. 千葉県成田市での指導に通えること。

以上5点です。

特定教科コースと成功報酬コースの違い

まずは共通点から

  • 24時間365日 質問相談受付
  • アドバイザーとして勉強のサポート
  • LINEを利用して毎晩の勉強報告の強制⇒ノルマの提示
  • 特定教材の補助(単語帳用のCDや絶版教材の貸し出し、過去問調達など)
特定教科コース 成功報酬コース
料金 月謝制 基本は先払い
実地ミーティング 月2〜4回 月3〜4回
⇒チェックテストと

ミーティングを開催

⇒1日3時間〜8時間

程度の監視勉強会の開催

※1:指導方法 いっせいにスタート 戦略的に計画
※2:契約解除 無料でいつでも 解約金あり

※1:指導方法⇒例えば特定教科で英語・社会管理・国語管理を利用される場合、毎日のノルマは3教科すべて並行して提示します。成功報酬コースはそのときに勉強すべき教科、すべきでない教科などを戦略的に判断してノルマ提示をしていきます。(ex.部活が忙しく勉強時間がとれないので暗記系の社会ではなく、問題を解ける英語や現代文を多めにやろう..等)

※2:契約解除⇒特定教科コースではいつでも自由に解除ができます。勉強方法の改善や自習意欲が向上されたのでもう自分だけでできる!という場合でもお気軽に解除してください。逆に成功報酬は、自己都合での解除が不可能です

管理サポートのみ

DSSは基本的に千葉県成田市で活動しています。成田市に来れない全国の受験生に対してはLINEメールを駆使して勉強の管理をすることが可能です。

現状と志望校に応じた教材の選定と計画
勉強報告から見えてくる勉強法などを評価し、改善が必要な場合には矯正

と大学受験に必要な最低限の戦略的サポートが可能です。

初回料金⇒1ヶ月:5000円(初回計画案作成費用込み)
継続料金⇒1ヶ月:3500円

初回の1ヶ月は5000円で管理開始し、以降も継続する場合には1ヶ月単位での申し込みが可能になります。

管理までの運びは?
  1. メールもしくはLINE@から管理申し込み
  2. 学年・志望校・部活の有無・平日休日それぞれの勉強確保可能時間・直近の模試の偏差値・使っている教材・使った教材を漏れなく・PDFファイルの送信が可能なGoogleなどのアドレスを申し込み時に書いてください。
  3. DSS)それに基づいて使用教材・勉強計画の作成しPDFファイルでまとめて送信
  4. その計画でokという場合には、指定の口座に管理費用を入金(手数料はご負担ください)
  5. 確認できしだい管理開始

という運びになります。

テストの作成はしてくれる?

申し訳ございません。基本的にテストの作成はいたしません。

DSSの基本指導方針

教育環境の進化に頼った新しい方法

2017年現在、家庭内でのパソコンやスマホの普及率は非常に高いものになっています。

予備校に通わずとも、一流講師の授業が月額980円で受けられるネット講座の登場。

ネット講座を使用せずとも、市販の教材は量・質ともに飛躍的な進歩をとげ、初学者から上級者までの対象レベルを問わず、日々の学習の内容を濃いものとしています。

伝統や慣習に従ってしまう悪いクセが大学受験にも

これだけ知識の仕入れ先として環境が整っているのにも関わらず、未だに予備校神話なるものが世に蔓延しています。

予備校という場所は、出来る人間も出来ない人間もひっくるめて授業を行い、『ついて来れる人はついてきてね』というスタンスで指導を行なっています。

つまり、予習復習の質・勉強への意欲といった潜在的な能力部分(センス)に委ねられた指導方法なので、センスある受験生は成績が向上していっても、勉強方法が効果的なものでない受験生は成績なんか向上するわけがないのです。

どんなに勉強時間を稼いでも、それによって実際に成績が向上しないと意味がないわけで、センスある受験生が100時間かけて習得することも、センスの無い受験生は200時間かけても習得できない場合が多いのです。

例えば英単語を1ヶ月で1冊完了させる人がいれば、できない人は夏休みが終わっても(果ては試験本番当日になっても)50%すら覚えていない人がいるということを現実として直視してください。

予備校は勉強法方法や勉強への姿勢を矯正してくれる場所ではないので、普段から勉強する習慣が無い高校生がいきなり放り込まれてやっていける空間ではありません。

予備校の授業も、ネット講座の授業も「知識の仕入れ先」としては大差がないのに、予備校第一主義の思想があるせいで、バイトをしながら予備校に通うといったある意味では矛盾した受験生を生み出してしまう場合があるのです

もちろん予備校という場所は正しく使うことが出来ればもっとも期待値の高い選択肢ではありますが、お金が無いなら無いなりの戦い方があるわけで…。

では、ネット講座での学習はどうでしょうか。

結論から言えば、自己管理できない人間がネット講座だけで合格できるわけがないです。

これも同じです。知識の仕入れ先として料金を支払いはしますが、今の現状の力がどれくらいで、志望校は○○だから、この講座とこの講座を選択すればいい…..という一見簡単そうな行動も、実際のところでは「現状の能力を客観的に見極める」ということが難しすぎて、自分に合っていない講座をとったり、3日坊主で終わったりしてしまうのです。

そしてそれらに対する予習復習の質も重大な要素ですから、センスを底上げする指導がなされない以上、底辺は底辺のままということになります。

勉強を管理し、監視・強制し、矯正するパーソナルトレーナー

DSSのパーソナルトレーナーは、「センス」の部分を向上させることを第一の要素にしています。

知識の格安仕入れ先として市販の教材やネット講座があるのだから、センス部分を伸ばすための教育費を考えてみてはいかがでしょうか。

  • 予備校⇒知識の仕入れ先としては極上だが、センス部分の底上げはなされない
  • ネット講座⇒知識の仕入れ先としては予備校と遜色は無いが、センス部分の底上げはなされない
  • DSS⇒知識の仕入れ先を他に任せて、センス部分の向上をする

予備校やネット講座をプロスポーツの世界で例えると、世界でも名だたる名将を招聘したのにもかかわらず、メンタルトレーナーやフィジカルトレーナーを用意しなかった…という感じです。監督の求める水準をそもそも選手が表現できなかったら意味が無いですよね。

チューターや担任ってそのための存在なんじゃないの?

勉強法や意欲を向上させるためには、毎日の勉強を逐一評価し、アドバイスをしてあげることが唯一の方法になります。
週1〜月1回程度で向上されるのであれば、予備校に通えば100%受かると思うのですがいかがでしょうか。

例えばどんな指導をしてくれるの?

大学受験の10割暗記です。生徒個人の暗記の質を向上させれば、合格確率はぐんと高まります。

人が「覚える」という現象を科学的に捉えて、どのように勉強していけば(どんな方法で復習して、どれくらいのペースでやるのかなど)効率よく暗記が可能になるのかを教えます。

人は結果が出ないと継続ができない生き物です。結果を出すためには正しい方法で継続させることが一番重要です。

  1. 受験生の俺流の勉強法を捨てさせて、実績のある正しい勉強をインストールしてもらい、それで一定期間頑張ってもらう。
  2. その期間、勉強の計画やペース配分の計算、チェックテストの開催でサポートを行なう
  3. それによって成績が向上し成功体験を得た暁には、残りはもう自分だけでも勉強していけるような方法・意欲を持った一流の受験生に変わっている

最短で3ヶ月ほど指導を受けていただければ、勉強の質は向上するということを保証致します。

勉強しない子を自立的に勉強できるようにさせるサポートではない。

DSSにおいて、もっとも望ましい受験生の水準は、

自分なりに毎日数時間勉強してきたけど、身に付いている気がしない。自分がやってる勉強が正しいか不安…

このように、結果うんぬんではなく『自主性』自体があることが望ましいです。特に特定教科コースでは月に最低2回しか会えないというのが普通です。

「生徒は勉強するのがあたりまえ、その軌道修正をトレーナーが行う。」

これが基本方針です。

これができない場合、成功報酬コースで無理矢理強制的に勉強させる方が可能性は高まります。

勉強しないのは心の病気?

受験生にとって部活で忙しくとも、バイトで忙しくとも、なにがあろうとも勉強し続けないといけないわけで、これは社会人が毎日働くのと同じ、極論ではありますが人間が定期的に食し・悪いものを排泄することと同じくらい重要なことです。

つまり、どのような理由があろうとも受験生が勉強をしないというのは、社会で言えばニートと同じです。

これは本人の意思の弱さというよりも、「心の病気」だと捉えてください。

どんな病気を克復する際にも、家族の支えは必須です。

この部分において全てパーソナルトレーナーに丸投げしようと考えているのであればお断りさせていただきます。

また、パーソナルトレーナーは大学受験のための指導者であり、道徳を教える人間ではありません。

勉強の報告をしない、最低限の礼儀がない、そもそも勉強する気が無い等の道徳面でマイナスな面が強い場合には指導をその時点でお断りさせていただきます。

基本的には家族と連携をとりながら本人の勉強進捗を監視し、どうにか成功体験を獲得してもらうことを目標にしています。

そうすることによって、怠惰な受験生が真面目な受験生になるとも限りません。

勉強自体をできる受験生とできない受験生の違いは、十数年間過ごしてきた教育環境・方針にもよるところが大きいです。いわば体質として染み付いてしまっているので、そう簡単に改善できるものではありません。できない可能性も多いにあります。

周りにライバルがいて切磋琢磨できる予備校を選択した方が可能性は高まると思います。

連絡方法

パーソナルトレーナー専用のアドレスにまずはご連絡ください。

daigakudjd☆gmail.com

⇧☆部分を@に変えてください。

LINE@からのご相談も御待ちしております。

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加