d8de14112539827d43512cdbdb0166d9_m

【内容】勉強法を紹介してる動画なんて星の数ほどある。今はいい時代。【取捨選択できれば】

img_3412-1

この人東大だから!旧帝だから!早慶だから!

この人の言ってることは正解だ!と脳死で判断してしまうとその時点で大学受験生活+1年です。

以前、MARCH合格のためにこんな教材を使うといいよ…的なコンセプトでアホみたいな教材ラインナップを紹介してる無責任な動画を激おこでさらしたことがあるんだけど、

この動画は違くて、上位大学に合格した人が「自分はこういう教材を、これくらいの時期にやってたよ」を紹介してる動画なんで問題無し。

ただし、内容を見てみると、っていうかサムネの教材を見てもらえばわかるんだけど、たぶん(まじで憶測だけど)この投稿者様は、高1高2のベネッセ模試とかで偏差値65とか70とか取ってる人なんじゃないかなと。

そういう人が、いざこれから受験だ!という段階で、基礎からやっていこう…という場合ならあのような教材でやっていける。そしておそらく、この投稿者様の高校のレベルも(まじで憶測だけど)高かったはず。

実際のところ、これの通りにやって成績があがるのは全受験生の数%にすぎないです。なぜなら投稿者様は優秀だったから(憶測)。

(一応自分は高3の4月時点で偏差値40で、夏迄部活やって、そっから20以上あげての現役合格者だったんで、「偏差値40の自分があそこらへんを使った場合、絶対上がらんわっていう主観的な意見」です。)

日本全国津々浦々、偏差値70の高校に通う偏差値40の高校生、偏差値40の高校に通う偏差値70の高校生、偏差値55の高校に通う偏差値55の高校生の皆様

一人一人の環境・現状・目標にあった教材選択と計画が重要なわけです。

このボランティア活動が今年で8年目になりますけども….毎年毎年環境は変化・進化していくわけで、とーーてもじゃないけど「数年前の受験で自分はこんな教材を使ったよ」なんて「今」はあてにならないんですよね。

(だからさ、俺たちのようなそんな優秀じゃない勢はさ、とりあえず俺んところに相談にこいよ。無料なんだから。偏差値40が成績あげて現役合格したわけで偏差値40〜50の受験生の方達に対しては説得力あると思うぜ)

数ある教材の中で

  • なぜ単語王なのか
  • なぜフォレストなのか
  • なぜネクストステージなのか
  • なぜ技術シリーズなのか
  • なぜやっておきたいなのか

いやぁ、別につかいこなせるならそれでいいんですよ。間違いではないですから。

でも、あなたたち受験生が「参考」にする際、脳死でそのまま信じて取り入れるのではなく、一度「思考」を間に挟んでほしいのです。

僕の時代はね(といっても9年前ですよ)、オススメの参考書とか自分はこういう風に勉強した、、、なんて情報は合格体験記を進路指導室に見にいくくらいでしか手に入らなかったわけです。(だから予備校に通わないと話にならなかったってのもある)それはそれで非常に役に立ったなぜならその情報を手に入れるだけで他の人と差を付けられたから

では今はどうだろう。有益な情報であふれている今の受験環境においては、「誰でも情報を5秒で手に入れることができる」んですよね。加速度的に有益な参考書は増え、スタディサプリなどのネット講座によってお金をかけずとも予備校レベルの教育を受けることができるようになった。僕の時代から比べれば受験生にとって天国のような今の環境で、他者と差をつけるにはどうしたらいいんだ?と考えてほしい。

得た情報を他の人より深く分析して自らに還元してあげる工程を意識しているかどうか?

これしかないんですよ。

なぜ、どうして?理由を明確に、それによって得た結果を次に活かす。これが出来てほしい…これさえできれば受験生として必要な意識は足りているんです。切な願いであります。

昨日回答した記事とかすごーーーーく調べて、考えて計画をたてていました。あれを考えるのに数日、メールで書くだけで数時間かかったはずです。成績が上がる人と上がらない人の差ってそういうところだぞと。

ではではグッバイ。

(なぁなぁ、少しでも役に立ったと思ったらツイートとかしてくれよな!)

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください