偏差値・方法・集中力向上

imgres-11

 

内容

私は新たな目標ができました。 
それはレベルの高い大学に行くことです。今はまだ偏差値が60なくて、どうしても65以上にしたいと思ってます… 
偏差値を上げるためにどう勉強すれば良いか、また、集中力がないので集中力を高めたりする方法を教えていただければ、凄く嬉しいです。

回答

質問の一部を切り取って記事として回答します。

わりと全受験生に言えることなので内容を共有したいと思います。

>>今はまだ偏差値が60なくて、どうしても65以上にしたいと思ってます… 偏差値を上げるためにどう勉強すれば良いか

偏差値という概念でランク付けされ、定期的に行なわれる模試においても偏差値で結果が出されるというものが事実である以上仕方が無いことなのですが

まず「偏差値」なんかどうでもいいというのが本音です。

ひろ〜〜〜い範囲の中から、たまたま出題された問題を解く。そしてその内容は志望校の形式とは大きくかけ離れている。

偏差値とはあくまでも指標であり、絶対的なものではないのです。

仮にこの先で偏差値65を取れた模試があったとしましょう。「だからなんなの?」です。

たまたま得意な分野が出たかもしれない。たまたま最後の2択の運任せに成功したかもしれない。たまたま他の受験生のレベルが低かったかもしれない。

そんな「運」要素がある中での単なる「数字」に惑わされないこと。これはどうでもいい実の無い数字です。

逆に「得点」は絶対的なものです。

センター形式の模試や過去問で一定以上の得点が取れるのか?

これを目標にしましょう。

少なくとも夏が終わって、秋以降のセンター形式の模試で8割以下を決して下回らない実力を付けることを目指してください。

重要な部分は「決して下回らない」です。

どんなに「自信」がなかったテストであっても、なぜか下回らない状態が望ましいです。

そのような状態が完成したときの「偏差値」は、60〜65に勝手になっているはずです。

「あ、なんか気づいたら偏差値65になってた」…これでいいんです。

この偏差値には価値があります。これこそが実入りの本質を掴んでいる目標とすべき数字です。

ではどう勉強すべきか?

今の時代はネットで調べれば正しい勉強法やオススメの教材情報がいくらでも手に入ります。

まず自分の手で調べて、自分で計画を立ててみる。

そこからはじめましょう。まだその時間はありますから。

>>集中力がないので集中力を高めたりする方法

これに関しては特に厳しく触れたいところです。

※まず、自分は科学的な話はできないので(例えば〜〜は集中力を高める効果がある的な)、そういうのはネットで検索してください。

集中力をキープするというのは物理的・精神的な2つの面からアプローチしましょう。

まずはどうでもいい物理的な面から。

  • 場所を変える(もしくは適した環境を作る)
  • ライバルを作る

スマホを見てしまうなら、スマホをどうにかする。娯楽品があるなら封印する。家で勉強できないなら外でやる。座ってると眠くなってしまうなら立ってやる。ホワイトボードを部屋に導入してみたり…勉強に適した世界を作るのが必要な行動です。

また、一人で孤独にやっていくというのも厳しいです。誰かライバルを作って競うのも大事ですよね。

そして精神的な面を。

集中力が足らない子っていうのは基本的に危機感が足りないから、危機感を植え付けます。

集中力とか勉強が続かないとか、ついつい〜しちゃって…

みたいなのは95%の確率で認識が甘い。覚悟が足らない。

名前を聞けば誰もが知るような有名難関大学に進学するような受験生が、どのような勉強をどれだけの期間やってきたのか

皆さんは知っていますか?

高3から努力し始める子が多いのが事実ですけども…

0スタートで早慶に合格するには2000時間前後必要と言われてます。

高1高2の時点で2000時間なんか余裕で通り過ぎてる受験生だって大勢いるわけですよ。

さらには現役生に比べて圧倒的に時間を作りやすい浪人生もいる。

そういう奴らと戦っていかねばならない。

地区予選どまりのチームには、全国優勝するチームの練習の質の高さや環境、厳しさは知りえないでしょう。それと同じです。

ちょうど今はラグビーやサッカーの全国大会をやってる時期ですけども、早慶とか旧帝っていうのはそういうステージですよ。勉強の全国大会なんです。

〜は苦手で、模試で〜で絶望しました…こういう子っていうのは

自分なりの努力

とかいう甘ったれた鎖を心に埋め込んで、限界を突破しようとしないんです。

今日は自分なりに頑張った。昨日ちょっと頑張ったから今日はゆるめにしよう…

大学受験は「自分に勝つ」なんてものではありませんよね。ライバルより高い点を取って合格するゲームですから。

「自分に勝つ」なんて至極当然なのです。

所属する高校によっては、もうすぐセンターまで1年を切るというのに未だに危機感がにおってこない場合も多いでしょう。

いかに気づけるか。

「もう人生選択の瞬間が1年先に近づいてきてるんだよ。残りの40年間を決める1年間なんだよ」と。

「大学受験は人生をかけた間接的な殺し合いなんだよ」と。

失敗すれば一生、死ぬまで消えない傷になりうる重大なイベントなんだと。

気付き、そして実際に行動に移せるか。

それだけです。

友人も当然ライバルですから、いかに気づかれないように自分だけスタートできるか…というのも戦略の一つですね。

では以上です。

 

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。