質問回答)参考書ルートと使用時期のアドバイス 

ダウンロード (6)

質問内容

お久しぶりです。
今年の受験は全滅してしまい、まだ後期が残っているのですが、前期と違って試験の特徴や過去問があまりないようなので浪人生として今から勉強していきたいと思っています。
ですので、改めて参考書ルートと使用時期についてアドバイスお願いします!
一応、志望校は慶應法にしようと思っています。(明治の試験会場で周りが慶應志望生ばかりだったので…笑)

【英語】
→文法・解釈の復習とセンターレベルの長文を夏前までに修了し、早慶レベルの解釈→多読+演習へ。

「一億人の英文法」
→現役時に一度やった内容なのでサラッと復習。飽き防止の為、他の参考書に載ってないような情報の多そうなこの本を。
「英文法・語法 engage」
→現役時は「英ナビ」を使っていたのでネクステ系は初めてで、レイアウト的に好みなのを選びましたが到達度が心配です。大丈夫でしょうか?
「英文読解の特別講座」
→一度やった参考書。ザッと確認。
「キムタツ式英語長文速読特訓ゼミ センターレベル」
→単純な問題演習が不足していると思った為、適当に購入。後期試験まではこれを優先させた方が良いでしょうか?
「top grade 英文問題精選」
→ポレポレの代わり。腰を据えてやるならこちらの方が良いかと思ったのですが、代用は効きますか?
「英語長文がロジカルに読める本」
→二周済み。本書の長文なら初見でも割とできるのに他の長文に活かせない…
「リンガメタリカ」
→多読用。内容が好みで、実は現役時にちょっとだけ手を出しました。笑
「読み解き英語長文500/800」
→上と同じく内容が好きそうなテーマ系の長文問題集。

【日本史】
→夏前までに残った教科書作成とセンター対策を終わらせ、実践演習へ。

「詳説日本史」
→原始・近現代は作成済み。賀一先生が言ってたことをすべてメモしたのですが、自分の理解に活かすか最悪忘れてもおkな情報が多く、かなり醜くなってしまったのでもう一度作成し直しも考えてます。時代と流れ→一問一答→用語集の順番でその都度マーカーや書き込みを増やす形(実況中継での理解と並行させない)でも問題ないでしょうか?
「時代と流れで覚える日本史B用語」
→復習。教科書再作成も兼ねる(?)
「センター過去問」
→現役時、ここがハードで折れました。。。調べてみると対策系の本を挟むと良いそうなので「完全MASTER」というのを考えていますがどうでしょう?
「実力をつける100題」
→「標準問題精講」と「究める日本史」との違いがよく分からないのですが、とりあえずレイアウト的に好みだったので…
「速攻日本史B頻出テーマ一問一答」
→「一問一答 完全版」が全く使いこなせる自信がないので、薄くて使い易そうなものをとりあえず書いてみましたが、どうなんでしょう?(完全に『妥協』です。笑)

すみません…一言ずつ選んだ理由を付け加えるだけのつもりだったのですが質問が多くなってしまいました。
全部じゃなくてもいいのでご回答いただけると嬉しいです。

回答

遅れて申し訳ないです。新年度への移行期間でちょっと忙しくて(汗)

ありがとうございます回答していきます。結果は残念ですが、すでに前向きに準備しているみたいですばらしいですね。今年どんな結果になろうとも頑張ってください。

では質問部分を切り取って回答していきます。

【英語】
→文法・解釈の復習とセンターレベルの長文を夏前までに修了し、早慶レベルの解釈→多読+演習へ。
もーーちょい速いペースだと安心かなーと思いました。夏1〜2ヶ月くらい前から早慶レベルの勉強に移行するくらいの余裕があるといいですね。

「英文法・語法 engage」→現役時は「英ナビ」を使っていたのでネクステ系は初めてで、レイアウト的に好みなのを選びましたが到達度が心配です。大丈夫でしょうか?

⇒基本的に上を目指すわけですので法学部だと慶應・早稲田・上智・中央・明治 あたりは受けると思います。
情報量は大丈夫だと思うんですが演習形式を多様化させたいですね。ファイナル緑や赤を最終的にやってもらいたいです。

「キムタツ式英語長文速読特訓ゼミ センターレベル」→単純な問題演習が不足していると思った為、適当に購入。後期試験まではこれを優先させた方が良いでしょうか?

⇒優先させるとしたらそうですね。現状の費用対効果的には最適だと思います。
結果として浪人する場合になったら、速読に関してはハイパートレーニングの方を強くオススメしておきます。

「top grade 英文問題精選」→ポレポレの代わり。腰を据えてやるならこちらの方が良いかと思ったのですが、代用は効きますか?

⇒効きますけど、たぶん時間はかなりふんだんに使えるはずなんで、どっちもやってもいいと思いますよ。ひたすら英文解釈力積み上げ!!って感じでいかがでしょうか。

「英語長文がロジカルに読める本」→二周済み。本書の長文なら初見でも割とできるのに他の長文に活かせない…

⇒これは徹底的に周回した後、客観問題の解法編までいってようやく完成だと思いますので是非今後も注力してほしいです。

あと何かしらアドバイスするとしたら、「単語」ですね。中央法の過去問とかもやったはずなんで「単語」への意識の違いが失点を生むというのが理解できたと思います。
単語は複数訳、派生語から同意語まで即座に言えるようなレベルに到達した上で速単上級やリンガメタリカを多読しておくと怖いもんなしでしょう。

では日本史に移ります。

【日本史】
→夏前までに残った教科書作成とセンター対策を終わらせ、実践演習へ。

⇒こちらはいいと思います。センター対策というかセンター25年分やると早慶でも戦えるレベルになるくらいなんで、夏前までにセンター対策を完了できたら完璧ですね。

「詳説日本史」→原始・近現代は作成済み。賀一先生が言ってたことをすべてメモしたのですが、自分の理解に活かすか最悪忘れてもおkな情報が多く、かなり醜くなってしまったのでもう一度作成し直しも考えてます。時代と流れ→一問一答→用語集の順番でその都度マーカーや書き込みを増やす形(実況中継での理解と並行させない)でも問題ないでしょうか?

教科書は何度も読むものになりますのでなるべく自分が読みやすいように、必要にして十分な情報量を入れるくらいのレベルが望ましいです。
もし一目見て明らかによろしくないと思うのであれば教科書を新しくして、演習⇒線・書き込みを増やしていくのがいいでしょう。

「センター過去問」
→現役時、ここがハードで折れました。。。調べてみると対策系の本を挟むと良いそうなので「完全MASTER」というのを考えていますがどうでしょう?

それ知らなかったです(笑) 去年発売されてたみたいですね。
説明文を見てみるとかなり具合がよさそうです。近く購入してみようとは思いますが良さそうですね。「センターで学ぶ日本史」より使いやすそうなにおいがぷんぷんしてます。

先にマーク式基礎問題集正誤問題 とかでも良さそうですけどね。

「速攻日本史B頻出テーマ一問一答」→「一問一答 完全版」が全く使いこなせる自信がないので、薄くて使い易そうなものをとりあえず書いてみましたが、どうなんでしょう?(完全に『妥協』です。笑)

これは難しいですねー。というのもアウトローな教材で僕も分析してない教材だからです(笑)一問一答への姿勢なんですが…

日本史=教科書の内容が充実しすぎている=教科書の内容を極めるのが究極に難しい=教科書の内容を文字通り完璧に出来たら早慶でも6〜7割は取れる

…わけです。それなのにMARCH志望あたりの人でも金谷を徹底的にやって教科書を疎かにしてしまうからセンターや一般でも点が取れないっていう(汗

それを前提(教科書を完璧にすること)に一問一答を選択するとなると「できるだけ網羅されていて教科書の内容からできるだけ逸脱している」ものを選ばないともったいないですよね。僕は一問一答の王は金谷だと思ってますし、全国のライバルは金谷の☆0まで極めてくる以上、僕は東進をお勧めします。

もしあれなら、時代ごとに切り取って小冊子にするとモチベあがると思いますよ。(これ意味わかるかな笑)裁断するやつです。
電子書籍 自炊 とかで調べると作り方の途中までを理解できるはずです。

こんな感じでしょうか。なにか不明な点がありましたらコメントをください!

下の画像をクリックしてYouTubeの動画を確認!
BeFunky Design5

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

9 件のコメント

  • Engageは、問題文の語彙が簡単なのと出題形式がワンパターンだから簡単だと言われてるみたいなので、情報量は心配せず、しっかりランダム系問題集で実践演習しようと思います!

    英文解釈は上のレベルより同じレベル2冊の方が良いですか?
    西先生は「予測と修正」を使った直読型の英文解釈だとは思うですが…早川先生はどんな感じでしょう?

    日本史は時代と流れ+センター→100題+東進一問一答で演習しながら、教科書の再作成をしていこうと思います!
    完全masterのレビューの方、よろしくお願いします。

    • ぶっちゃけどっちか一冊やっておけば十分すぎるんですけども、時間は確実にあまると思うんで言ってみました。
      でもポレポレを普通に使いこなせるくらいのレベルの人ならトップグレードの方が実践的で好ましい感じはします。
      予測と修正なんて難しいことをおっしゃりますねー(笑) ん〜〜〜よくわかんないです← 文章への向き合い方は「英文熟考」に似てる感じな印象ありますね。 

      完全マスターはAmazonで注文するんで少々お待ちください。

  • なるほど、とりあえ1冊やってから考えた方が良さげですね。
    「予測と修正」は英文読解の特別講座で割と分かりやすく解説されてました。
    Chapter7は?ですが、個人的には好きな参考書です。
    関先生はこの後ビジュアルを勧められてるのですが、正直やる気になれないです…笑
    解釈教室の新装版が発売されるようなので、興味はあります←

    • あー関先生の方ですね。あの人の教え方はファンになっちゃいます。
      僕は現代っ子なせいか伊藤先生の著書はアレルギーで、もーちょいレイアウトしっかりしてくれないと使用する気になれないんですよねー。笑
      さすがに内容を変えないと、今の時代の最善手にはなりえないとは思ってます。が、新装となるとに一撃必殺で他の選択肢をぶっ壊しそうで…非常に楽しみです。

  • 本屋で見てきたのですが、個人的には「センター日本史満点のコツ」というのが使い易そうでした。
    完全masterは解説の詳しい典型問題集っていう感じで完全に「演習用」なのに対し、満点のコツは狙われ易い内容や設問形式対策がメインで「インプットの指針」になりそうかなと。
    ただ、一般入試のことを考えると完全masterの方が良いのかなと思ったりで…
    いくつも申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

    • 鈴木先生の教材ですよね。素晴らしい教材なのは確かなんですけども、僕はセンター演習を一般入試力の底上げとして基礎用語と因果関係知識の欠落を修復する為にやるものとして捉えてます。
      なので満点のコツだけでは完了しないんですよね。 だとしたら完全master一択になってしまいます。

  • やっぱりそうですよね。
    センターと一般入試の傾向は違いますし…
    ただ、日本史の苦手な自分には、因果関係への意識がとても難しく、センター試験だけでも「ここを意識しろ!」と明示してくれる参考書は魅力的に思えてしまいます。
    …単純に楽なだけですが。笑
    ここに時間を使ってしまって良いのかという不安もありますが、併用も視野に入れて考えたいと思います。

    • 部分的に重要な部分を理解してしまえば、他の部分の重要な部分も勝手に理解できてしまうもんですよ。
      全部丸ごとやる必要は無いとは思いますが、序盤の意識漬けに使用しても悪くないと思います。
      頑張ってください。

  • とむ先生こんにちは、後期終わりました。
    実は後期のメインで考えていた学校を受験することができず少し悔しい思いをしましたが、切り替えていきます!

    最近、atsueigoさんや独学ラボさんを見てると、ネクステ系をやらずにセンターに取り組むことをオススメされています。
    とむ先生は網羅系文法問題集をやらない、やるとしてもセンター後という方法をどう思われますか?

    ちなみに、まだ文法問題集は始めておらず、今はとむ先生にオススメしていただいたハイトレ…ではなく、その隣に置いてあった「速読トレーニング」というのを使っています。(すみません笑)
    ハイトレも恐らく同じだと思うのですが、リピーティング(サイトトランスレーション?)用のポーズ付き音声が良い感じです。(シャドーイング挫折以来、音読を敬遠していた自分にはそれすらキツイですが…)
    そこで、atsuさんがオススメされている「Core1900」もこのリピーティングが採用されてるみたいで気になっているのですが、速単必修,上級・速熟・リンガの代用になる部分ならない部分、Coreを優先したい場合の流れなどについてもアドバイスいただけると嬉しいです。

    長くなってしまいましたが、よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。