d8de14112539827d43512cdbdb0166d9_m

英単語の暗記について 英単語暗記が出来ない方、致命傷なんで是非見てください

ダウンロード (6)

 

質問内容

浪人、中央、法政大学志望
シス単などの新規の単語について。

自分は現役、現在浪人とシス単を使っています。自分は元々英語が嫌いで単語からは逃げてきました。そのため語彙力は皆無で中学の単語帳とセンターレベルの単語帳からやり直しました。この二冊はよく使われる単語が多く、なんとか覚えられました。ただシス単の2章に入ってから全く覚えられなくなりました。今通っている塾で毎日課題の100個の中かから20個抽出されてテストされます。自分は今まで単語をいろんな方法で覚えようとしました。とにかく読んで英語→日本語、例文を読んで理解して覚える、とにかく早く進めるなど色々してきましたがなかなかその日のうちに100個覚えることができません。
むしろ覚えられない自分に嫌気がさして単語が本当に嫌いです。
こんな暗記嫌いな自分でも新しい初見の単語を覚えるときにどういったやり方でやれば覚えられますか。

具体的なやり方、進め方、単語をやるときの心構え、プランなどを教えていただけるとありがたいです。
また復習のやり方に関しても教えて欲しいです。

回答

回答します。

英単語の暗記というのは、暗記の王道です。大学受験に求められる95%は暗記によるものですから、暗記ができないと詰み。受験生の皆様には

英単語の暗記ができない=不合格

と考えていただけると良いかと思います。

その方法論ですが、結局のところ世に出回っている情報をそのまま真似するしかないんですよね。私が現役時代の頃はアホみたいな勉強方法でやってる人は腐る程いましたが、今の時代に一日10個20個ずつ覚える…とかそんな人はまぁいないでしょう。

本件においては「そもそも」の部分が怖いので1から確認していきましょう。

覚えたとは?

そもそも「単語」を「覚えた」とはなにか。

実践で使えなければ意味が無いわけで、英単語をみたら日本語が出てくる前にその単語の意味が理解できてしまうほど、染み付いているか?です。

「apple」「cat」をわざわざ「りんご」・「猫」と日本語に直して理解する人はいませんよね。

それくらい即座に意味がぱっと頭に浮かぶか。多義語であればそれを複数個言えるか?

ここまでやってようやく「覚えた」といえます。

単語を見る→あーーっとえーーっと、、、〜〜だ!は×ですよね。

現状を顧みる

まず自分なりにやってるのに結果がついてこない状態を憂えているその意識が素晴らしい。結果は過程に由来するものだから、過程をどうこうしなくちゃいけない!そう考えられるだけでok。

じゃあ現状の分析から。

>今通っている塾で毎日課題の100個の中かから20個抽出されてテストされます。自分は今まで単語をいろんな方法で覚えようとしました。とにかく読んで英語→日本語、例文を読んで理解して覚える、とにかく早く進めるなど色々してきましたがなかなかその日のうちに100個覚えることができません。

まず、この課題に無理があります。既に1冊終わってる人に対して復習の意味も込めてテストが行なわれるのであればわかりますが、まだ学習中にこの課題は厳しいですね。

①暗記は1日にして成らず。

⇒1日での暗記は不可能です。仮にできても3日はもつが、1週間は定着しないでしょう。例えばこのテストも毎日同じ範囲からランダムに20出題されるとかならば、暗記の性質上非常に有効なのですが、課題として覚える範囲を変更されるってことですよね。

その日のうちに100個覚えようとする事自体が×ですね。ものすごく勿体ない。

②暗記内容は1度忘れかける事でより深く定着する

⇒「忘れないうちに復習しておけよー」とかいう古風な先生のセリフは間違い。ちょっと時間をおいて、「あれ、これなんだったっけかな…えーっとえーっと….えーーっと。。。あ!〜〜だ!」って思い出せたものは深く記憶として定着する。単語テストで得点を取りたいのか、実践で使える単語力を養いたいのか。どっちなんだいって話になります。

③暗記なんてものは見苦しいほどの反復以外に方法はない。

文章内で読んで覚えるとか、理解しながら覚えるとか世の中ではごちゃごちゃ言われてますけど、それも結局反復だからなと。これまでの勉強でかじりつくほど反復できていたのか?っていう話になります。3年間で1回も喋ったこともないようなクラスメイトの名前…言えるでしょ?毎日毎日関係は無いのに、どこかしらで名前を反復して聞けるから勝手に覚えちゃう。毎日反復しまくるからこういう記憶は20年は消えない。小学校の時の出席番号が前の奴の名前とか未だに言えるでしょう。反復なんですよ。この現象は英単語学習と全く違わない。完全に同じなんです。

〜〜

あとは、テスト内でどれくらいできているのかも気になりますけどね。例えば20問中12〜3問ほど正解できないというのであればたぶんやり方や意識を間違えてますね。高得点を取るのは難しいですが、部分的には覚えられていなければならない課題だとは思います。

方法

じゃあどうすっかって話になりますが、1日100個しか勉強しない事がまず×。小テストのための勉強を辞めましょう。むこう1ヶ月は点数取れなくてokの精神で大丈夫です。その代わり1ヶ月後には満点取れるようになりますよ。

【1語1秒1回1%の意識】

①シス単を4分割に(つまるところ1ユニット約500語)

②1週間同じ500個を毎日最低2周、出来れば3周行なう。(朝起きて・昼すぎて・夜寝る前)(⇦毎日同じ範囲を学習、見苦しいほどの反復、1回の学習の間をあけて忘れさせる、いわゆるうろおぼえの反復)

③この時1語に使える時間は1秒、めくる時間等も考慮に入れると10〜15分で1周できる。

④1回高速インプットアウトプット(隠しながら意味を言えるかテストし、出来なければその意味を1回唱える)につき、「1%」の経験値を獲得したと妄想すること。(※※)(速読に必要な語彙力を確保するのだから、その為の学習も「速さ」を意識する)(知識を上塗り補修していくイメージ:やればやるほど強固な知識として定着していくイメージ

※※経験値目安

30%:苦手な単語以外ならば見出し語を言えるようになる
40%:見出し語くらいならばシュパッって出てくる
50%:見出し語の隣にある意味とかもなんとなく同時に浮かんでくる
70%:実践の場で「精読」のための語彙力として使い物になってくる。次の単語の意味迄覚えちゃってる。だいたいの意味をイメージとして捉えられるようになってくる。即座に。
80%:実践の場で「速読」のための語彙力として使いものになってくる。
90%:派生語や反意語・イディオム等も言えるようになる。
100%:次の単語帳が欲しくなる。

⑤4〜5日目になると、覚えちゃってる語といつまでたってもはまらない語が明らかになってくる。⇦覚えられない語には付箋を貼る。

⑥覚えられない語だけを徹底的に唱える、眺める。メモに一覧作ってスクショしてスマホの待ち受けにしてもok。

⑦次のユニットへ。ここまでで7日。この7日間の復習は14日目に、ユニット2が終わった後にやってみる。(忘却曲線的に1週間あけるといいですね)

これで進んでくると1冊1時間で回せるようになります。

_

こんな感じでしょうか。まぁこれはあくまでもモデルケースであり、人によっては個数を500を300に減らすとか、1週間ではなく5日を①スパンにするとかいろいろやりようがあります。

このように勉強法は人それぞれですが、その根幹にある上記のような必須行動必須意識というのは科学的根拠に基づいて示された方法になります。自分流を捨て、とりあえずやってみる…その精神が重要です。

ではでは。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

1 個のコメント

  • 計画添削の質問を送らせていただきました!
    よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください