この時期からMARCH⇒早慶への志望校チェンジはアリか

imgres-11

質問内容

【プロフィール】

浪人生(河合塾)
私立文系

第一回マーク模試
英語160.リスニング42
国語110
日本史73
偏差値59.2

第一回記述模試
英語119
現古88
日本史68
偏差値61.1

第二回マーク模試
英語157.リスニング28
国語161
日本史66

去年受かった大学
国士舘法のみ

志望校
GMARCHの大学
(中央法や学習院の法など)

【質問内容】

はじめまして
先日このサイトを偶然発見し、折角の機会なので質問させていただくことにしました

さっそく質問ですが、
私は未だ志望校が決まっておりません
というのか、自分ならここまで行ける、というが分かっておりません

当初はgmarchのどこか受かればいいな程度の浅はかな考えだったのですが
その後河合塾で勉強しそれなりに実力も付いてくると
もっと上の大学を目指したい、早慶にもチャレンジしてみたいと思うようになってきました

ですが元が元ですのでそこまで志望校を上げていいのか、という疑問があります
それに私は河合塾のGmarch文系コースで早慶文系コースでもないですし…
(早慶でも法は特にレベルが高いと理解しています)

やはり志望校は早めに決めて過去問などに一通り目を通しておきたいので
志望校をこの時期に上げることについてどうお考えなのか知恵をお貸し下さい

少し長くなりましたが一読してくださると幸いです
ご回答よろしくお願いします

回答

回答します。基本的には法学部志望でよろしかったでしょうか。

法学部=つぶしが効く

といいますか、「なんのために法学部」に進学するのか…にもよります。

例えばですが、

  • 法曹(MARCHで十分)
  • 国家公務員総合職(早慶を目指したい)
  • 五大商社(早慶の方が少し有利)
  • メガバンク(早慶の方がほんの少しだけ有利)

どのような職業を目指すのかにもよるというのは確かです。

例えば「法曹」を目指すという場合、必要になってくるのは、「いかに有力な法科大学院に進学できるかどうか」…です。試験合格、修習生のち弁護士事務所に就職という場合、院を見られます。例えば中央・早稲田・慶應のローですね。あまり大学は関係ないというのが事実です。当然エスカレーターで進学するのが一番楽ですけども。

法を目指すなれば、当然早慶ですから、その中でも最難関と言われる学部になります。なかなか手強いですね。

んーこれから漢文や小論文、学習レベルを1ランクあげる…ということを考えた時に

んー…志望校を上げるなればかなりギリギリの戦いになるかと思われます。MARCHへの対策を疎かにせざるをえないのは怖いです。アリと言えばアリ、ナイと言えばナイ感じ。

2年前の僕ならば、今すぐ照準を早慶に合わせろと言っていたかもしれませんが、今はMARCHのレベルもバカみたいに上がっていますから、MARCHへの対策もしっかりしたいところです。

後は、「早慶」って、サッカーとフットサルくらい違うんで、今の時期からはどっちかにした方がいいですね。慶應にしてしまうとMARCHとの互換が無くなってしまいなかなかきつい。となると早稲田でしょうか。

一応の案ですが、現状の成績ではまだまだMARCH法安定とは言えません。

  1. MARCH上位レベルの大学で合格点を取れるようにする
  2. 漢文を足す
  3. 早稲田過去問⇒弱点把握と対応(MARCH力底上げにもなる)

1の完成時期が10月中旬〜いっぱいあたりであれば、可能性アリと考えていいかと。また、3は早稲田のレベルに対応できるようにするとともに、MARCHの問題を優しく感じれるようにするという目的意識で行なうこと。つまり1をいかに正確にできるかが重要。

法にこだわりがないのであれば、この限りではないのかなと。

てな感じで以上です。

 

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

1 個のコメント

  • ご回答ありがとうございます

    法学部を選んだのはどうしても法律関係の仕事や勉強がしてみたいと思ったので…

    ひとまず10月をめどに頑張ります!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください