頑張ろう。1歩ずつでも進むしか無いんだ。

img_3412-1

11月も終盤になり、ガチで寒くなって参りました。

冬というのはちょっと暗いイメージで、思考がマイナスになりやすい季節でもあります。

本番がちらついてくる中で、少しずつプレッシャーを感じ始めている受験生も多いのではないでしょうか。

励ますつもりは1㍉もありませんが、なにかしら書こうと思います。

まず一つ、できるだけ体調を崩すな。

予防接種したって病気になるわけで、万が一の体調不良は仕方ない。が、それをできるだけ防ぐことくらいはできるはずだと。

この時期の1日がどれほど重いものなのかは、今受験勉強真っ最中の皆さんなら理解できるはずだ。

受験生でなくとも、それを容易く想像できるような危機感を持ってほしい。

そして1つ、プラス思考。

うまくいってる人、うまくいかない人 おそらくうまくいってない人の方が圧倒的に多いはず。

きつい、辛いなんてのは知ってるから。たぶん大多数の人がそう感じてるはず。

だからってマイナスのことばかり考えるのは×。だめな部分からプラスの要素を抽出してあげるような配慮も持ちましょう。

過去問で50%しかとれなかった。(⇒しかし50%はとれた。その要因としては〜/今後+20%するには〜)

 

最後に、なんかしら⇩

指定校推薦や推薦で決まってる人もいるかもしれん。3年間よく頑張りました。でもこれからも頑張らないとね。一般組との学力差は入学してからすぐ痛感するよ。

一般受験のみんな、指定校推薦で行ける大学は限られてるから。よっぽどレベルの高い高校でもない限り、たかが知れてるから。ここで辛い思いして勉強頑張ったら、その後の人生は超余裕だから。ほとんどの人にとって、その後大学受験以上に辛い思いをする部類の勉強をしないといけないことなんて無いから。

大学受験を志してしまった以上、そこで立ち止まることはできないわけです。這いつくばっても前に進むしか無い。もう浪人を覚悟している人もいるかもしれません。

知ってほしいことがあります。

大学受験は、どのような境遇にあろうとも求められるのは「結果」であり、それ以外のもので判断されるような世界ではありません。

結果がでないのは自業自得でもあるということ。辛い思いしたって、合格できなければ意味が無い。

受かる人は受かるべくして受かる。落ちる人は落ちるべくして落ちる。のが基本

では落ちるべくして落ちようとしてる方達に、受かる人達がどんな能力を持っているかを教えましょう。

あと数ヶ月でどうにかなるかはわかりませんが、+1年を考えている方には参考になるかもしれません。

自分で考えて自分で調べて自分で解決出来る能力

出来ない人は、なぜ自分ができないかを理解していません。

結果は過程から生まれるものだとするのであれば、過程に原因があるに決まっているのにそこに疑問を持てないのです。思考が固い。

自己を客観的に見る能力でもあるかもしれませんね。

 

出来る子は自分で考えられる。だから行動を間違えにくい。戦略的に進める。

だから「論理的な脳を持つ子は強い」

私はそう考えています。

もうあなた達は18歳、社会に出ていてもおかしくない年齢なんです。

幸いなことに、私は毎日全国の受験生から複数の質問を受けることができる環境にあります。

この子は大人だな〜/この子はまだまだだな〜 って考えながら見てます。

このサイトを見ている人ならわかるかもしれません。大学受験を通じて「思考」部分で大きな成長を果たした実感があるはずです。

実感していない方、今のあなたの成績はどうですか?

18歳のほとんどにとっては、大学受験ほど「思考」しないといけない場面は以降ほとんどありません。

莫大な量の知識を暗記しないといけない。暗記の方法は?勉強の順番は?割合は?

とにかくわからないことだらけの道のりでレールを敷いて進んでいかねばならない。

そういう経験を積んでいるから社会人になって自分で解決する能力を発揮できる。他力本願な人には出世の出番は回ってこないわけです。

てな感じで、僕は来年の受験生である高校2年生に向けて書いたつもりです。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。