手に届きそうな範囲にあるものだけが魅力的に見えるのが人間の性

imgres

以前、志望校に確実に合格したいならその志望校い偏差値を5加えたレベルに確実に合格できるように計画を立てて履行すれば、その志望校への合格率はかなりupするという旨の動画を出したことがある。

https://youtu.be/9JMkePJ6Yj0

世の中の基本的な原則として大は小を兼ねるが、小は大を兼ねない。その為に、自分の現状を勝手に悲観的に観て、「これくらいなら自分でも合格できるかも」と低めの壁を設定してそこを目指して勉強してしまうと、それより上は基本的についてこないのだ。

正直言って「これくらいなら自分でも合格できるかも」というのは人間の本能として仕方がないことなのだが、大学受験というのは人生においてかなり重要なイベントである。少しでも多くの人に知ってもらいたいのでここでさらに掘り下げて書いてみることとする。

なぜそのような思考に陥るのか。

現状偏差値30、40の人が何を言われなくとも早慶を目指せるというのは一種の才能でもあると思う。人間の潜在的な欲求を勝手に打破していることを最大限評価されるべきである。

「人間の欲求」と言ってきたが、何が欲求なのかというと…例えばの話、

自分の身の丈にあったものを強く憧れて実際行動を起こすのが基本なんです。

クラスの子に付き合ってくださいと告白されて、「ごめんやっぱ諦められねぇ!俺は乃木坂の生駒ちゃんと付き合いたいからごめん!」って真剣に振る中2ボーイはいないと思うんですよ。

明らかに自分の世界から遠すぎて、ほぼ到達しない領域に存在している対象に対して強く憧れを抱き独占欲が他を支配することにはならないんです。

逆にこれが読モとか俳優とかで芸能界で近しい存在に位置する人は、到達する領域に存在しているので「ごめん俺は乃木坂の生駒ちゃんと付き合いたいから」はわりかしあり得る話なんですよ。ちなみに桜井日奈子ちゃんはランクが違いすぎて大正義164㌔の奇跡こと大谷クラスにならないと厳しいと思います。読モ程度じゃ話にならない。たぶん事務所と俺が許さないと思う

年収300万のサラリーマンはポルシェではなくて燃費の良いハイブリッド車であるプリウス(テキトー)系を目指す方が多いと思うし、これが年収1500万ならポルシェを目指せますよね。

「カイエン乗りてぇ」のハンカチの彼も我々には到底超えられない高給取りですしね。

高校生がロレックスかっけぇってならないと思うんです。高校生ならダニエルウェリントンとか、G-SHOCKを欲しがったりするんじゃないでしょうか。

ちょっと大人の僕くらいになると、ロレックスじゃなくていいから、ロレックスじゃなくていいから!!!せめてオメガでいいから、いやもうタグホイヤーでいいから(切実)ってなるんです。手が届く値段だから。

中流家庭は都内に家を持つのは厳しいからベッドタウンの存在が重要なんでしょうけど、年収億超えるとなぜかヒルズを目指すんです。港区のマンション(高層階)を抑えておくんですあいつらは。

芸能人が芸能人同士で結婚したり、アナウンサーが野球選手と結婚したり、社長がグラビアアイドルと結婚したり、ハリウッドスターがハリウッドスターと結婚するのもまた身の丈にあったものを潜在的に目指している証拠だとも思うんです。

※もちろんわりかし多いってだけで、例外も圧倒的に多いです。絶対的な根拠ではありません。

潜在意識をより強固にする作用

こんな感じで、自分の身の丈にあった大学をネットなりで探して

わーお、なんかいいこと書いてあるな、わーお就職もすごいところ入ってるやん!わーお学べることも面白そう!

オープンキャンパス行ったろ!わーおキャンパス綺麗だし、雰囲気もいいし、教授すごいいい人だ!

ここがいい!!!!!!!ここでしかできないことがある!!!

このように視野が狭くなってしまうわけです。

とむ「で、他の大学はどんだけ調べたの?」

もうこのようになってしまうと他の大学への個人的評価で公平公正に判断ができなくなる。

「これだけ自分で調べて自分が本気で行きたいと思った大学を3流呼ばわりされて悔しいです。」

とむ「なんでその大学を志望したの」⇒高校生「ここの教授は〜で、〜はここでしかできないらしいです」

とむ「その教授〜大学でも授業持ってるし、本当にそこでしかできない?(URLチラッ)」

高校生「…..。」

ってことが1回だけありましたね。自分で調べること、主体性を持つことは非常に素晴らしいことですが、違う方向に進んでしまうのはよろしくないことです。

これは僕の実際体験でもあります。

早稲田を目指さず中央法を目指したり、その前はなんとなくかっこいいから青学を目指したのも同じような原因です。

どうすればいいのか

志望するのに一番最高ランクを目指して一切の損は無いのだから、なんで志望しないの?としか言えません。

僕自身偏差値40からのスタート、夏まで運動部、それで偏差値20以上上げての合格ですから

少なくとも早慶なら最底辺から1年あったら物理的にも到達しうる領域だと思うんですよ。その証拠を身を以て示してるはずです。

(ちなみに国立は話が違うんで除外しますけど。)

偏差値40の人が控えめに志望校選択をしたとして、この人が偏差値50・55と上がっていった時

「自分には可能性があるかもしれない」
「もっと上を目指せるかもしれない」

このような思考に変わってくるのが基本です。なので受験勉強を始める際に、志望校を明確に決定しておくことはナンセンスとも言えるかもしれません。

やりたいことが完璧に決まってて、それ以外は御免だよって場合を除いて、とりあえずはてっぺんを目指し、自分の能力を向上させてから、(自分の身の丈にあう領域を拡大させてから

公平公正な気持ちで進路を決定することが有力な受験戦略として採用されてもいいのではないでしょうか。

高1高2の段階で志望校はニッコマ・MARCHあたりですって言ってる人が腐る程いるのでとりあえず忠告しておきました。

では

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ランキング参加中です。こちらの記事が役に立ったと思ったらよかったらクリックをお願いします!あなたの1クリックが更新のモチベになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

質問・相談は随時受付中です。お問い合わせやコメント欄からお気軽にご利用ください。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください