質問回答)一橋日本史 論述対策 |教科書で意識して読む部分を過去問や問題集で知る

ダウンロード (6)

質問内容

志望

一橋大学社会学部

所持参考書

スピマス日本史 終
元祖年代暗記 終
大学受験日本史Bノート 2周目
考える日本史論述 一部数問
山川日本史教科書 論述解く時のみ

用件

一橋大学の日本史論述について

正直なところ、教科書を読み込むのが大事とはこれまでもずっとわかってはいたのですが、具体的なやり方がわからず、結果後手に回ってしまっている状態です。

そこで質問があります。

一橋日本史の論述において合格点以上を取れるようにするためには、日本史教科書の読み込みはどの程度のレベルまで必要でしょうか?その他の具体的な対策方法は何が挙げられるでしょうか。

また金谷先生の一問一答や、僕が使用している上記の参考書は適切でしょうか?

加えて、日本史教科書の作成ページにおいて、論述対策のページが作成中となっていますが、いつ頃公開になりますでしょうか?

お忙しい中すみません。よろしくお願い致します。

質問まとめ

・教科書読み込みの具体的方法がわからない
⇒一橋で合格点以上獲得のためには日本史教科書の読み込みはどの程度のレベルまで必要か。
・その他の具体的対策はあるか
・参考書について

まぁ現状ですでに論述以外の基礎がしっかりできているし、論述の勉強ってそこまでややこしいものじゃないんで、難しく考えずにやってみてください。

過去問分析

(まぁすでにここらへんの情報は知っていると思いますが、一応情報を共有するために書いておきます。)

傾向

一橋日本史はなかなかヘビーで戦略的に解答作成しないといけないんでかなり難しいですよね。

その分傾向は掴みやすく、同じような部分が出る年もあるくらいなので対策はしやすいです。

こちらを見てもらえばわかりやすいと思います。
⇒一橋日本史過去問研究

基本的には「〜江戸」が1問、「明治〜」が2問って感じで出題されるのがほとんどです。

なのでまずは近現代部分をしっかり固めてから、江戸以前に取りかかるというのが本流ですね。

実際に解いてやるべきことを掴む

また塾で添削指導も受けているとのことなので、「解答の際の基本的なルール」はわかっていると思われますので、まずは過去問研究からやっていただきたいです。

2年分の過去問を教科書を片手に、なるべく教科書の文言を利用して解いてみてください。

そして、解答するのに必要であった教科書の該当部分を確認してみましょう。

これをすくなくとも2年分やれば、「自分がどう教科書と向き合えばよいか」を理解できると思います。

丁度いいブログがあったのでリンクしておきます。

一橋浪人の受験勉強法ブログ

論述のテーマになりそうなもの:青マーカー
実際に出たところ:青マーカー&アンダーライン
出そうなところ:一橋がすきそうなところ(妄想)

のように教科書をマーキングしていますね。

数年分の過去問で相手の出方を知って、残りの教科書の全ページを意識的に読んでいきましょう。

教科書作成

僕も教科書の線引き動画は上げています。

日本史の教科書の構成は

「背景」⇒「原因」⇒「事実」⇒「過程」⇒「結果」⇒「その後の影響」

で進んでいきます。

ちょっと過去問を見てみましょうか。

1999年大問2

第二次農地改革によって解体された寄生地主制は,(1)経済的には,1872(明治5)年の田畑永代売買の解禁,翌年の地租改正条例による地租改正事業,さらに松方財政下のデフレーションの過程で形成された。また(2)政治的には,「地方ノ名望アル者」による地方自治をめざした1888(明治21)年の市制・町村制と1890年の府県制・郡制,帝国議会の開設で,明治憲法体制の一翼を担うこととなった。
 その後,1920年代に入ると,(3)小作農民の運動が各地に起こり,全国組織も成立して,寄生地主制の後退が始まった。さらに昭和恐慌期になると小作争議も深刻化し,戦時経済統制が進むと小作料統制令などで衰退が一段と進んだ。

問1 第二次農地改革では,小作料と地主の所有地についてどのような措置がとられたかまたその結果,どのような変化が生じたかを具体的に説明しなさい。
問2 下線部(1)について,田畑永代売買の解禁から地租改正を経て松方財政下のデフレーションまでの過程で,どのようにして寄生地主制が形成されたかを,土地所有制度と課税制度の変化に着目しながら説明しなさい。
問3 下線部(2)の「明治憲法体制の一翼を担うことになった」について,町村制と帝国議会衆議院を例にとり,具体的に説明しなさい。
問4 下線部(3)について,この時期の小作農民の運動が掲げた要求を2つ書きなさい。また,全国組織の名称を書きなさい。

まぁ単純で説明しやすいので問1で解説しますが

事実:第二次農地改革(キーワード・・・教科書P373に書かれている文言で解答作成すればいいんだ!)
過程:小作料と地主の所有地についてどのような措置がとられたか
⇒(教科書12行目)不在地主の全貸付地、在村地主の貸付地のうち一定面積をこえる分は、国が強制的に買い上げて、小作人に優先的に安く売り渡した。

結果:またその結果、(主部:所有地について)どのような変化が生じたか
(教科書15行目) その結果、全農地の半分近くを絞めていた小作地が1割程度にまで減少し、農家の大半が1町歩未満の零細な自作農になった一方、大地主たちは従来の大きな経済力と社会的威信とを一挙に失った。

あとはこれを編集して文章にすればokですね。

わかりやすく「その結果」なんて書いてくれてるわけでこれは一橋受験生なら誰でも解ける易しい問題ですね。

僕の教科書作成では「事実(キーワード」)部分には赤マーカー、「その他の因果関係部分(「背景」「原因」「過程」「結果」「その後の影響」に関しては赤線を引いて、意識して読めるように工夫しています。

論点知識を広げる

全て意識して読み込む段階に入ったら

問題集を利用して「論点把握」(教科書のどの部分がどういう内容で出題されているのかを知る)で広く深く学んでいきましょう。

現状の問題集は「考える日本史論述」で一部しかやっていないみたいですね。

本書は非常に厳選されていて一橋日本史にはもってこいの内容ですので、これも先ほどの過去問と同様に解いてみてください。

より深く教科書に入り込めるようになると思います。

1冊終わったらあとは過去問や実践問題集も出ていますのでそちらもどうぞ。

具体的な理想到達点

上記で説明した通り

最低でも【用語を見たらそのページおよびその前後に何が書いてあるかを説明できる】レベルでないと話になりません。

例えば上記の過去問の内容で言えば

「日本の民主化」をなるべく教科書の文言を利用して説明できるようにしていれば網羅性のある勉強になりますよね。

そのうち寄生地主制に関し言えば

背景:経済の民主化が中心課題(軍国主義の温床の排除)
原因:農民層の窮乏が日本の対外侵略の重要な動機になったとして、寄生地主制を除去し、安定した自作農経営を大量に創出する農地改革を実施を求めた。
事実:「農地改革」
過程:さっきの
結果:さっきの
影響:いろいろあるんで省略

こんな感じで、何も見なくても説明できるといいでしょう。

この際、例えば教科書P372に「GHQは、日本経済の後進性を象徴する財閥・寄生地主制が軍国主義の温床になったとみて、それらの解体を経済の民主化の中心課題とした」ってありますが、

>>日本経済の後進性を象徴する財閥・寄生地主制が軍国主義の温床になったとみて

この部分って、真面目に勉強してたら「なんで?」ってなると思うんですよ。こういうのを自分で調べて潰していくことも同時にやっていってほしいですね。

話は変わるけど

私立志望生で教科書を一切使用せず一問一答ばっかやってる人は

GHQは、日本経済の後進性を象徴する財閥・寄生地主制が軍国主義の温床になったとみて、それらの解体を経済の民主化の中心課題とした

○か×かって問題が出てきたらなかなか結構迷うんじゃないでしょうか。

金谷の一問一答では
総司令部は(財閥)と(寄生地主制)とが軍国主義の基盤になっていたと考えた。

ってありますが、意識してないと

総司令部は財閥寄生地主制とが軍国主義の基盤になっていたと考えた。

ここにばっかり集中しちゃったりするでしょう。

重要なのは

総司令部は財閥寄生地主制とが軍国主義の基盤になっていたと考えた。

こういう意識ですからね。

一問一答だけでなく、しっかり教科書読み込みを挟んでいる人は、そんな意識をせずとも、勝手に目に入ってきてくれるんで楽ですね。

参考書・問題集

金谷の一問一答は別に必要は無いかなーと思います。(やるなら山川の一問一答でいいかな)

教科書の傍らに、必ず用語集を置いて気になる用語があったら調べて説明できるようにしておくことで、用語問題も対応可能になるでしょう。

ヒントが「年」重視のものもあって困る人も多いとは思うんですが、年代暗記は1冊やってるみたいなんでなおさら大丈夫です。

例)
幕藩体制のもとでは,幕府は1742年に  ⒟  を制定し,熊本藩をはじめ,明の律を参照して藩法を定める藩もあった。
空欄⒟に関して,適切な語句を記した上で,1719年に出された法令とあわせて,江戸幕府の司法政策の特徴について説明しなさい。
(d)=公事方御定書←ヒントは1742年、1719年に出された法令と「あわせて」くらい
※教科書の本文には1742年と記述されていない。どの将軍の時代か?その将軍の時にだされた法令は?あわせて?で考えるパターン。

考える日本史以外にも一冊やっておきたいのであれば、山川からでてるものは教科書に添っていて、解答の根拠も教科書の記述を参照してるのでオススメですよ。

さてさて、こんな感じでしょうか。

終わりに

>>日本史教科書の作成ページにおいて、論述対策のページが作成中となっていますが、いつ頃公開になりますでしょうか?

最近いろいろとやることが多くてなかなか進んでいない状況です。

論述対策といっても、あとは解答作成のルールとか、私立国立での対策の差とか、あとは書いたことをもうちょっと掘り下げるだけなんで、期待するものとは内容が違うと思います。(汗)

質問ありがとうございました。現状や質問点が明確で回答しやすかったです。なにか重ねて疑問点がありましたらコメント欄にお願いします。

ではではこんな感じです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキング参加中です。こちらの記事が役に立ったと思ったらよかったらクリックをお願いします!あなたの1クリックが更新のモチベになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

質問・相談は随時受付中です。お問い合わせやコメント欄からお気軽にご利用ください。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

2 件のコメント

  • 本当に具体的でわかりやすく、より現実的な解答をありがとうございました!
    他のサイトなど、中々受験生に即した現実的なプランを提示しているものは少なくて、非常に参考になります。

    今回の話から逸れてしまうかもしれませんが、加えて質問させてください。

    一橋志望ですが、私大の一般受験を考えるときに、論述や教科書読み込み等の勉強では、早慶やMARCHレベルのどの程度まで対応できるでしょうか?

    また、私大受験戦略としては、論述とは形式が異なる日本史受験よりも、数学の伸び幅次第ではありますが、数学受験の方が負担も少なく、対応しやすいのでしょうか。

    最後に、以前の質問回答で、センター力は早稲田力と書かれていましたが、今回の記事のような論述の勉強ではどこまでセンター対策が可能でしょうか。またどの程度まで別途必要でしょうか。

    お忙しい中、すみませんが、
    いつでも大丈夫ですので、
    よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください