シェアする

GENIUS動画英熟語1000 アプリ|紹介・使い方・評価・レベル・対象

キャンペーンバナー
スポンサーリンク

GENIUS動画英熟語1000

アプリストアへ

こちらのアプリについてのレビューをしていきます。

仕様

※まだ全体的に観てはいません。一部の情報ですがあしからず。

形態:IOSアプリ(アンドロイドで発売されてるかはわかりません)
価格:1200円
ジャンル:熟語
掲載:1000個(+α?)
レベル:大学受験用としては十分すぎる。
機能:動画解説・音声・文章の文法的解説・検索機能

※1つの熟語に対して同意熟語も併せて解説されているのでそれを含めて覚えたら早慶上智どんとこいなレベルです。

評価

とむ的評価:★★★★★

◇肯定的意見

まずとんでも無いレベルで手間がかかっている。1000個を全て動画で解説している(はず)

1200円という価格だが個人的には安すぎると考える。
東進の単語や熟語のスピードマスター講座はいくらなんでしょうか。それくらい出す価値はあると思いました。

1個に対して1分から長いものだと15分くらいの動画で解説がなされる。

上に書いた+αの部分も大学受験を逸脱したTOEICレベルの熟語まで紹介されるのでやりがいはある。

1セクションに10個、それが計100セクションで完了する。一個ずつインプットしていきテストでアウトプットをする感じだ。
その間わからなかったり覚えにくい熟語に関しては1個ずつ動画で解説を受けることができるし、いつでも文章音声を聴くことができる。

シャドーイングもできるという点で速読やリスニング力構築にも使えるのでありがたい。

ベリタスアカデミーという映像予備校の講師で坂木先生が解説をしているが聴きやすく親しみやすい。
解説内容が予備校レベルどころか、時間的制約が無いお陰で超わかりやすいし、厚みのある解説が展開されている。

やってることが完全に予備校。独学者は

「regard A as B」=AをBとみなす で終わります。

これが予備校なら

「look on(upon) A as B/think of A as B/conceive A as B」も同じだから覚えておけよと言ってくれるし

さらに「Aを主語にして受け身で出ることもあって、A is Looked on as Bって感じにもなるぞ」ってところまで教えてくれます。

これは実際に動画内で解説されている無いようです。つまりこれは予備校です。1200円の予備校です。

書籍ではできないものをいとも容易く成し遂げているすさまじいアプリだと思いました。

◇否定的意見

無いに等しいが、あえて挙げるのであれば

⑴本アプリの全恩恵を受ける為にはwifi環境が必須
⑵解説が詳しい=時間がかかる=使い方が難しい(計画を立てにくい)

⇒実際のところ、なぜそういう意味になるのかを理解して覚えるほどの時間がある受験生はほとんどいない。
高1高2のころからコツコツとやっていないと使い切れないのは事実だが、高3以外が普段から使用し、習慣的記憶として定着できれば勝ったも同然。

高3生は熟語帳でやっていくしかないと思うが、高1高2はこっちだけでいいレベルでしょう。

ギャラリー

img_3550img_3551img_3548

文法編

文法のアプリも1200円で発売されている。

こっちはまだ分析していないのだが熟語でこのような感じだと

100%神アプリ

僕の時代は単語王の著者のフラッシュグラマーなんてものが流行ったが、完全にその上位互換になったと思う。

あらゆる問題集を終わらせるアプリになるはずです。

どれも予備校終焉の第一歩が始まったかなと思わせてくれるアプリでした。

CM

都内方向まで範囲を拡大し、大学受験戦略管理指導参謀本部生募集します。
DSSは2015年から迫る2017年度入試に向けて指導を開始しました。 実績の無い私に奇跡的に数人のDSS生が集まっていただき、完璧とはほど遠いのですが多少の成績向上実績を作ることが出来ました。...

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加