新着記事一覧
2018年7月16日
NEW! 夏休み計画添削
2018年7月16日
NEW! 日本史 読む作業
2018年7月16日
NEW! 7・8月の予定添削
2018年7月5日
早慶法 計画添削

(質問回答)「日本史」教科書の内容を「聞く」ことに意味はあるか

ダウンロード (3)

質問内容

はじめまして、日本史について質問をよろしいでしょうか。
本屋で「アナウンサーが読む聞く教科書」というのが売っていました。内容は山川の教科書の本文をアナウンサーが朗読したCDがついているというものでした。
夏から教科書位置暗記法でセンターに挑む僕から質問ですが、このように日本史において「聞く」ことは効果があるとおもいますか?
また、とむさんは教科書を音読したのを録音して聞いたりしていましたか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

回答

はい、質問ありがとうございます!

アナウンサーが読む聞く教科書」(¥2500−)は、山川の教科書の内容を耳からも取り入れよう!!っていう内容ですがどうなんでしょうか。

確かに、どっかのよくわからん人が勉強は「耳も使って」なんて良く聞きますが、必ずしもそれはあてはまるのでしょうか。

__________________________

ちなみに、それと同じ類いの物は、

僕の現役時代にiTunesでも売ってて、買ったばかりの初代iPodtouchにダウンロードして

ドヤ顔で外で聞いていたりしました。つまり僕は経験者です。

しかし、長く使わず、これ必要かな?という結論に至りました。

もし、その当時と何ら変わりのない内容であるのであれば

答えはNOです。
_________________________

根拠

費用対効果が低すぎる
2500円出すなら、過去問たくさん買うか、受験料の足しにしてほしいです。
買った生活の中のほんの一部のディティールになるだけだと思います。
山川の教科書の材質を変えて、アナウンサーのCDが付いてるだけっていうぼったくり使用です。

しゃべっている内容に緩急がなさすぎる。
アナウンサー(お前誰や)が淡々としゃべっている内容にどんな価値があるのだろうか。そしてつまらない。
以前紹介した勉強方法のピンクマーカーや赤下線部の部分をわざとらしく大きく読んでくれるのであれば価値が出てくるかと思います。

速度的な問題
「教科書を読め」っていうのも、「ただ読めばいい」のではなく、緩急を用いて、言うなれば「速読」で読んで欲しい。アナウンサーのスピードよりもはるかに早く読む必要があります。倍速でどうのこうのやるのもめんどくさいっすよねー。

④たぶん旧課程の内容かもわからん(これはほんとにたぶん)

以上の4点があげられます。
_________________________

聞くことに本当に意味は無いのか

聞くことに意味はあります。

耳に入ってきた内容を人間は頭の中で整理しようと試みます。それが暗記や理解を助けてくれます。

しかし、ここであげられている本に関しては、機械的に読まれてる以上その価値がほぼ0になっているかと。

どうせなら、友人とタッグを組んで、緩急を意識しながら1章ずつ交代で読み聞かせ合いっこしたほうがよっぽど効果があるかと思います。

_________________________

自分の声を録音したものを聞いていたか?について

これもNOです。自分で読んでいれば足りるという評価に至ったからです。

しかしそれはあくまでも僕の経験によるもので

こちらに関しては、先の書籍の問題点である「緩急が無い」の部分をクリアしているので、

もし必要であればやってイイのかなと思います。

理由を詳しく解説すると

日本史「位置感違和感勉強法」は教科書の内容を丸々覚えてしまうというような最終目標ではなく

「あー・・このことは、あそこらへんに書かれてて、こういうことが書かれていたよなー。はてこの選択肢はこんな風に書かれていたっけ?違和感だなー」

っていう習慣的記憶を用いるものなので、(もちろん完璧に内容を覚えることにこしたことはない)

(※ ABCFEHG ←超違和感)←の拡大バージョン

習慣的に緩急のある内容を耳の中に詰込もうとする行動はプラス方向に傾くと思いました。

結論

日本史において、耳で聞くことは絶対的なことではないと思います。

(時間的な犠牲を払わないといけないことを除いて)やって損はないのかなと思いますが、やる必要も無いと思います。

本来「英語」では「耳」で聞いて「音読」して〜〜〜のシャドウイングというのが非常に有効ですが

それは型にはめ込んで覚えるのが非常に有効だからです。

一度音読して文章を覚えたら

・文法選択問題
・文法並び替え問題
・文法正誤問題
・英訳
・和訳(英文解釈)
と全ての形式の問題に対応できるようになります。

日本史も、以前書いたのですが(参考リンクにとぶ

全ての問題に対応できるのが「教科書読み込み」と言いました。

英語と違って内容が膨大すぎて時間もかかりますので、

それを「読み込み」とともに日本史勉強の中心に置くというよりかは、

「部屋の中で常に流しておく」BGM程度に留めておくくらいなら丁度いいのではないのかなーと思います。

なんで、「別に買わなくていいよ」と回答しておきます

また「聞くだけ日本史」とかいうのも売ってますが、「山川の日本史」じゃないと意味がないんでパスです。

ではこんな感じです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキング参加中です。こちらの記事が役に立ったと思ったらよかったらクリックをお願いします!あなたの1クリックが更新のモチベになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

質問・相談は随時受付中です。お問い合わせやコメント欄からお気軽にご利用ください。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください