シェアする

センターが近いから高2生に言っておくべきこと

高2生が受験生になるまであと何日かかるでしょうか。

センター試験から丁度1年前に受験生になれる高2生はどれくらいいるでしょうか。

正直、もうスタートライン的に不利

いくら私立は1年あればいけると言っても

もうすでに数ヶ月前からスタートしている人間は腐るほどいる。

現役生では夏までに終わらせればいいと一般的には言われる「2000語掲載レベルの単語帳」をすでに終わらせている人もいれば

高2の現段階で英語だけなら帰国子女でペラペラ、偏差値70を超えてるなんて人もいる。すでに早慶の過去問でも合格点を取っている人がいる。

そういった人間達に追いついて、どうにか戦っていかねばならない世界。

焦らない人間の神経がわからない。

勉強してなんぼの世界

焦る焦らないは置いといて、大学受験は「勉強してなんぼ」

大卒の資格を得るのに、学校の勉強の延長線上にある試験で、1800時間前後を要する私立試験。これ以上の勉強が必要な日本国内の国家資格なんて数えるほどしかない。

医師、法曹、公認会計士、司法書士、税理士、弁理士、不動産鑑定士等々

大卒の資格を得るということは、このような名だたる国家資格を得るのと同レベルの汎用性と安定性を生み出すとも考えることができる。

大学受験は人生における一番最初のライバルとの潰し合い、一種の社会的殺し合いであることを理解できないのは、まだまだ社会を知らぬ高2にはしかたがないことなのかもしれぬが、もう18歳になれば選挙権もある大人として見なされる時代である。いい加減大学受験を志すのであれば、早急に目覚めなさい。

それができないのなら就職を選びなさい。もう一度言うけど、大学受験は「勉強してなんぼ」。

誰かに頼り頼られながら、不安と焦燥感と共存しながら人生で経験したことの無いレベルで「勉強」して初めて得られる世界。

50万人

予想するに、

「勉強」を頑張る

というぐうの音もでないほどあたりまえで単純なことをできない受験生は毎年50万人弱はいるはず。

年間60万人ちょいいる受験生のうち、旧帝一工〜早慶上智MARCH金岡千広以上に合格できる人間が12万人。

努力してもMARCHレベルにも届かなかった人もいるだろうが、

今の時代いくらでも手に入るのに情報・戦略の不足、稚拙な計画

届かなかった人間の受験に瑕疵が無かったのかと言えば、そんなのほぼありえないだろう。それも含めて努力だから。

それは先輩である僕の当時の受験においても、一生後悔しないといけない失敗だから。僕は少なくとも努力が出来なかった。後悔してほしくないから今ここで書いてる。

勉強してなんぼ、自分が今考える最適の行動を選び続けるための思考、それを1年間繰り返していく精神

それさえできれば12万人の中にはあたりまえのように入れる。

不合格体験記

失敗したくなければ不合格体験記・合格体験記失敗反省編を読みあさりましょう。失敗した受験生を徹底的に研究して、反面教師にしましょう。

成功者の失敗談と、失敗者の反省談
受験は情報戦です。 いかに良き戦略に基づいて行動ができるかが、 あなたの人生を左右させます。 多くの受験生にとって、一番新鮮で、身近な情報と言えば 「実際に受験を経験して、...

こちらの動画のコメント欄を見てほしいんです。

受験まで後2ヶ月ないんですけど今からこの勉強法やっても大丈夫ですか
今からセンターまででも、この勉強法で間に合いますか
2月の私大本試験までに間に合う勉強法ですか

受験生にほとんど認知されていない僕のサイトの、ずーっと出した動画に短期間にこれだけの勉強法探しの旅に出ている現役生がいるということは

世の中の受験生のどれだけが正しく出来ていないんだろうと考えるんですよ。

本番の1ヶ月2ヶ月3ヶ月前に勉強法を模索しているという事実。

正しい指導者に出会えなかったというのもまた運否天賦であるから仕方が無いとしても、それが実力になってしまうのが大学受験。

高2の今の時期から正しい勉強法を常に考え、試行錯誤しながらやっていきましょうよ。

不安・絶望

「自分なりにやってみたけど模試で結果がでなかった」「絶望した」とかいう恥ずかしいことを夏頃に宣う受験生が多発するんだけど、

正しくやってたら結果がでないわけがないんだ。99.9%以上の確率で成績は上がる。

ちゃんと毎日やるべきことはやったのだろうか。ことあるごとに言い訳、逃げ道を作って、

「今日は疲れてるから」
「まだ焦る時期じゃないから明日やればいい」
「よくわからいけどとりあえずなんとなくやってみよう」

やるべきことをやらずに絶望したなんていうのは浅ましいことだと考えましょう。

やるべきことをやって、実際に成績が上がって、理想的な成績向上をしている受験生ですら不安や焦燥感に襲われるんですよ。絶望したとか恥ずかしいと思わないんですかね。

いや受験生にはいろいろあると思いますよ。

部活で勉強時間をほとんど作れない人もいる。サッカー部とかラグビー部とか、引退は今の時期ですよ。センター試験1週間前とかの世界です。

家庭によってはアルバイトで受験料や入学金、塾代金を稼がないといけない人もいる。

心を鬼にして言わせてもらうけど不利な人に特別合格枠なんて用意されてないんで

立派なのはわかります。不利な状況を打破して合格していく受験生はおそらくその後の人生も素晴らしい華やかな道を進んでいくと思います。

でもそれで落ちたとしても言い訳にしかならないのが大学受験です。不利なら不利なりに、高1からコツコツやってくればよかったよね?そう言われてしまうのが大学受験なんです。

コツコツ

大学受験は平均して1800時間必要です。

一日20時間勉強すれば3ヶ月で達成できます。

一日10時間勉強なら6ヶ月で達成できます。

一日6時間勉強なら10ヶ月で達成できます。

この中で一番有利なのは6時間勉強です。精神的にも体力的にも、そして知らないけど受験生が大好きな「科学的」にもそうなんでしょう。規定時間をただ達成できればいいわけではないんです。

復習の量、スパン、集中力等を考えれば、一日20時間勉強してもほとんど定着はしないでしょう。

暗記は「忘れかけてきた頃に思い出そうとして上塗りする」ことを繰り返すことでで強固に定着し、短期的な記憶が数ヶ月経っても忘れない習慣的記憶へと変化します。

何年何ヶ月も英単語の勉強をしなくても、現役時代にやった英単語はほとんど覚えてるわけです。

それを目指して毎日コツコツと勉強するわけですが、僕の体感上、やはり一日6時間〜8時間、やっても10時間の勉強がベストだと思うところです。

僕が言いたいのは、

今からコツコツやれば1日6時間弱で済む勉強を、わざわざ数ヶ月後から始めて8時間9時間10時間11時間12時間13時間14時間15時間16時間と自分で追い込んでいくドMスタイルはやめましょうよ。

ガチで言っていいですか?

バカなの?

理解できるように何度もお話してあげますが、

大学受験は人生の大半を決めてしまう、殺し合い、奪い合い、潰し合いですよ。未だにこの重大性に気づけない愚かなで浅はかな人が多すぎる。

自分が有利な状況を作る為に、何個も何個も保険を作るんですよ。

勉強法や戦略を練っておくのも保険。

自分が最も定着しやすい一日の勉強時間を知って、それで間にあうように調整するのも保険。

君は戦場に素っ裸にお箸で戦いに行くのか?行かないだろう?想像力が足りないんだよ。

あらゆる手段、あらゆる戦略、持てる財力、どんな手を使ったとしても受かる人間が勝者だ。

All is fair in love and war.

All is fair in love and war. 自分の世界だけで勉強をするな。自分より効率のいい勉強をしている奴を許すな。
英単語の覚え方はok理解した。 じゃあ熟語の覚え方を教えてくれ!古文単語の覚え方を教えてくれ!日本史の用語の覚え方を教えてくれ! いやいやいやいや、応用してくれよ(笑)  同じ暗記だ...

そこんとこよろしく。

終わりに

煽っていくスタイル。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキング参加中です。こちらの記事が役に立ったと思ったらよかったらクリックをお願いします!あなたの1クリックが更新のモチベになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

質問・相談は随時受付中です。お問い合わせやコメント欄からお気軽にご利用ください。