シェアする

質問回答)客観問題編に進むべきか

スポンサーリンク

質問内容

ふと手にしたロジリーにハマってしまいました。
できれば客観問題編に進みたいのですが、やめた方が良いでしょうか?

いきなりすみません、お久しぶりです。

少しモヤモヤするところがあってパラリーを放置していたのですが、自習教材を忘れて時間が余っていた時に、ふと本屋で手にしたロジリーでそのモヤモヤが解消され、一気にハマってしまいました。

志望校を明治大学に絞ろうかと考えていることもあり、できれば客観問題編に進みたいのですが、日本史にも行き詰まっており、センター利用で使う手前、センターまでは日本史重視になりそうです。

やはり時間的なことも考え、やめた方が良いのか?
もしどうしてもやるなら、どのような時間配分でやるべきか?

此の期に及んで「好き嫌い」で勉強していて、本当にバカな質問ですが、是非ご回答よろしくお願いします。

質問回答

ありがとうございます。本屋でってことは中経出版のロジリってことですよね。1回手を出しちゃうとハマっちゃうのはわかります。

横山雅彦の英語長文がロジカルに読める本|紹介・使い方・評価・レベル・対象
論理読解における最高峰の教材だと思います。 時間がある人限定になってしまいますが、この1冊目はそこまで難しいことを要求されるわけでもなく、横山理論における論理的読解の導入として、さらに、この1冊...

これは過去問演習を優先させることから始まると思います。

明治も法学部ですよね? 

明治の法学部は英語も国語も出題内容が少し特徴的で高確率で「法」に関連する文章が選ばれる学部です。出題形式のバリエーションも多く、傾向・出題形式などを知って密な対策をしておく必要があるでしょう。

さらにはその際の自分の現状と、長文問題の差を確認しましょう。手も足も出ないようなら何かしらをやるしかないわけで。

客観問題の解法編ですが

マイナス要素をあげるとすると
⑴量がヘビー、全22回で全て速くとも1時間以上かかる。⇒過去問分析や他教科への兼ね合い
⑵レベルがほぼ明治法より上。

プラス要素
⑴全22回だとしても、形式によってはやる必要の無い回も出てくる
⑵1回ごとの密度が高く、基礎が出来る人がやれば最後まで終わらせなくても100%成績があがる内容

しかし基本的には明治でも中央法でも精読力と1巻の主張把握の力があれば十分戦えると思いますよ。(中央は長文以外が山場なので)

回答としては

基本的には過去問演習を徹底的に
どうしようもないなら演習・分析と並行して客観へorある程度慣れていけばいけそうだという実感があればやるべきではない

です。

重視すべきは内容一致・内容真偽判定⇒パラグラフ正序⇒下線部解釈⇒それ以外

この時期では1日1題を2周ですね。1日2題は時間を消費しすぎますし、1周だけでは足りないっすね。2周はしたいところです。 

こんな感じでしょうか。不明な点があればコメントください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキング参加中です。こちらの記事が役に立ったと思ったらよかったらクリックをお願いします!あなたの1クリックが更新のモチベになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

質問・相談は随時受付中です。お問い合わせやコメント欄からお気軽にご利用ください。

『質問回答)客観問題編に進むべきか』へのコメント

  1. 名前:S 投稿日:2016/12/24(土) 08:58:15 ID:d16f9de8f 返信

    ありがとうございます。

    過去問を解いてみましたが、時間無制限で6割ほどでした。
    正直、ロジリーに意識を向けられていないため、内容一致に弱く、他はそこそこ合っているのに、そこで一気に落としている状態です。

    ちなみに以前(ロジリーを始める前)、似た問題形式の関西大学と同志社大学を解いた時は、関大が8割で同志社が6割でした。
    (一応、試験時間内です。)

    • 名前:DJDトム 投稿日:2016/12/24(土) 09:24:22 ID:44df5b36d 返信

      6割なら慣れればいけそうですが、時間無制限ですもんね。
      判断はかなり難しいんですけども、内容一致の解法だけとりあえずやってみるのが現状の最善の選択かもしれません。
      特に英語は配点が多く、時間配分戦略や専門用語の積み立てが非常に重要な試験になりますので必ず過去問演習との並行作業でやっていってあげてください。

  2. 名前:S 投稿日:2016/12/30(金) 22:59:02 ID:4c365e597 返信

    全体で120分(大問1に60分、大問2,3に60分)ぐらいかかりました。

    時間配分に関しては、同じ出題形式の関西大学と同志社大を受けるつもりなので、しっかり慣れていきたいと思います。

    専門用語の積み立ては、過去問で解いた文章の内容と単語を抑えていけば大丈夫でしょうか?

    • 名前:DJDトム 投稿日:2016/12/31(土) 17:18:43 ID:3c10c74b9 返信

      なるべく余裕を持って終わらせられるように特訓が必要ですね。

      過去問に出てくる専門用語は必ずピックアップしておいてください。
      他には「法律系英単語」で調べるといい感じのが出てきますよ。

  3. 名前:S 投稿日:2017/02/21(火) 02:15:05 ID:c6e130ea4 返信

    お久しぶりです。
    今年の受験は全滅してしまい、まだ後期が残っているのですが、前期と違って試験の特徴や過去問があまりないようなので浪人生として今から勉強していきたいと思っています。
    ですので、改めて参考書ルートと使用時期についてアドバイスお願いします!
    一応、志望校は慶應法にしようと思っています。(明治の試験会場で周りが慶應志望生ばかりだったので…笑)

    【英語】
    →文法・解釈の復習とセンターレベルの長文を夏前までに修了し、早慶レベルの解釈→多読+演習へ。
    「一億人の英文法」
    →現役時に一度やった内容なのでサラッと復習。飽き防止の為、他の参考書に載ってないような情報の多そうなこの本を。
    「英文法・語法 engage」
    →現役時は「英ナビ」を使っていたのでネクステ系は初めてで、レイアウト的に好みなのを選びましたが到達度が心配です。大丈夫でしょうか?
    「英文読解の特別講座」
    →一度やった参考書。ザッと確認。
    「キムタツ式英語長文速読特訓ゼミ センターレベル」
    →単純な問題演習が不足していると思った為、適当に購入。後期試験まではこれを優先させた方が良いでしょうか?
    「top grade 英文問題精選」
    →ポレポレの代わり。腰を据えてやるならこちらの方が良いかと思ったのですが、代用は効きますか?
    「英語長文がロジカルに読める本」
    →二周済み。本書の長文なら初見でも割とできるのに他の長文に活かせない…
    「リンガメタリカ」
    →多読用。内容が好みで、実は現役時にちょっとだけ手を出しました。笑
    「読み解き英語長文500/800」
    →上と同じく内容が好きそうなテーマ系の長文問題集。

    【日本史】
    →夏前までに残った教科書作成とセンター対策を終わらせ、実践演習へ。
    「詳説日本史」
    →原始・近現代は作成済み。賀一先生が言ってたことをすべてメモしたのですが、自分の理解に活かすか最悪忘れてもおkな情報が多く、かなり醜くなってしまったのでもう一度作成し直しも考えてます。時代と流れ→一問一答→用語集の順番でその都度マーカーや書き込みを増やす形(実況中継での理解と並行させない)でも問題ないでしょうか?
    「時代と流れで覚える日本史B用語」
    →復習。教科書再作成も兼ねる(?)
    「センター過去問」
    →現役時、ここがハードで折れました。。。調べてみると対策系の本を挟むと良いそうなので「完全MASTER」というのを考えていますがどうでしょう?
    「実力をつける100題」
    →「標準問題精講」と「究める日本史」との違いがよく分からないのですが、とりあえずレイアウト的に好みだったので…
    「速攻日本史B頻出テーマ一問一答」
    →「一問一答 完全版」が全く使いこなせる自信がないので、薄くて使い易そうなものをとりあえず書いてみましたが、どうなんでしょう?(完全に『妥協』です。笑)

    すみません…一言ずつ選んだ理由を付け加えるだけのつもりだったのですが質問が多くなってしまいました。
    全部じゃなくてもいいのでご回答いただけると嬉しいです。