新着記事一覧
2018年7月16日
NEW! 夏休み計画添削
2018年7月16日
NEW! 日本史 読む作業
2018年7月16日
NEW! 7・8月の予定添削
2018年7月5日
早慶法 計画添削

(質問回答)慶應文志望 英語

ダウンロード (6)

こんばんわとむです

質問回答します

(スポンサードリンク)

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

内容

慶應義塾大学文学部志望の現高2です。
高校の偏差値は62くらいです。
・偏差値…1月の国英歴で68程度(1月の進研模試)。国語はほとんど触れてない状態です。
・得意科目…日本史
・苦手科目…国語(特に現代文)
・使用中又は使用済み参考書…
英語→シス単ベーシック,単語王,Always1001,一億人の英文法,英頻,ビジュアル英文解釈I,基礎英文解釈の技術100,やっておきたい300,500,700
日本史→山川教科書,石川実況中継,金谷一問一答,眠れぬ夜の日本史料,角川学習マンガ
国語→アクセス,キーワード読解,漢字

【質問内容】
率直に言うと慶應文学部へ行くための的確なアドバイスを頂きたいです。率直に言うと英語力を慶應レベルまでもっていくためにはこれから何をどう順序付けて学習していけばよいのでしょうか。

英語の学習の状況は、シス単はマスターし、今は単語王八周目で見出語は0.1秒まではいきませんが1秒以内には答えられるようになりました。今は他の意味も言えるようにカードをつかっています。英熟語はほとんどあやふやな状態なため毎日こつこつやっています。他はもっているだけであまりやっていません。これからやっていこうと思っています。

最後に。分かりにくい文章になってしまい申し訳ありませんでした。回答よろしくお願い致します??

前提整理

・現代文が苦手
・持っている書籍:シス単ベーシック,単語王,Always1001,一億人の英文法,英頻,ビジュアル英文解釈I,基礎英文解釈の技術100,やっておきたい300,500,700
だが、
使ってるのは単語王・1001で、他はあまりやってない

でよかったでしょうか。

回答

まず、文学部志望ということで

「国語力」は欲しいところです。

「日本史は得意教科らしく、

さらに英単語はかなりできている」

これは正直言って大きすぎるアドバンテージなので、

しかるべき時期に現代文も開始していかねばなりません。

そこでの現代文の「論理的思考」が必ず慶應文の長い文章を読んでいくのに役立つはずです。

しかるべき時期とは

英語の「文法」が完了した時点だと思います。

理由は単純に、時間がかかる単純暗記部分であり、ここだけは集中して勉強してほしいからです。

英文解釈段階に入ると非常にスムーズに進めることができますし、このタイミングでokでしょう。

具体的には何をするか(現代文)

まぁこれは質問外のことなのでがっつりはやりませんが

語彙力強化
論理的な読解

小論でも結局必要になる力ですから、無駄ではありませんね。

おそらく早稲田文も一応受ける?と思いますし、苦手科目にしておくのは勿体ないので今のうちに戦略を練っておきましょうね。

英語

慶應文の英語の特徴としては

文法問題らしきものは無いが

英文和訳
和文英訳
語句正序

があり、これらは「文法の力を使って解くもの」だと考えて欲しいのと、この理論がイマイチわからないのであれば、黙って文法をやらないといけないサインになります。

まぁ・・・私立っぽくない、国立に近い問題ですね

また、辞書を持ち込み可能なので

イメージしづらい単語の訳を辞書で探してみる作業ができる⇒正確でイメージしやすい英文解釈・英文読解に繋がる

・・・だけれども

文章自体がとっつきにくく日本語訳を読んでも「????」って内容になることも多くあります。

まぁこのレベルの大学になるとどこでもそういう文章が登場しますので、どのように対策するかが重要ですよね。

具体的なプラン〜文法〜

正直言って、進研模試で偏差値68がどのくらいのレベルなのかがわからないのであれがあれです。

日本史で稼いだのか、平均的に上出来なのかが把握できませんからね。

140前後10点あたりを仮定して考えていきます。

もし仮に既にセンター形式の問題を160−180ほど取れているのであればコメントで教えてください。もう僕は必要ありません。

時期が時期ですので基礎からしっかりやるという「穴のない盤石な勉強計画」をオススメします。

具体的には

単語・熟語と並行して「文法」をやること。

先ほども書いた通り

慶應文(ちなみに早稲田文でも)には文法問題は出ませんが

そもそも「英文法」っていうのは、我々日本人が英語を読むため話すためにあるわけで、

その証拠に、例えば「英文解釈の技術」という「英文解釈参考書」の内容はほぼ文法の知識です。

っていうか英文解釈=構造把握=文法知識です。

ということで英語の根幹と言えますから、問題として出題されなくても

ネクステ系の問題集やそのワンランク上の英頻などで文法知識をインプットしていく必要があります。

その際の補助基本書として

Forest
ロイヤル英文法
成川の英文法インプットアウトプット

などを使うといいでしょう。

すでにある程度文法問題はやってきてるし・・・って場合でも

確認・復習がてらに「読む為に文法をやってるんだ」っていう意識を持ちながらやっていくことで、より深い学習になると思います。

〜英文解釈〜

文法が終わったら

英文解釈ですね。

慶應の長い文章をなるべく正確に読む為には

深い語彙力、正確な構造把握が必要です。

また、英文和訳、和文英訳の勉強もここで同時に学んでしまおうという意識が欲しいところ。

音読で文章自体を覚えてしまえば、それがそのまま和文英訳の勉強ですよね。

正確な構造把握さえできればあとは語彙力をつかって訳すだけですよね。そういうことです。

使用書籍としては、時間がありますので

「英文解釈の技術70・基礎100・100」

全部やってもいいと思います。

ここが完了時点で偏差値63はあるはず。

〜英文読解〜

英文解釈が終わったら・・・

この分野の参考書をもってない感じだったので、

仮にもっとレベルの低い、MARCH中間〜下位あたりであれば、このまま長文をやっていいと思いますが、

レベルの高い文章を論理的に読んでいかねばならないので、やっておいて損はないと思います。

ここが一番重要です。

いろんなのが出版されてますが、

「パラグラフリーディングのストラテジー①②③」

もしくは

「横山の英語長文がロジカルに読める本」

がいいかな。

〜英語長文〜

あとはレベル高めの文章をたくさん読むことですね。

特にこれをやれ!ってのは無いんで

過去問や、難関大専用の問題集

などを選んでやること。

こんなところですかね。

〜和文英訳の対策は必要?〜

個人的な考えだと

辞書が使えるし、さして難易度も高くないので

文法勉強時からしっかり意識して「兼ねる勉強」さえしていれば

必要ないとは思いますけどね。

このまま行けば余裕で時間が余ると思うし、やってもいいですけどね。

まぁこんなところかな。なにか疑問があればコメントをください。

それではこんな感じです。

ランキング参加中です。こちらの記事が役に立ったと思ったらよかったらクリックをお願いします!あなたの1クリックが更新のモチベになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

質問・相談は随時受付中です。お問い合わせやコメント欄からお気軽にご利用ください。

こちらの記事が役に立ったら!!下の共有ボタンから共有をお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

3 件のコメント

  • 回答ありがとうございました。
    とても親切で目の前の霧が晴れていく感じでした。
    この勉強順序を基盤に自分で工夫してやっていきたいと思います。
    英語は直近の模試になりますが、全統センターレベル模試で168点、日本史は98点、国語は112点でした。

  • すいません、もう一つ聞きたいことがありました。
    読解英文法を学ぶ際、一億人の英文法という通読用の参考書をもってるのですがそれを一回読んで理解できないところは後で処理していく感じでいいのでしょうか。

    • すでにそのレベルに到達してるんですね。アドバンテージを活かして、しっかり穴を埋めながら伸ばしてあげてください。

      一億人の英文法でいいと思いますよ。センターでそのくらい取れているのであれば、結構身に付いているとは思うので、軽く復習程度に見返して、初見知識・忘れていた知識はチェックしておく。それを後でインプットでokです。
      文法部分はなるべく早く終わらせて、「解釈」の方に入れるようにペース配分をしたほうがいいですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください