新着記事一覧
2018年7月16日
NEW! 夏休み計画添削
2018年7月16日
NEW! 日本史 読む作業
2018年7月16日
NEW! 7・8月の予定添削
2018年7月5日
早慶法 計画添削

現代文と格闘する|紹介・使い方・評価・レベル・対象

imgres-6

現代文と格闘する

仕様

対象:早慶・難関国公立志望者、MARCHくらいならわりと余裕な方/国語が難しい・配点が高い等で注力すべき方
問題数:13題
ページ数:圧倒の312P
期間:5週間は用意すべき

◇題名と作者

1 青木保 文化の否定性
2 阿部謹也 『世間」とは何か
3 本田和子 異文化としての子供
4 高井有一 少年たちの戦場(小説)
5 夏目漱石 それから(小説)
6 上田三四二 廃墟について(小説)
7 高橋和己 事実と創作
8 鷲田清一 モードの迷宮
9 日野啓三 東京の謎
10 丸山圭三郎 言葉と無意識
11 山崎正和 演技する精神
12 西部邁 社会科学の落日
13 イ・ヨンスク 『国語』という思想

 

 

レビュー

難しい問題を懇切丁寧に解説してくれている教材です。

基本テーマは「徹底精読」で文章を読みつなぐことを通じて読解能力を底上げしようって感じです。

第一部では現代文の読解に必要なキーワードについての詳しい説明がなされているが、キーワード本をやっている人ならまぁ大丈夫でしょう。

第二部からは「評論」と「小説」について、「文章を読みつなぐ」ということをやっていく。そのためのツールをここで確認します。

評論ツール

◇大切な部分を精確につかむ方法
⑴具体部と抽象部とを読み分ける
⑵強調的表現に注意して、キーセンテンスをつかむ
⑶繰り返されるコトバや文に着目する
◇全体を大きくつかむ方法
⑴文と文の関係を読みつなぎ、段落の論旨をつかむ
⑵段落動詞の「関係」をつかむ
⑶全体の構成を見通し、全体の論旨をつかむ

このような基本ツールを駆使し、難しい文章を「部分的な視点」と「全体的な視点」によってシンプルに読み解いていく=格闘していく 感じです。徹底的な精読と部分要約・全体要約をしますので、まぁ真剣に取り組むことさえできれば読解能力は自ずと向上しますよね。

第三部からは第二部までで得たツールを用いて入試頻出のテーマを扱った例題に取り組んでいくことになります。

難しいですけど、「いやいや何言ってっかわかんねぇよ」「なんでそうなるんだよ」とはなりません。時間はかかるけどじっくり取り組めば、しっかり基礎があればむしろ時間を忘れて読み込んでしまうような内容になっています。

小説の背景知識もしっかり解説してくれてるんで安心ですね。

使い方

問題冊子の序盤にある「使い方」は絶対にその通りに履行してください。

その上で↓

①問題は2〜3部ほどコピーして使用する(のを推奨)
※解説の際に論理展開を確認する用(解く用でやってもいい)・復習の際にマーキング等を正確にできるかの確認用
②読む
③自分なりに部分要約・全体要約をしてみる
④解く
⑤解説を読む
⑥文章の論理展開・読みつなぎ方をコピーしておいた白文を使って確認、自力で要約ができるかを再確認

1題:2日=1ヶ月弱で1冊完成させ、最終的にもう1セット総復習しましょう。

これくらいの余裕を持った使い方ができると心強いです。それを可能にする計画を戦略的に立ててみましょう。

接続

現代文読解力開発講座⇒格闘する で徹底的に「読む実力」を習得してもいいと思いますし

現代文読解力開発講座|紹介・使い方・評価・レベル・対象

問題集からの移行だと、(解説の詳しさや同じ河合からの出版ということでアクセスシリーズを選択しますが)アクセス発展完璧レベルは必須です。

現代文の勉強法

10割を目指す現代文の勉強法  

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

4 件のコメント

  • 最新動画にコメントした二浪の者です。とむさんはラインは活用されてないのでしょうか?ラインだとより質問がしやすくなると思いまして恐縮ながらコメントさせていただきました。

    • 現状では生徒専用にしてます。
      グループ的なものを作って質問内容を共有するためにLINEを活用するのであれば有りですね。
      考えてみます。ありがとうございます。

  • 神戸大、名古屋大、阪大、京大、東大で、格闘するが必要なのは(開発講座で対応できる)どのレベルまでですか?

    • 人によるとしか言えませんが、一般論で回答すると、挙げられた大学は全部格闘するまでやるべきです。
      開発講座はそれらの大学だと、発展対策のステップ1って感じですね。

      開発講座⇒格闘する⇒得点奪取⇒過去問 って感じでどうぞ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください