◎ △ × で効率よく復習をしよう

images (7)

問題を解く→できなかったところを確認、解き直すっていうのを重ねていくのが普通ですよね。

ネクステ・ビンテージ・スクランブル

などの繰り返し行なう簡単な問題集とかはちょっと違いますが、

過去問演習などで問題を解いている時にも戦略的に勉強する秘訣があります。

簡単なので是非やってみてくださいね。

その1:方法

演習時に、

・自信がある。間違いなく正解→◎

・自信がない。2択まではしぼれたけど・・・最後は勘で答えた→△

・全く解らなかった。→×

大問の部分にマークをしておく

その2:そこから得られること

実際に時間を決めて問題を解いている時に焦りや緊張感があるなかでどれだけ自分の能力を正確に評価・把握ができているか?を知ることが出来る。

◎で不正解:非常に危険な状況。
△・×が全体的に多い:それは演習に入るべき段階ではないのかもしれない。基礎に振り返ってやり直さないといけない場面かもしれない。

その3:目標

受験生が持つべき目標は、言ってしまえば試験当日までに、問題が解ける自信がついていないといけない。つまり「◎」で正解をとらないといけない。

それはつまり過去問でアベレージ9割がとれていたとしても、その内容が「△」ばっかりじゃ意味が無いんだよね。

逆に聞くけどなんでそれで受かると思うのか?と小一時間程問いつめたい。

9割「◎」 残りの1割「△」で合格ライン

このラインをひたすらに目指しましょう。

ここを目指して8割5分◎1割△5分× なら合格できるだろうね。

その4:△から◎へは一筋縄ではいかない

△→◎にレベルアップするためには、普通に問題を繰り返して、ぼーっとしてても変わらないでしょう。

なぜ解けないのか、なぜあと一つ絞れなかったのか

それをしっかり分析して、戦略的に対応策を考えてみましょう。

そのために演習中のマークをする行為ってのは非常に役に立つ存在だし、絶対にやらないといけない要素だと思います。
スポンサードリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキング参加中です。こちらの記事が役に立ったと思ったらよかったらクリックをお願いします!あなたの1クリックが更新のモチベになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

質問・相談は随時受付中です。お問い合わせやコメント欄からお気軽にご利用ください。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

1 個のコメント

  • 問題にそういった印をつけておくと、復習がより効率よく進められそうですね!
    ということで(笑)
    復習のリズムがよくわからず、アドバイスを頂きたいです。
    よく復習というのは翌日、三日後、一週間後、一ヶ月後にやるとよいといいますが、これを真面目にこなしていたら、なかなか先に進まないし、進めていくうちに膨大な量になってしまう気がします。
    とくに日本史の教科書作成段階の復習のリズムがよくわからないです。いったん通史を素早く終わらせることが優先でしょうか?
    よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。