MARCHを舐めるな 大学受験を舐めるな もうそういう時代じゃない 今すぐ受験生になれ

f40f559f

大学受験生なら、いや高校生なら、どこかしらで目にし耳にする話題

私大の著しい難化傾向

_______________

読売オンラインより抜粋

https://www.yomiuri.co.jp/national/20180926-OYT1T50120.html

大都市圏の有力私立大が近年、合格者数を大幅に減らしている。都市部への学生の集中を防ごうと、文部科学省が入学定員の管理を厳しくしたためだ。早慶など17大学の2018年春の合格者数(一般入試)は、厳格化前の15年春に比べて計3万8000人減少した。浪人生も増えており、大手予備校は「来春も狭き門が続く」と分析している。 

 ◆副作用 

 「受かると思ったのに……」。今春、立教大経営学部の一般入試で不合格だった都内の男性(19)は、通っていた予備校講師に驚かれた。昨年12月の模試では合格率が高い「B判定」。実際の入試でも、自己採点で「受かった」と手応えを感じていた。男性は、上智大や早稲田大の受験にも失敗し、浪人生活を送る。「自分の時に合格者数が減るなんて」とため息をついた。 

 有力私大の入試が厳しさを増す背景には、政府の地方振興策がある。都市部の大学に学生が集中することで地方の大学の志願者が減り、若者の地方離れが進んだとして、文部科学省は定員管理を厳格化。大規模大(定員8000人以上)の場合、従来は入学者数が定員の1・2倍以上になると補助金(私学助成金)を全額カットしていたが、16年春は1・17倍、17年春は1・14倍、18年は1・1倍と上限を段階的に下げた。 

__________

そして次に、私の3月時点の記事から抜粋

大学受験で最低限持っておくべき考え方

実際に大が小を兼ねている、著しく進攻している状況にあるように思えます。

合格者数の削減の影響はかなり大きく、

  • 難関大学に十分合格できる実力がある人
  • 難関大学の挑戦権は得ている人

この2者における決定的な差が、それほど無いということ。

そこに削減という事実が重なった時、1ランク下の大学における実力者の割合がどうなってしまうのかということです。

具体的に言えば、明治・立教に落ちて、早慶上に合格する人がめずらしくないということ。そして当然早慶上に合格できる実力があったのにも関わらず、明治立教、果ては法政中央あたりにとどまってしまう場合もあるわけです。

こういう現状があるわけで、少なくとも夏〜秋までは、自分が本来目指している大学よりも1〜2ランク上の大学にも挑戦できるような教材・コース選び、それにふさわしい基礎力の構築を図るというのが正攻法に感じました。

________

ここ数年の私大の難化は笑えないレベルです。早稲田のレベルが鬼畜、それによって自然と高戦闘力者がMARCHラインに落ちてくる。MARCHラインがGSSMに….とまぁ厳しいですね。

私がこの活動を開始した当初、0スタートからの早稲田への必要勉強時間を1800〜2200時間と設定していました。現在は約2600時間必要ではないかと考えています。かなり単純に言えば、これまでは素点で70%取れていれば戦えていたのに、これが75%弱になったと考えてもらえればokです。まぁ凶悪。あのレベルの問題で数%上がるってことが、どれだけやばいことかってのはそのうちわかると思います。

誰でもわかるように、もう少し簡単に具体的に話します。

これまで高2の2月あたりに始めていればまぁ〜そこまで根詰めなくても着実に能力を上げて間にあうだろう…という状況でした。

今後は高2の9月10月あたりに開始することが、「根詰めなくても」やっていけるラインになります。

現環境の大学受験では、現役生も受験生もライバルは自分および「浪人生」になります。浪人生と現役生の決定的な差は「失敗経験」です。人間は失敗を敗北する迄気づけません。しかしこの敗北というのは人間を大きく成長させる要因となります。(当然人によりますが)

◇学力を向上させる=自らの人間力を上げる(勉強方法の矯正やロジカルな思考会得)+勉強習慣の構築および継続

現役生と浪人生の差は上記の前者「自らの人間力を上げる(勉強方法の矯正やロジカルな思考会得)」ここにあると考えます。とにかくこれは時間がかかる。意識して生活していかないと付かない。だから「失敗」が欲しいんです。

逆に勉強習慣ってのは、ある程度頑張れば多くの人が身につけられる能力です。でもまぁきつい(笑)高校2年の終盤になって、さぁ勉強するぞぉぉ!!と意気込んでも、いやいやいやいや2時間の勉強きっつwwwってなりますよね。基準としては、少なくとも受験1年前は、内職+自主学習で5〜6時間は可能になっているような体力を作っておきたいところです。だとしたらまさに今、高校2年生の秋。今がスタートラインです。

はっきり言っておきます。

年をまたいでからの大学受験スタート=浪人まったなし

です。頑張りましょう。

 

 

 

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください