質問回答)二次で使用する教科のセンター対策に有効な教材は無いと思います。二次への勉強でok

ダウンロード (6)

質問内容

夏休みあたりからセンターの過去問に入る予定なのですが、何年分解くべきでしょうか?
また、センター過去問に入る前にやるセンター対策のオススメの参考書を教えてください

阪大文系志望で、二次は国数英です。
理科社会は基礎→過去問のつもりで、国数英に関しては何かやってから入りたいと思ってるので教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

回答

はい、回答していきます。遅れて申し訳ありませんでした。

内容としては2つですね。

■センター過去問は何年分解くべきか?

過去問は「〜〜年分解いたらどうにかなる」というものではなく、

基礎⇒(応用)⇒演習 とやっていき、演習の結果によってそれまで勉強して蓄えてきた記憶の欠落⇒修復、勉強内容への正誤判定に使うものになります。

※勉強内容の正誤:実践の場では効果的でない意識・方法

「1年分」というのは教科全体の中の断片的なものにすぎずある年は9割取れた、ある年は7割しかとれなかったという現象があたりまえのように発生します。

センターの内容は基礎的な部分が大半を占めており、複数年度こなしていくことでその年数分の「穴」を見つけて埋めるという行動がとれる点に価値があります。

基本的には阪大だと全教科8割以下は何があっても得点しないというレベルに達するまでは基礎の穴を埋める為にやっていかねばなりません。

また2次への勉強がセンター対策を兼ねるという場合が多いので、特定教科への対策にナーバスになる必要はあるのかなー?とも思います。

一応の目安ですが

英語:5〜7年(ほとんど対策不要、形式が変わっているので部分的に問題集を使うことで補う)
国語:10年分
数学:10年以上〜 目標達成するまで
社会:15年分
理科:10年以上

目安ですので、これ以上やる必要もあるし、逆も然りです。

■センター演習前の教材としてオススメのものはあるか?

ないっちゃないですね。センターの解法に特化した参考書兼問題集ってことですよね?
それより重要なのは基礎⇒演習のうちの「基礎」部分の教材です。何をどう使用するのかを考えた方が期待値は高いです。

特に国数英は2次で使うわけですし逆に理科社会でなにか使うのならわかるんですが、国数英はそのまま移行した方がいいとは思います。

実を言うと、時間が無い人向けに小手先のテクニックを教えるような教材はあります。
センター試験必勝マニュアルって奴ですね。

現代文古文漢文はやってもいいと思いますが、数学英語はそのまま演習に入っちゃってください。

逆に社会理科は「センター教科書」「マーク式基礎問題集」等で徹底的にセンター対策をした方がいいですね。

以上です。なにか不明な点がありましたらコメントください。

下の画像をクリックしてYouTubeの動画を確認!
BeFunky Design5

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。