日本史の勉強法について回答

質問内容

お久しぶりです。 
明治文の国語の過去問(現古漢60分を漢文まだ終わってないため40分で)で正答率8割くらいで、国語に関してはこのままやっていけば良いと思っています。また、英語も少しずつ伸びてきていてマーチレベルの過去問を解いてみると7〜8割くらいにはなりました(まだ明治文には手をつけていませんが) 
ただ日本史が本当に問題で、時間をかけているつもりなのに全然覚えられません。 
教科書で読み続ける→実力をつける100題でその範囲の問題演習という流れの方が覚えた気になるのでそっちで進めてしまっているのですが、やはり毎日教科書を読み続けた方が良いですか? 

また、その場合は同じところを毎日読み込むより約1〜400ページ終えてから最初に戻るべきですか? 
たとえば230くらいの外国人がくるあたり(ラクスマンなど)〜最後を2〜3日にわけて読み続ける方が良いのでしょうか? 
+して一日何ページくらいが理想でしょうか? 
宜しくお願いします。

回答

回答します。

ちょっと内容がつかめません。。。

私の前回の回答が…

もう1点、日本についてなのですが現在教科書を周回しています。 
いまいち覚えきれてないと感じるのですが、教科書→時代と流れとz会一問一答で進めていき、終わったあとに実力をつける100題で進めたいと思っているのですがどうでしょうか? 
現在既に実況中継は数周終わってますのでおおまかに言われればああそういうこともあったねってなる状態です。

 

>ひとまずは教科書と時代と流れでやっていき、完璧になってから一問一答をこなさないと重いです。反復のスパンを短くして回数をこなすことが日本史という大量暗記科目には必要です。一問一答までやってしまうとどうしても時間がかかり過ぎてしまいますね。一問一答と実力は並行してかまいません。

ありがとうございます。 
教科書読み込みの際に時代と流れも一緒に確認する必要はありますか? 
それとも前日の復習等で使用した方が良いのでしょうか

>んー、赤シートで隠してスラスラ読めるようにする水準までは確認してあげてください。 
 

こんな感じなんですけども、どんな感じなんでしょうか(汗)

教科書は読み続けるのが正解です。がしかし、同時に網羅性のある問題集で演習をこなさなければ身に付かないし、「読む行為」に緩急が生まれません。

緩急ってのはつまり、「教科書のこの部分、どっかの問題でやったなぁ」という認識ができている状態で教科書の文を読むことによって、教科書の重要部分に意識が集中し、読むことによる修復作業の効果がupするということです。

で、教科書⇒実力ですけども、1冊網羅系(時代と流れや一問一答)やってるならそれでいいと思いますよ。実力だけで完全網羅は無理がありますね。

一日に読む量は、自分は1日1時代が目安ですね。長い時代も短い時代もあるんで、そこらへんは調整すればokです。

例えば飛鳥・奈良はくっつける、江戸や明治は2日で1時代等です。

P数で決めるってよりも、日本史には流れってもんがあるので、キリのよいところで止めるってのが大事です。日本史で言えばわかりやすいのが「時代区分」ですから、それに準ずるのが一番簡単ですね。

 

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください