1年生と2年生(夏以前)は基礎体力・基礎意識・論理的思考育成期間

ダウンロード (8)

こんばんわとむです。

ランキング参加中です。こちらの記事にピンときたら、よかったらクリックをお願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

平均して1年〜1年半

浪人すれば+1年

途方に暮れてしまう程長い時間の間「勉強」とともに歩んでいかねばならない。

それが大学受験であり、成功してきた先輩達は皆、それを「戦略的」に自分をコントロールして乗り越えてきた。

「戦略的」とはすなはち、

・勉強方法
・計画的行動
・モチベーション維持

であるが、

ほとんどの受験生はこれが重要であるということにすら気づかずに受験を終える。

ある一定のレベルの大学以上に合格する受験生の割合「5人に1人」がその証拠である。

5人に1人がMARCH以上とした時に、少なくとも戦略的にしなくてもなんとかなってしまう学部学科も腐る程あり、

それを考えれば、受験生の10人に1人程度といっても過言ではないのかもしれない。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

まず思うのが、1年生2年生初期段階あたりで、

勉強を「大きすぎる壁」とか「将来的にそれを乗り越えられるかわからない闇」と勝手に設定してしまっている生徒が多すぎないか?

ということである。

1年生や2年生の夏以前で、なんとなく勉強して、自分なりに頑張ったと思って、なんとなく模試受けて、なんか全くいい成績を残せなかった・・・

やっぱり自分は頭が悪いんだ。

みたいなのが典型的失敗パターンだと思う。

勘違いすべきでないのが、

高1高2(夏以前)段階は

①勉強体力向上、勉強意識改善
②(ある程度レベルが高い高校であれば)国数英だけはしっかり授業を受けて復習を重ねる
③英単語や古文単語、漢字などの常識力養成

以上3点にあてるべきであるから、よっぽど志が高くて、国立医大を目指したいとか出ない限り、

まったく焦る必要が無いだろう。

この時期に、

「あぁ今日は全く勉強しなかった」

とか

「周りの人はきっと勉強してる、自分はなんて情けないんだ」

とか

「予備校通おうかなー」

とか、そんなんはナンセンスだと僕は思う。あくまでも僕の考えだけどね。

精神的にも体力的にも未熟な状態で「戦略的に戦う」ことの重要性をまだ理解できる程の「論理的思考」はその段階ではほとんどの高校生には

備わっていません。(たぶん)

しかもそんな状態で「オラ、もう大学に向けて勉強してるんやで」ってやってったって、結果なんて付いてこないんじゃないだろうか。

ほとんど受験生にとって

(一般的な学部学科)
私立であれば1年間
国立であれば1年半

これだけ時間があれば十分だし、

その時間に「英単語」とか「古文単語」とかやるわけだから

いかに受験開始以前に「単語」を終わらせていることが有利なことかが分かるだろう。

高3から勉強を開始した者は、夏終わりまでに1冊を目標とするのが結構ポピュラーだし、それすら終わらない人もいるし、

そこから普通に合格点に届くのが私立だしな。

だから、まずは焦らないこと

(スポンサードリンク)

次に、これも特に1年2年初期段階において言えることだけど、

「机に座ってする勉強的行動だけが勉強だと思っている」人が多すぎる。

書いたり、問題を解かないと勉強して気になれない人は、おそらく時間を書けても効率が悪い人だと思う。

まとめノートをたくさん作ったり、書くことこそが暗記への近道とか思っちゃってる人かも知れない。

思うに

勉強対象物は無限だし、世界に転がってる。

参考書を一日中読みふけって終わる一日があっても良いし、テレビでたまにやってる歴史解説番組に目を通すだけの日があってもいい。

外国人に道を聞かれてスムーズに答えられた時は、今この瞬間少し成長したと考えられなければいけない。

言ってしまえば、勉強体力勉強意識改善時期においては

「これってなんでなんだろう?」って思えること自体がもはや勉強だと考えている。

さらにそれの答えを出せたのであればなお良し。

「自分にとって未知のモノを知る」ことが「知識を得る喜びに」変わりそれが「受験期における栄養源」になる。

この時期は、知識を付けるための時間ではなく、基礎体力・基礎意識・論理的思考の向上期間だということを知ってほしい。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください