論理読解が速読を助ける|ロジカルリーディングのすゝめ

ダウンロード (9)

英語ははやい話、正しく読めれば基本的には点がとれる単純な教科だが、その点においては現代文と同じだろう。

英語を読むか、日本語を読むかだけの話だ。

その文章の中にまた同じく筆者の主張があり、一般論があり、根拠があり・・・英文も日本文も「論理」があるということを知らなくてはならない。

しかし多くの受験生は現代文では論理を追い求めて解いていく意識があるが、英文ではそれを軽視しがちだと思う。

事実、英文解釈完了後に長文に進行する受験生は多い。ここに論理読解の段階をはさむだけでだいぶ速読の力になると思うのだが・・・。

英語の勉強法・ルート・参考書の紹介はこちらを参考にしていただきたい。

英語の成績を確実に伸ばす正しい勉強法

成長段階

改めて確認しておくが

最低限の語彙⇒文法・単文解釈⇒短文解釈(精読)⇒論理読解⇒長文読解

※語彙は全パート通じて向上させる意識
※ライティングは普段から文法を意識し重要そうな文章はそのまま覚えてしまう意識
※リスニングはCD付属の参考書や速単系のもので普段から慣れておく

上記より、この論理読解はセンターくらいの文章なら普通に読めるし、一般・2次入試の文章も時間をかけてゆっくり読めば大意を掴める、構造把握に関しては全く問題ない

というレベルの人が長文問題に対する能力の質を高める目的としてやるべきである。

目的

論理読解といってもやることはそう複雑ではない。
基本的にはButやHowever、also、onlyなどのキーワードに注目して文章構造を明るみにしていくだけだ。

センター試験大問6の最後の問題はこの論理読解能力が必要っちゃあ必要(センターレベルなら文章自体が読みやすいので必須ではない)

要約力だけではない

ようするに要約問題が必要な人はやったほうがいいんでしょ?って考えがあるのであればそれは捨て去った方がいい。

文章全体を広く見渡す力は、「読解の緩急」を生み出し、無駄を省き、結果として「速読」をもたらすのです。

論理を追い求めて読解を進めていく事で、内容一致問題の正確性や文挿入問題の解答の際の根拠作りも容易になる。

身につけるだけで得られる恩恵は計り知れないだろう。

時間がないからこそ

時間が限られているのはわかるんだけど、英文解釈もこの論理読解も「長文」の勉強と本質はまったく変わらないものだから、MARCH以上を目指している人は特に

焦って長文をやるくらいなら、論理読解をやった方がいい。

注意点

あらゆる英文でこの論理読解が必要とは限らない。精読力・語彙力だけで読み進めていかねばならない文章もあたりまえのように出題されることだけは知っておいてほしい。

具体例

超簡単な例で解説しよう。

Many people are afraid of snakes.It is true that poisonous snakes can make you very ill or even kill you.
However,very few snakes are poisonous.Most snakes are harmless.
In fact ,they are usually afraid of people.If you meet a snake in your garden,it will probably slide quickly away.

一般論:Many people are afraid of snakes.It is true that poisonous snakes can make you very ill or even kill you.

ディスコースマーカー:However

主張:very few snakes are poisonous.Most snakes are harmless.

根拠:In fact ,they are usually afraid of people.If you meet a snake in your garden,it will probably slide quickly away.

多くの人が蛇を怖いと思っている。有毒の蛇はあげく人を殺しうるのは事実。(読み流す)

「しかしながら」(←おっ!?)
有毒のへびなんてほとんど限られてる。ほとんど無害なんだ。(なるほどねーここ重要そうだからぐりぐりして目立たせておこ!)

「実際」
もし庭で蛇に遭遇したら、あいつらはそっこーで逃げるよ。(そうなんだーと思いながら読みながす)

このように
一般的にはこう思われていることだけど、実際のところこうなんだぜ?
今現在はこういう感じだけど、昔は違ったんだぜ?

などの対比構成を把握したり

筆者の主張は何回も繰り返されるっていう傾向もある以上、同一パラグラフや文章全体を通じて同じような単語・構造で同じことを言ってる場合もよくあるわけだ。それを「あぁ同じ事言ってるんだろうな」と読めるのか、一個一個ガリガリ精読するのか・・・

など論理の意識が無い人間にとってはMARCH中位以上の英文はわりと苦しい戦いになることは必須だ。

もし全てを平坦に読んでいる人がいれば、それは勿体ないことだ。いろいろな武器を捨て去る行為だと思う。

2種類のアプローチ

目指す事は同じだが、ほんの少しだけアプローチが違う

①ディスコースマーカー系
②横山雅彦系

前者は先ほどから書いているとおりで、接続詞や副詞などに着目して・・・(こんな単純には説明できないので追って他ページで紹介します。)

後者は横山雅彦先生の提唱する三角ロジック。

この服は青い←ふーん
この服はものすごく青い←どのくらい青いの!?

「How & why?」等々に着目して木のロジック(単文の論理)と森のロジック(全体の論理)を見いだしていく論理読解法を提唱する先生です。

これも簡単には説明できないので他のページで追って紹介します。

紹介

これらを学べる有名どころの参考書はこちら↓

ディスコースマーカー英文読解|紹介・使い方・評価・レベル・対象

大学入試 横山雅彦の英語長文がロジカルに読める本大学入試 横山雅彦の英語長文がロジカルに読める本 客観問題の解法編大学入試 横山雅彦の英語長文がロジカルに読める本 記述問題の解法編

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキング参加中です。こちらの記事が役に立ったと思ったらよかったらクリックをお願いします!あなたの1クリックが更新のモチベになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

質問・相談は随時受付中です。お問い合わせやコメント欄からお気軽にご利用ください。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。