高2、これからの勉強についてアドバイス

質問内容

質問させて頂きます。
自分は高校2年生で通っている科は畜産、農業関係の学問を学ぶ、生物生産科という科に所属しています。
ですのでもちろん同クラスに進学者など一人もおらず、授業のレベルも低く、本やネットなどを参考に手探りで色々やっている感じです。
先日行われた進研模試の結果は英語42、国語40、地理47というかなり悲惨な結果でした。

しかし自分は、こんな状況ながらお恥ずかしいのですが、できれば専修大学の人文ジャーナリズム学科を目指しています。もちろんそれは夢で、専修より偏差値の低い且つ行きたい学校などはたくさん調べていましかし目指して努力するだけなら多少高くてもデメリットはないと思いますし、自分のためにも良いかなとも思ったりしてます。

自分は専修大学の受験では英語、国語、地理を使って受験しようと考えております。(それ以外の大学でも)方式はセンターも二次試験も受ける予定です。今は英語を中心に勉強しています。

自分は去年の8月くらいから勉強を始めたのですが、主に英語が全然進んでいないというのが現状です。元々英語は苦手だったのですが、去年のその時期から初めて今に至るまで大して進んでいないというのがかなり、焦る原因となってもいます。具体的にレベルは英検準2級受かるか受からないかくらいです。
それも一日の勉強時間は4~6時間ほど勉強していたのにです。決して多い時間では無いですが、春休みも毎日勉強していたので、この進行速度の遅さに少し落ち込みぎみです…。

現在使っている英語の参考書はforest、forest解いてトレーニング、システム英単語です。少し前まではtry itや友達にこれだけでいけると言って進められたレベル別問題集をやっていましたが、インプットも必要かなと思い直し、forestに移行しました。forestは問題集の単元ごとにある説明を読んで、わからないところがあったら参考書の方のforestを見る感じでやってます。しかし最近この進め方でいいのか、間に合うのかなど、色々不安になってきてて…。具体的に不安なこと、というか悩みを書くと

1.このやり方では網羅性が低い気がする
2.独学で進めているので、間違った勉強のすすめ方をしてしまい、なんとなく受験を迎えるのでは…という不安
3.forestを最初から読もうと思ったけど、分厚くて何か要領悪い気がする別の参考書買うとしてもその選択が正しいのかわからない

などです。最近関正生先生の「世界一わかりやすい英語の勉強法」を買って読んでみたら結構やるべき事が見えてきましたが、まだ英文法の勉強がイマイチ進みません。
長くなって大変申し訳ありません。
質問なのですが
・中学の英語が少しだけ抜けているところがある気がする
・進研模試英語偏差値42
・単語は600語くらい覚えている
・平日は自主勉強時間が2,3時間、休日は土日1日勉強可能
・学校での英語の授業はかなり簡単
・塾は田舎すぎて近くに塾がない
・単語、文法以外に手を付けていない
こういった僕の状況でのおすすめの参考書や、こう言う風に勉強を進めていくべき、注意すべき点、などのアドバイスを頂きたいと思い、質問させて頂きました。長文失礼致しました。

回答

回答します。いくつかの段階にわけてやっていこうと思います。

>できれば専修大学の人文ジャーナリズム学科を目指しています。もちろんそれは夢で、専修より偏差値の低い且つ行きたい学校などはたくさん調べていま

これは将来自分のやりたいことがここでしか学べないが故の選択なのかはわかりませんが、まだ1年間あるのでこれ以上の大学も調べてほしいところですね。

というのも、大学受験は「大は小を兼ねる」ものです。

専修大学人文ジャーナリズム学科に合格したいのであれば、すくなくとも偏差値55の大学・学部に合格できるような実力をつけて本番に望まなければなりません。

また、将来やりたいことというのは、いともたやすく変わりうるものです。これからまだ1年間という長い時間があるなかで、もっと上を目指したい!となった時に、すでに遅し…とならぬよう、目標を上に設定して頑張ってほしいところです。

ちなみに8月から勉強をはじめているということですが、正しい勉強方法・教材選定さえ行なえていればすでに現時点で専修大学人文ジャーナリズム学科であれば合格圏内にいた可能性があります。

つまりこれから正しく継続出来た場合(質問者さんの書いてくれた自習時間でやっていけば)、一般的には夏前には合格圏内に入っているレベルです。

これを前提に偏差値55〜60、すくなくともセンターで160以上は得点可能になる方法論について話してみます。

おそらく勉強方法は間違ってる

確実に言えることは、8月からやってきている以上、その成果は出ていないです。

勉強をがむしゃらにするのは良いことではないので、少しの間ほど勉強をすることを休憩して「勉強方法」を模索するような動きをしたほうが良いですね。

ただし、もう一つ言えることがあります。

多くの高2は未だにスタートすらしていません。

  • 単語は600語くらい覚えている
  • 平日は自主勉強時間が2,3時間、休日は土日1日勉強可能

単語なんてものは夏が始まる前までに1冊終えていればいいわけで、それがすでに600語完了している。

(勉強が上手い子ならば2ヶ月で1冊見出しまで終わるわけで、当然「600個しか」なんだけども)

全体で見た時に、夏が終わっても単語帳1冊すら終わらない受験生がたくさんいるわけだ。

多くの受験生が勉強の習慣を付けるのに数ヶ月かけて慣らしていくところを、すでに慣らしており、受験生としての心をしっかり持っている。

これは大きすぎる武器です。少し方法を変えるだけで世界が変わるはずです。

フォレストを捨てる

もう何回目なんだろうか… と言えるくらいフォレストの闇ってやつです。

フォレストは偏差値40〜の受験生が使ってよい教材ではないです。

高2の進研模試で70以上を安定して取れる人が基礎の総復習に2月あたりに使い始めるのがいいと思います。

(いいかげん学校はフォレストとかbeとか配らないでほしいっすな)

同様にフォレストを使用して、高3の4月に偏差値40だった私がいうのだから間違いない。

0からスタートしたいのであれば、中学の内容もしっかり触れていて、かつ網羅的で、「なぜこうなるのか」をしっかり解説してくれているわかりやす〜〜〜い教材を選びたい。

私はここ数年「成川の深めて解ける英文法 INPUT」を推薦し続けています。

フォレストより成川のほうが分厚いです。しかしすらすら読めますb

文法問題を解かない

レベル別問題集をやっていましたが,

forest解いてトレーニング

とありますが、向こう3ヶ月は文法問題をとかなくていいです。

大学受験英語はなんのために勉強するのか。現環境の大学受験英語(特に私大の多く)では何を求められているのか。

英語を読める能力

です。話せる能力でも、聴く能力でも、書く能力でもありません。少なくとも偏差値60以上の大学でなければそのような能力は本格的には求められません。

特に初学者は英文法を「文法問題を解ける」ようにするために学んでしまう傾向があります。

これが大きな罠です。

英文法はまず英文を正しく読むために学び、その力を文法問題や英作文に還元するというイメージを持ちましょう。

なぜか?英文を正しく読めなければ文法問題なんて解けないからです。

今、質問者さんならびに、文法を基本書で学びつつある方々へアドバイスするならば

基本書で文法の基礎を学んだらその知識が薄れぬうちに「文法問題」ではなく「読解」に使ってください。専門的にはこれを「英文解釈」と呼びます。

流れとしては

英単語を毎日300個ずつインプット・アウトプットを1冊完璧になるまで続ける⇒完了後は熟語へ

  1. 成川の深めて解ける英文法INPUTを2〜3周熟読(2週間)
  2. 高校英文読解をひとつひとつわかりやすく(2週間)
  3. 魔法の英文読解ノート(1ヶ月)オススメ
  4. 関の英文読解特別講座(1ヶ月)とともに文法問題演習開始(レベル別よりネクステ系のが好ましい)
  5. 速読英単語必修編で多読開始

読解までの流れがこんな感じです。(途中レベル低めの長文教材で腕試ししてもok)

現環境における最強の布陣です。どれもナウでヤングな教材ばかりですね。

そしたら、もう長文は読めます。しかし読解出来るとは言ってません。やはり語彙力の浅さだったり経験値不足、速読力不足に悩まされるところです。

なのでニーズに合わせた長文教材を選んで穴を潰していくという流れになります。

  • 速読力強化⇒ハイパートレーニング1・2・3/スピード英語長文1・2・3あたり
  • 解法獲得⇒関の英語長文プラチナルール
  • 演習量確保⇒標準問題特訓リーディング

これで偏差値60の出来上がり、上を欲っすのであればどうぞトムまでご質問くださいって感じです。

スピードを意識

勉強が下手な子にありがちなのですが、

1回で100ではなく、1回10を10回で100

これは有名所だと7回読みという方法に体現されています。

例えば英単語でも1回の勉強で100%覚えようとする必要はありません。

1回の勉強で10%しか覚えられなくとも、それを10回・100回・1000回と繰り返していけばめちゃめちゃ強固な記憶になります。

 

スタディサプリ

近くに塾がないとのことですが、

これからの時代は、受験生である限りスタディサプリは入っておくべきだと思いますね。

全てのスタディサプリを使用していない受験生に言いたい。

「演習で解説してくれる」機会を捨てる意味がわからないです。

質問者さんの場合は地理や国語での受講をお勧めできます。

特に「国語」の能力は今後英語や地理の勉強に影響してくる非常に重要な能力なので早めに取りかかってほしいです。

仮に私が三人の私立文系志望者の中から一人指導する子を選ぶとして

  1. 英語の偏差値だけ高い、他30
  2. 国語の偏差値だけ高い、他30
  3. 社会の偏差値だけ高い、他30

だったら2を選びます。国語が出来る子は思考が深い、戦略的にものごとを捉えて効率よく動ける。

同じ教材を、思考が深い子浅い子の2者が同じ時間だけ読むと深い子が圧倒的に強いんです。

そのためには国語ですな!偏差値40ってことなんでまずは現代文を!

英語・現代文を軸に、地理を添えてって感じでいくといいと思いますよー。

以上です。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

1 個のコメント

  • 高3までにしておくことが知りたいです。

    同志社志望文系高2です。
    偏差値は河合模試で英語52(リスニングが0点並でほとんど文法問題しか正解じゃないです)
    国語50(古文漢文が1桁で現代文でプラマイゼロになってます)です。

    帰宅部で時間があり、自習室に3学期から毎日通おうと思ってます。
    そこで、やるべきことを明確にしたいので、これを3年までにやれば同志社は硬い!というものを教えて欲しいです!
    絶対にします!よろしくお願いしますm(_ _)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください