明治文志望 ルート添削

imgres-11

質問内容

明治文学部志望で前回受けた河合模試の結果が (センター形式?だとしたら全くあてにならないので)
英語145(58.4) この時期にしては上出来だが各大問の得点率が気になる
国語149(60.4) 漢文20にしてはかなり良いので得意科目か?(なのでノーコメント)
日本史57(56.8) これからやっていくので無問題
e判定でした(全体偏差値60〜でDでした) 気にしなくてok)

国語は漢文をやっておらず夏頃からの予定で50点中20点くらいしか取れてませんでした。 やってないのならば取れる必要無し。やって20点だったら問題だけど。

そこで、参考書のルートの添削をしていただきたいです。 
現在 
ターゲット1900、1000 
英語基礎解釈100 関スタディサプリ英文法+ポラリス文法2 速読英熟語をCD聴きながら音読 
国語 
古典 単語315、古典解釈の方法 
漢文 ヤマのヤマ 
現文 漢字のみ(塾でやっているため) 
日本史 実況中継で理解→山川教科書 東進一問一答をやる 一通りやったら早急にセンター過去問で正文化工程に入りたい。
で進めています。 

marchレベルになると一気に読めなくなるのですが、英語長文に関してなにかやっておいた方がいい参考書はありますか? 
また文法問題はコロケーションやイディオムが弱いと思っています。対策法などあれば宜しくお願いします。

回答

marchレベルになると一気に読めなくなるのですが、英語長文に関してなにかやっておいた方がいい参考書はありますか? 

なぜMARCHレベルになると読めなくなるのか?の自己分析が必要。

  • 語彙力
  • 英文解釈力
  • 速読力
  • 常識力
  • 経験

原因として考えてもこれだけ原因はある。

塾で授業を受けるだけではとてもじゃないけど足りないし、速読英熟語の音読をどういう姿勢でこなしているのかも気になる。

せっかく英文解釈教材をこなしたのだから、それを発揮するのに適した教材を使用するほか無いです。

またその教材を使えば音読も兼ねられるというわけで需要は非常に高いです。受験生だったら一度は通らないと行けない必須ルートです。

ずばり英語長文ハイパートレーニング1・2・3

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編大学入試英語長文ハイパートレーニング (レベル3)

このような教材を使用し、解釈教材のアウトプットをすることで文章を「左から右に読めるようにする」ことを目指します。

しかし、「読める」のと「解ける」のは少し違うものでして、その先でどうするのかという話です。

そこまでいくとようやく塾の授業が役にたってくるわけですが、授業を受けているという記述がないのでその場合には佐藤ヒロシの英語長文マーク式(記述式)が面白いほど〜の利用をお勧めします。

解き方はもちろん、文章を左から右に読むだけではない「論理的読解」を教えてくれる教材です。

>また文法問題はコロケーションやイディオムが弱いと思っています。

ぶっちゃけて言うなれば、熟語頑張るしかないでしょう。「知識量」で差が付くものなので覚えるしか無いという分野ですね。

もう少し言うと、今の段階では文法問題なんて解けようが解けまいがど〜〜〜〜でもいいです。

当然文法語法力は読解に影響してきますから「読解英文法」に関してはがっちりやっておく必要がありますが、今は「長文」に注力して、あまり文法に時間を使わないようにしましょう。少なくとも夏迄は熟語をしっかりやる、それ以外は長文…このスタンスでいいと思います。

てな感じで回答は以上です。不明な点があればコメントください。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

2 件のコメント

  • 勉強計画についてのご相談をお送りしました。
    よろしければ確認のほどよろしくおねがいします。

  • 受験相談について投稿したものです
    追加の質問なのですが
    ターゲット1900はあらかた覚えきってあとは抜けない程度に復習すればいいか、という段階なのですが
    リンガメタリカをやるにも長文が今のレベルだとそこそこしんどいです
    リンガメタリカまでのつなぎに鉄壁を挟むなどの勉強は計画としてありでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください