関学 英語と日本史 教科書読み込み 

imgres-11

質問内容

私は浪人生で、関西学院大学の教育学部を目指しているものです。現役時代、日本史のセンターの点数は59点
今は70点後半~80点前半です

中小規模の予備校に通っており、そこで受けている日本史のテキストを何度もも繰り返して勉強していたのですが、関西学院大学の過去問が5割しか取れませんでした。ちなみに今は授業では戦後をやっています。授業以降の予習はしておらず、復習メインで勉強しています。

単語単語は多分わかるのですが背景や因果関係、結果が弱いのだと思います。

この時期なのですが、教科書の読み込みを急ピッチで進めようと思っています。残された時間も少ない中で、日本史に重きを置いて勉強しているのですが、教科書の回し方がいまいちわかりません。どういうスパンで回していけば良いのかがイマイチ掴めないんです。個人によって変わるとは思うのですが、アドバイスしていただけると嬉しいです。

今まで使っていた参考書は
なぜと流れがわかる本
金谷の表解板書
用語集
山川日本史ノート
山川の教科書
塾のテキスト

です。

現役でなぜと流れをひたすらやり、
浪人生の6月くらいまでにもう一度読み込んで表解板書に補足知識を書き込みました。
その後、やった範囲の山川の日本史ノートをやりました。

そして塾の授業が始まり、塾のテキストをひたすら復習。あまり教科書をさわれていませんでした。

~~~~~~~~~

関西学院大学の英語の過去問の点数は、(配点がわからないので正答率です)基本的に7割から8割程度です。
文法でのぬけがまだあるようです。

英国社の中で見ると、国語と社会の出来が悪いため、英語ばかりに時間を割けない状況にいます。

そのため関学の英語を、基本的に毎日一題解き復習し音読、という感じに進めているのですが、これだけで伸びていくのか不安です。

なにか他に平行させて参考書をやったほうが良いのでしょうか??

回答

ありがとうございます。回答します。

日本史について

まずは全体に向けて、教科書読み込みが日本史(というか社会科目において)の勉強において必須の行動であることの説明からします。

日本史=暗記量が全教科の中でもトップクラスであり、『暗記』という1現象について掘り下げないといけない科目

※学校の定期試験(本番の範囲よりも圧倒的に狭い試験)でもその対策に時間がかかる。本番では教科書1冊分の暗記が必要なので、いつもと同じような方法ではいけないのではないか。

範囲が広い:例えば学校であれば2年間(範囲が終わるかは不確か)、予備校であれば1年未満、有名所の参考書であれば最大4巻で解説

⇧1日2日で用語覚えた!次進もう→1週間後1ヶ月後3ヶ月後はどうなっているの

∴できるだけ修復作業(1度覚えた内容のメンテナンス)のスパンを短くしたい。

⇒日本史における暗記(記憶)は『習慣的』といえるレベルの記憶でなければならない。

『習慣的』:日本史に触れない日を作らない(継続的な勉強)。そこでの復習も効率的でなければ時間をムダにしてしまう。(範囲が広すぎるので、日本史以外の教科に影響を与えてしまう)

参考書で4巻の文量で解説されている内容を、教科書は1冊でまとめあげている。確かに参考書は教科書よりもわかりやすいが、それを継続的に続けるのは時間の消費が激しい。背景知識やどの用語が重要なのか?どのような部分が出題されうるのか?を理解しているのであれば教科書を読んだ方が効率的。

⇒効率的な暗記の修復方法として、教科書読みを導入すべき。

※教科書なら控えめな勉強時間でも1週間以内で1周分の復習ができる。

…..というのが私がずーーっと主張してきている日本史における1つの戦略的な方法です。

というところで⇩

現状はセンター70点後半~80点前半、関学5割

関学教育の日本史の形式としては全部マーク、センターをアレンジしたような感じ。傾向としては原始から現代まで幅広く出題されるが、基本的な用語が中心。

  • 基本方針:センター演習⇒関学過去問演習の接続
  • 勉強方法:正文化+教科書読み込み

もし仮に、まだセンターの過去問を終えていないのであれば赤本全部を使って勉強していきましょう。

センター・過去問演習の方法

  1. 1年分を25分〜30分で解く
  2. 解く際は○△×をしっかり書いて復習の際の目印にする
  3. △・×は根拠付けて解答できなかったものなので、教科書から根拠を探して誤文は正文に、正文は正文であると認識、最後にそのページ全体を読む

※全体の所要時間は1.5時間ほどなので、他教科の勉強を圧迫すること無く、効率的な勉強で成績を伸ばせます。

⇒年数をこなしていくと、教科書のどの部分が重要なのかを理解できるので、その後の教科書読み込みが効率的になります。まずは下位互換のセンターから始めて、次に上位互換の関学の過去問をやりましょう。センターが終わっているのであれば、関学からでokです。

関学の過去問からは、1日30分ほど教科書読み込みの時間を付け加えましょう。これは根拠確認の際の確認読みとは別に行なってください。

んで、余計なアドバイスをしましたけども、質問の核に移ります。

>この時期なのですが、教科書の読み込みを急ピッチで進めようと思っています。残された時間も少ない中で、日本史に重きを置いて勉強しているのですが、教科書の回し方がいまいちわかりません。どういうスパンで回していけば良いのかがイマイチ掴めないんです

まず、覚えようとしない読み方を意識してください。積極的な暗記ではなく「習慣的」な暗記を目標にしましょう。

※一日1時代読んでるんだけど、2時間くらいかかっちゃいます…ってよく相談されるので触れておきます。

例えば学校のクラスメートの名前を積極的に覚えようとする人はいないはずです。毎日毎日勝手に会うし、名前も聞くしでいつのまにか覚えてしまっているというのが基本です。そういう暗記を目指しましょう。

つまり質より量です。もう少し具体的に言うと「七回読み」の意識だといいですね。

そして

1日1時代前後を目安に行ないましょう。

例えば飛鳥とか奈良は少ないんで2時代、鎌倉・室町はちょうどいいので1時代、江戸・明治・昭和などは多いので分割で

みたいな感じでやるとだいたい1日1時間以内を1週間〜10日で1周できます。

やっていくにつれて時間は短くなっていくし、得意な時代も出来てくるので周回スピードは速くなります。

だいたい1ヶ月ほど継続すれば効果が出てくるでしょう。

英語について

正答率:7〜8割/文法に抜け有り

まぁ現状維持でいいのかな〜と思うところです。

ただ文法に抜けがあるのであれば、本番はわりと比重が重いので早めに文法問題集の復習をしておいてください。

早めに本番の問題を通して解く時間を作りたいですね。少なくとも11月中にあと2回はやってください。

センター前までの基本方針としては、多読(音読)&文法演習ですね。

受験生の中で結構多い勘違いですけども、「過去問」による普遍的学力の底上げはそこまで効果は得られません。傾向形式に慣れてそれに対して対策をするから得点が上がっていくというのがメカニズムです。過去問の解説は弱いですし。

現状7〜8割ならば8割以上を安定させるために必要なものはなんなのかを分析、それを実行に移すだけです。

ってところで回答を終えます。

 

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

2 件のコメント

  • 無料相談所から質問させていただきました。
    ご回答いただければ幸いです。よろしくお願い致します。

  • すごく詳しい回答、本当にありがとうございます!!
    アドバイスして頂いたやり方でやってみます!

    英語は最近ずっと過去問の演習をしていたので、それだけじゃ点数が上がりにくいことに気づけてよかったです。
    ありがとうございました

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。