シェアする

時代と流れで覚える日本史/世界史B用語|紹介・使い方・評価・レベル・対象

キャンペーンバナー

社会は絶対間違えてはいけない問題を間違えず、差をつける為の問題を何個か取れればいい教科であるのは周知のはず。

中には早慶志望だから掲載量最強の東進一問一答にかじりついて…って方も多いだろう。それでできるんならいいんだけども、中には途中で心が折れかけるような場合もあるはずだ。

やはりばっちり偏差値55〜60レベルの知識をがっつり固めておくと、一問一答へのいいワンクッションにもなるし、それによって勉強がスムーズになるはずだ。

この記事ではセンターレベルからMARCHレベルまでの基礎を固めるのにちょ〜〜〜どいいレベルの教材を紹介する。

スポンサーリンク

時代と流れで覚える!

時代と流れで覚える! 日本史B用語 (シグマベスト)時代と流れで覚える! 世界史B用語 (シグマベスト)

仕様

ジャンル:問題集(穴埋め形式)
問題数:日本史 80題/世界史 85題
レベル:センター〜偏差値60前後で戦える力

特徴

左側のページには資料(史料ではない)や年表、地図などがまとめられており、右側のページで穴埋め形式の問題に挑戦する。

最初から赤字で答えが書かれており、赤シートで隠せば消えるのでわざわざ自分で赤ペンで書く必要がないのが嬉しい

目標としては赤シートで隠しながら右側の文章をすらすらと読めるようになるまで繰り返し、その後漢字等の確認のために書いてテストすると効率的だろう。

使い方

社会の勉強法

日本史や世界史は方法や意識が非常に重要なのでまずは勉強法を確認しておいてほしい。

センター満点・偏差値70超の実績のある日本史の勉強法|山川の教科書の使い方からオススメの参考書まで!
特に文系が日本史に限らず、社会で点が取れないというのは、実は大学受験においてはかなりやばいことだということを知っているだろうか。 社会という教科は他と違って 覚えたことがそのまま点...
初学者が得意科目にするための世界史の勉強法
特に文系が社会で点が取れないというのは、実は大学受験においてはかなりやばいことだということを知っているだろうか。 社会という教科は他と違って ・覚えたことがそのまま点につながる(逆に言えば覚え...

計画

ナビゲーターや実況中継などの参考書を見て流れや背景を理解

教科書の該当部分の線引き で通史を完成させる。 (意識して読むべき部分などは日本史のページに動画で解説しています。)

時代と流れで覚える!を使用し、全用語をすらすらと引き出せるようにする。
※1日5〜7章ずつくらいはやりたい。

一問一答に移行し、早慶レベルの用語をインプット&教科書に書き込み

日本史は一日2時代/世界史は一日1〜2章を読み込みながら問題演習&過去問演習&一問一答&用語集読み

こんな感じでいかがでしょうか。

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加