会話問題のストラテジー|紹介・使い方・評価・レベル・対象

imgres-10

会話問題のストラテジー

仕様

ジャンル:会話問題の参考書兼問題集
ページ数:212p+別冊定型表現パターン200 22p
問題数:トレーニング用20題くらい(細かいんで正確にはわからないです)/演習用全50題(センターレベル15・標準レベル25・応用レベル10)
対象:偏差値60以上の会話問題が出題される可能性のある大学学部の志望者
※長文読解対策が完成していないのであれば優先度を下げること。
使用期間:1ヶ月
目標:本書の内容を熟読して理解し、定型パターンをシートで隠しながら言える

特徴

会話問題用の教材を他に上げるとすればZ会の英会話問題のトレーニングがあります。

英会話問題のトレーニング|紹介・使い方・評価・レベル・対象

かなり単純に分類すると⇩

英会話問題のトレーニング⇒羅列系
会話問題のストラテジー ⇒解法系

って感じになります。

どちらが使いやすいかと言えば、断然河合です。

演習量をこなしたい、センター対策も同時にしておきたい⇒Z会

となりますね。

会話問題のストラテジーは定型表現について理解をしながら知識を整理し、会話問題と対峙した時の着眼点・解法戦略(7+7のストラテジー)
を学べる内容になっています。
定型表現の用いられたイラストマンガを見ながらインプットもできるし、CDが付属しているので聴きながら定型表現冊子で「オウムガエシ」を繰り返せば暗記も効率よくできるでしょう。

注意点

傾向変化

上に、会話問題が出題される可能性がある

と書いました。2017年度入試でも特に難関大の形式変更が全く見られなかったわけではありません。(会話問題に関してはまだ把握してないです)

会話問題が出題されていたのに、無くなった
隔年ごとに出題される
されていなかったのに、急に出題された

パターンがいろいろあって困りますね。

特に4技能重視の時代に入っていきスピーキング能力としての「定型表現」くらいは知ってるでしょ?くらいのスタンスでいきなり出題される可能性もなきにしもあらずです。

センターはほぼ確実に出ますし、幅広く志望する場合はどこかしらは出題される確率の方が高いです。

大は小を兼ねる精神で1冊やっておく計画のための時間は考えておいた方がいいです。

演習量

本書だけでは演習量は足りないですね。

例えばネクステ系の後ろの方にある会話問題や、ランダム系の問題集にも会話問題はあるんで補ってあげてください。

ネクステ系の裏にあるのって、まさに羅列系で覚えにくいんで僕は参考書系から始めたほうがスムーズだと思います。

定型表現

会話問題は解釈力やイディオム力でどうにかなる問題も確かに多いです。

ですが、「定型表現」というのは知らないとどうにもならないものになってしまいます。

消去法で消して確率を上げるだけですね。

what do you do?(職業はなんですか) なんて普通に考えたらわからないですよね。(常識のある人ならわかるかもだけど、僕は始めて知った時目からウロコでしたよ)

必要な労力の話なんですけども

「定型表現を一定数覚えるだけで会話問題の安定感をませる」>>「長文や文法問題で1問2問正解を上乗せする」

こういう構図になります。やれるならやったほうがいいです。そのための計画・戦略をたてられるといいでしょうね。

使い方

使うとすれば入試終盤になると思います。少しでも実践的な記憶になるように意識を高くもってとりかかりましょう。

会話問題というのは言わば「実生活」における会話であって、つまり我々の実際行動の際にも使用できる知識です。

「あっ!このシーン、ストラテでやったやつだ!」ってなったら心の中で英語を使ってみるといいですよ。

◇具体的方法
パート1〜パート3///パート4 で分ける
パート3までで会話問題の解法を学び、パート4で運用する形になるのでしばらくは1〜3を周回する

⑴1日30分〜1時間を用意し、パート1〜3を3周ほど周回する
⑵3周したあとも理解が浅い部分があれば重点的にやる(ここまで2週間以内くらい?)
⑶定型表現をCDを使用しオウムガエシですらすら言えるようにする
⑷パート4を解いていく(ここまでで1ヶ月)
⑸他問題集や過去問でも演習をこなす

英語の勉強法

英語の成績を確実に伸ばす正しい勉強法

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

7 件のコメント

    • 何種類かのレビュー予定があります。
      ちょっとお時間いただきますがご了承下さい。

  • 慣用句の勉強をこの参考書に投げてしまって、熟語帳は句動詞に特化したものを使うのはアリですか?

    • 無くは無いけどオススメはできないって感じでしょうか。
      慣用句というか「会話における定型表現」が重視されてるんで、イディオム的なものは別でしっかりやったほうがいいですね。
      ただ熟語の暗記の山場は句動詞だと思うんで、句動詞特化の教材は誰にでも共通してお勧めできます。

  • なるほど
    独学ラボさんゴリ押しの「つながる英熟語」が分かりやすそうだったので「Always1001」と組み合わせて使おうと思っていたのですが、
    クリストファーバーナードさんの参考書も良さそうかなと思って質問しました。

    • イディオム1000のことですか?いい教材ですけど、費用対効果を考えた時に、時間かけすぎ感が否めないです。(覚えにくいからそう考えるのはもちろん理解できます)
      言ってしまうとたかが熟語なんで、組み合わせると時間はかかっちゃいますしできるだけ避けたいです。
      熟語帳は人によって好き嫌いが激しく、勉強量も方法や暗記能力によって大幅に差が出てしまう分野なんでオススメが難しいです。
      熟語帳はAlwaysでやっていって、暇な時に演習や解説動画が見られる「GENIUS IDIOMS」っていうアプリを並行させるとかもありです。
      このアプリの動画は1000個の熟語がなぜそのような意味になるかを全部解説してますし、同時に同意語や同意熟語まで教えてくれるんで現環境では最強ですよ。

  • ありがとうございます。
    geniusは前に紹介されてたやつですよね。
    とりあえずAlwaysを、単語帳と同じように何十周かしようと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。