英語長文ハイパートレーニング|紹介・使い方・評価・レベル・対象

imgres-1

英語長文ハイパートレーニング

大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル1 超基礎編大学入試英語長文ハイパートレーニングレベル2 センターレベル編大学入試英語長文ハイパートレーニング (レベル3)

仕様

ジャンル:長文問題集
問題数:全巻全12題

レベル1 超基礎編

出題校:高校の入試問題が中心(なのでとっつきやすい)
レベル:難しめの高校入試(高1レベル)
ワード数:300〜400語

レベル2 センターレベル編

出題校:〜近畿大学・専修大学 等の中堅次第
レベル:センター〜センターよりちょいムズ
ワード数:300〜450語

レベル3 難関編

出題校:成蹊・中央・法政・学習院・早稲田・関西学院・関西・同志社
レベル:MARCH〜難関大
ワード数:300〜500語(12題目は685語)

特徴

①リピートトレーニングとスピード聴解トレーニングの2種類の音声を収録したCDが付属
リピートトレーニング:「速読トレーニング」の英語部分がスラッシュで分けられたカタマリごとに読まれる。
スピード聴解トレーニング:問題英文がナチュラルスピードで読まれる。

左から右へと考える習慣がつき、直読直解能力を養う

②徹底精読と称し、パラグラフごとに完璧に構造把握がなされている。文法的解説も同時になされているので独学者でも使いやすい。

③「速読トレーニング」パートではセンスグループごとにスラッシュがなされており、語幹で一度切る⇒左から右への訳出をするためのトレーニングが展開される
※安河内先生の「英語の勉強法をはじめからていねいに」でも触れられているセンスワードの概念がここで体現されている。
http://daigakudjd.com/benkyouhouschool/

④問題冊子とは別に、白文ページが用意されているので音読への配慮が過保護すぎる。

使い方

1日1題でもokだが、解いていくごとにしっかり成長していってほしい。
音読を合計30〜40回ほどしてから次の文章に進むが吉。

①解く
②解説を読み、構造等を把握できるようにする
③CDを聴く
④リピートトレーニングで訳出が追いつくまで音読を繰り返す
⑤その後スピード聴解トレーニングで訳出・構造把握が追いつく迄繰り返す。
(⑥CD音声を何も見ないでシャドーイングできるようになるまで)
(⑦CD音声を何も見ないで訳が理解できるようになるまで)

この水準に至る迄に40回くらいは必要と予測

もちろん40回全部でCDを聞くわけではなく、
工程1:④⑤を4〜5回ずつ聴きながら
工程2:15回ずつほど単独で意識的音読
工程3:テストとして⑥⑦(出来なければ工程1に戻る)

みたいな感じがいいかもしれない。

一日でやろうとすると2時間くらいかかってしまうが、それに対する効果は絶大なものであるので、やって損はないと考えます。

接続

MARCHレベルでもこの教材だけで完結することは無い。
ハイパートレーニングのテーマとしては「読む能力」を鍛える教材なので、解く能力を鍛える教材へ接続するのは善手だと思います。

論理読解能力が必要であればパラリ1⇒私立は2・国立は3(私立でも記述傾向が強い慶應等は3)

その他長文問題集の良い接続例としてはやっておきたい700

長文問題集のまとめ

英語長文問題集まとめ ※作成中

参考サイトと英語の勉強法

まず、音読はなぜするのか?どのような目標を持つべきなのか?を理解してからやってください。
安河内先生のサイトがあるので、そちらを参考にしてください。

音読ブームにだまされるな!

英語の成績を確実に伸ばす正しい勉強法

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

8 件のコメント

  • いつも拝見してます!
    めちゃくちゃわかりやすいです!
    できればやっておきたいシリーズとポラリスシリーズもしていただけたら助かります。

    • ありがとうございます。たぶん数日以内には更新できるかと思いますので少々お待ちください。

  • また後日でいいので、ぜひDUOと現代文と格闘するについてもやっていただきたいです!

  • 1日5回音読を6日繰り返すようにしているのですが、1日にまとめてやったほうがいいのでしょうか?
    (長文は1日1題とくので1日の合計音読数は同じ30回です)
    また、模試や過去問の復習の時も音読すべきですか?

    • どちらでも大丈夫ですよ。音読目標をしっかり理解しながらやってくれれば回数はあまり気にする必要はないです。
      5回〜10回くらいがちょうどいいと思います。
      やる時間があるならやってもいいんですけど、音声を使用できる速単やそれに加えて構文解説が詳しいハイパー、ポラリス等を「音読教材専用」として使った方が期待値は高いです。
      模試や過去問に関してはしっかり解釈して自己解説できるようにするまではしっかり復習し、どうしても音読しておきたいような趣深い文章に出会ったときだけやるといいんじゃないでしょうか。

  • 今高3の者です。
    「肘井学のゼロからの英語長文」を終えた後に「ハイパートレーニング3」に進もうか考えてるのですが、「ハイパートレーニング2」もやるべきでしょうか?

    ちなみにもしやるなら「ハイパー2」よりは「ポラリス2」の方が良いのかな?とも考えています。

    • レベルがかなりあがっちゃうんで、やるならポラリス2を挟むべきですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。