(質問回答)高2 硬式野球部 名古屋大学法志望 一日の勉強可能時間は2時間弱

ダウンロード (6)

質問内容

名古屋大学法学部の受験を考えている高2なのですが、硬式野球部に所属しているため勉強時間が1日2時間弱程しか取れません。
最近の全統模試では国語は偏差値68でしたが英語は56数学は51と散々な結果でした。
法学部はセンターの配点が高いとはいえ、二次試験の数学や英語ができなければ確実に落ちると思います。
これからどのような対策をするべきでしょうか??

回答

質問ありがとうございます。

基本的なことから話していきます。事例が多少特殊であり、あくまでも僕の意見を述べるだけですので参考に留める程度にしてください。

予想ですが、おそらく所属する高校自体のレベルが高く、潜在的に優秀で素質のある方でしょう。国語力のある方は成長が速いと相場が決まっています

ただし>>硬式野球部に所属しているため勉強時間が1日2時間弱程 ということでかなり厳しい戦いが待っています。

ですので、いかに効率よく知識を吸収し無計画によって時間を無駄にしないような意識を徹底できるかが勝利への最大の鍵になります。

野球部ということで引退はいちばん早くて高3の夏休み?ですから何を意識していくかについてはだいたいの基本が見えてきます。

高2のうちに上げるべきものを上げきっておいて、高3になったら毎日のその教科への時間をできるだけ短くできるようにしておくことが原則です。(学力維持行動)

それが可能なのは「英語」です。基本的にはまず英語を徹底して上げていきましょう。

ここで一般論をおうなら2年までに「英語」と「数学」をセンター75〜80%といいたいところですが1日2時間弱の勉強時間ではあまりにも非現実的です。この勉強時間に対して2教科を数ヶ月間やってもらうのは得策ではありませんね。

結論としてやはり僕なら2年のうちは英語にしぼってやってもらうと思います。それまでは学校の数学の授業をしっかり受けておくなどの意識が欲しいです。

また数学ではなく英語を薦める根拠としては

①すでに偏差値56であり、目標に近い
②時間のかかる文法を深く追う必要生が現状では薄く、最低限の文法を身につけ読解に進めておけば時間短縮が可能
③速単系や長文問題集などの素材が豊富であり、(実力維持行動を目的とする)音読学習によって日々の英語の勉強時間短縮が可能
④音読学習は実力維持にとどまらず語彙力増強・速読・リスニング・英作文などにも役立つため、2次対策も間接的にできる
⑤その後から数学を進めていくのが合理的

ということです。

現状によっては英語なら1月には80%はいく

どの教科でもまずは基礎をしっかり固めてセンターで戦えるようにし、そこから2次力に応用させていきましょう。

国語力のお陰で英語も偏差値56まで持っていけているのかはわかりませんが、現状の語彙力や文法力によっては3ヶ月以内にそこまで持っていけると思います。

英語の精読の完了後から数学をスタートさせ、その後の英語は速単系の音読学習に留めるとスマートになるでしょう。

また数学が落ち着いてきたら、英語は論理読解からスタートさせていくといいでしょう。

本題:英語

それでは本題に入っていきましょう。

英語の成績を確実に伸ばす正しい勉強法

英語に関しては勉強法や教材などもまとめていますので参考にしてみてください。

勉強ルート

ネクステ系、単語帳は自由にどうぞ(シス単レベルの語彙力は最終的には欲しいところです。)

基本書

渡辺英文法か成川英文法
渡辺の基礎から受験までとことんわかる英文法 上 (東進ブックス 名人の授業)渡辺の基礎から受験までとことんわかる英文法 下 (東進ブックス 名人の授業)深めて解ける! 英文法 INPUT (大学受験Nシリーズ)

文法問題を学ぶ際・解く際の意識の参考記事↓

文法問題を解く際の意識

単文解釈

スマートリーディング か 英文読解入門基本はここだ
英文読解スマートリーディングLESSON BOOK (アルク学参シリーズ)英文読解入門基本はここだ!―代々木ゼミ方式 改訂版

短文解釈

○基礎精読群
スマートリーディングを選択→基礎英文解釈の技術100
英文読解入門基本はここだを選択→入門英文解釈の技術70
入門英文解釈の技術70 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

↓完了後

○応用精読群
ポレポレ
ポレポレ英文読解プロセス50―代々木ゼミ方式

ここまでを英語に専念すれば1日2時間弱の勉強でも3ヶ月以内には完了するでしょう。

数学


名古屋大[文系数学]の入試問題分析
数学の問題集の選び方

難易度としては「標準〜やや難」という結論です。

数学が得意な方はこの学部は超有利なはずです。その為にささっと英語を一定ラインまで上げて数学に時間を使えるようにしておきましょう。

目標としては

(黄チャート)

青チャート

1対1

(文系数学の良問プラチカ)

の流れでしょうか。1ランク上の問題でも普通に点を奪取できるようなレベルにまで持っていく意識が欲しいです。

(専門じゃないので露骨にさらっと終わらせておく)

以上です。

頑張ってください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキング参加中です。こちらの記事が役に立ったと思ったらよかったらクリックをお願いします!あなたの1クリックが更新のモチベになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

質問・相談は随時受付中です。お問い合わせやコメント欄からお気軽にご利用ください。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください