明治文への計画 添削 回答

imgres-11

質問内容

赤字打ち消し線で添削してますbyトム

こんばんは。

昨年、高卒認定試験に合格し初学の状態から独学で受験勉強をスタートしました。

これまで模試などは受けていません。
大学受験も今回が初めてです。
志望校は明治大学文学部です。

4月から今月まで働きながら勉強していたので1日3時間程度でしたが7月からは少なくとも10時間はできるようになります。
これを機に本腰を入れ参考書、問題集を買い揃えようと思っていたのですが身近に相談できる人が居らずインターネットに頼っていたら情報が多すぎて苦戦しています。

現在進めているのは、
英語
Forest
・Forest解いてトレーニング(一周目終了)(ここでの理解度はいかほどか)
・速読英単語入門編
・Mr. Evine中学英文法修了ドリル(復習用)
世界史
・山川出版詳説世界史,世界史用語集
・詳説世界史ノート(一周目終了)
国語
・漢字マスター1800
・読解を深める現代文単語
・重要古文単語315
・三羽の漢文教室
Forest
7月は基礎固めをメインに行いつつNext StageやZ会世界史100題にも手をつけていこうと思っています。
現在所有している参考書は上記のもので全てです。

今後購入していこうと考えているものは、
英語
・速読英単語必修編/((上級編※時間あれば))
・速読英熟語
・リンガメタリカ
・基礎英文問題精講
・ポレポレ
・長文ハイパートレーニングレベル1〜3
世界史
・河合塾世界史論述
国語
・入試現代文へのアクセス 基本編/発展編
・古文教室古典文法編
・河合塾古典文法基礎ドリル
・漢文ヤマのヤマ
・漢文早覚え速答法
これらに加え、過去問を用意します。
明治文学部レベルだと上記のものでは少ないでしょか?多くのものに手を出すと収拾がつかなくなりそうなので(高卒認定試験で一度失敗しました)、できるだけ参考書は必要最低限でいきたいと思っています。

⇒それぞれの参考書の特性・組み合わせ効率を理解せず「よくオススメされてるから」といった理由であれもこれも手を出してみようとしてしまう場合に陥るパターン。大学受験において必要な知識量は高卒認定試験でのそれの数倍であり、複数の参考書を巧みに組み合わせて消化していく他ない。当然人によるので一概には言えないが、少し再考すべき。

アドバイスをお願いします。
また、受験の情報を集めていると”ルート”という言葉をよく見かけるのですが、どういったものなのか、重視すべきものなのかご教示いただきたいです。

よろしくお願いします。

回答

先に最後の質問について

>また、受験の情報を集めていると”ルート”という言葉をよく見かけるのですが、どういったものなのか、重視すべきものなのかご教示いただきたいです。

世に出回っている教材というのは、それぞれにレベルがあり、得意分野があり、「特色」があります。それらの教材を上手い具合にレベルごとにステップアップ・得意分野を分析して接続していくことでシナジーの取れた「勉強線路」を作ることができます。それをそのまま履行していけば勝手に成績が上がっていくよーという,,,まぁ計画みたいなもので、独学者には「ルート作成」は必須ってことです。

自分のこれまでの経験を照らし合わせて、質問者様の計画を一目見ると怖い計画だなと思いました。

まず前提として質問者様の現状がわかりません。模試を受けたことがないということで基準がそもそも存在せず、質問者様の主観的な判断でしか計れませんからね。

そこでこの質問に関しては「7月から基礎を固める」という部分から「現状偏差値45前後」と仮定して添削をしていきました。

それを前提に、上記の質問に突っ込んでいきたいと思います。全教科で気になるところがありました。当然もう7月なので、そこらへんは考慮に…時短できるところは時短でやっていきます。

まず明治大学文学部の特徴を分析すると…

  • 英文法を軽んじられない
  • 長文トレーニングしっかり
  • 国語はオーソドックス
  • 世界史は一問一答系強めに、論述はいらない

ものすごく簡単に言えばこんな感じ。当然明治大学文学部だけを受験するってわけじゃないと思うんで違ってくるとは思いますが。ある程度他校他学部の内容も抑えつつ、志望校である文学部で戦えるようにするためにはどうすべきかを考えていかねばなりませんね。

英語

ぱっと見た感じの印象ですが、このルートは高校2年生の2月時点でベネッセ偏差値65〜70くらいある子が、復習がてら受験勉強を開始していくための教材ラインナップ…というように見えます。

当然、それでやっていけるという自信があるのであればそれでいいと思います。

が、私のこのサイトは「私自身が高3の4月時点で偏差値40だった時を思い出して、こういうルートでやっていけば独学でも偏差値爆上げだっただろうな〜」をコンセプトにやっていますので、それを軸に回答しますと….まず何が問題なのか。

  1. Forestの選択(⇒わかりやすくて重要な点に絞ってくれている教材はたくさんあるのになぜForestなのか)
  2. 英文解釈教材をステップアップで2〜3冊(基礎英文問題精講の選択はどうだろうか)ポレポレはオーバーワーク
  3. 論理読解(解法教材の不選択)

Forestに関してはもうやってしまっているのでしょうがないですが、イマイチ理解しながらやっていけていない感があるのであれば、成川の深めて解ける英文法INPUT編渡辺のとことんわかる英文法がオススメです。

forestは…まぁよくまとまっているというかまとまりすぎているというか…あまりにも辞書的すぎて「何が重要なのか」「なぜ重要なのか」が頭に入ってこないのと「なぜそうなるのか」の解説が弱すぎるという点に時代遅れさを感じます。学校の授業や予備校講座で濃密な解説を受けられる人にとっては重宝しますが(っていうか受けられるならそもそもいらない)、独学者にとってはなかなか扱いが難しい教材です。

、英文解釈の教材。重い1冊をやるよりも、レベルアップさせて2〜3冊やったほうが絶対速いです。後は、志望校的にはポレポレは必要ないです。

  1. 入門:肘井の読解のための英文法が面白いほどわかる本(発展問題シカト)
  2. 発展:日本一成績が上がる魔法の英文読解ノート(or関英文読解の特別講座)

これらをやりながらハイパートレーニングでアウトプットする感じですね。

後は、文章をただ前から後ろに訳していくだけでは戦いきれないのがMARCHレベルです。パラグラフリーディングで筆者のイイタイコトを抽出し、パラグラフごとの関係性を明らかにしながら読んでいく(英語を現代文のように読んでいく)技術が必須です。これを私は英語の論理読解と呼んでいますが、これもまた「長文問題演習」なわけで、別に時間をとられるわけではありません。

佐藤ヒロシの英語長文マーク式がおもしろいほどとけるスペシャルレクチャーこれ一冊でいいのでハイパー完了後にやりましょう。

簡単なルートを作成します。

Forest(ある程度理解)⇒解釈入門⇒ハイパー1⇒2(ここまでを8月前半まで)⇒解釈発展⇒ハイパー3(9月前半迄)⇒佐藤ヒロシマーク式(9月中まで)⇒標準問題特訓リーディング(佐藤アウトプット)(10月まで)⇒過去問(11月より)

これに英文法(文法問題を解くための英文法)(※上記のは文法知識を利用して文章を正しく読めるようにするためのルート)や語彙を並行させていきましょう。

国語

正直いろいろ足りないのかなと。これでやっていくなら正直、国語だけに関してはスタディサプリの講義に任せてしまった方が安全には見えますが、そうは言ってられないので

  1. 独学者のアクセススタートは危険(船口のゼロからスタートをオススメ。その後アクセス基本から)
  2. 古文に読解用教材が足りない(岡本or元井or吉野or山村を1冊追加)
  3. 漢文 ヤマのヤマと早覚えはどちらかでok 古文でドリルを使うなら漢文もドリルを使ったらどうか

国語の気になった点と添削はこんな感じ。

ただ、私自身ずーーーっと言ってきてることですが、「国語」は授業受けた方が絶対良い。絶対良い。理解度が段違いです。国語の出来は英語にも影響してきてしまうので安全策を取れるなら取った方が良い。

980円で現古漢(文法は自分でやれば時短、読解だけは授業を受けたい)受けられるわけでスタディサプリを国語目的で利用するのはマジでオススメです。

ただ、時間も限られているわけで、上記の添削内容かスタディサプリを利用するかは個人の裁量に委ねなければなりませんね。

世界史

  1. 講義系教材が無いっていうのは認定試験で通史をある程度完了させているってことか
  2. 世界史ノートでも良かったけど、色・地図・写真・大きさ・薄さ・トレンド(重要用語に絞られている)的に時代と流れで覚える世界史B用語を選択してほしかった。。
  3. 実力をつける系の特色を理解しているか?
  4. 文学部はほぼ選択、たまに一問一答で論述は無い傾向にあるけど、これは他学部対策か?
  5. 地図対策も必要で、ビジュアル世界史を加える必要アリ。

実力100題=もう偏差値60↑くらいある人が、その実力をさらに引き上げるために使用する教材であり、穴埋め系・センター30年分の正誤問題正文化工程完了⇒くらいでようやく使用できる教材。

−−−−−−

てな感じでだいたいは回答完了です。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください