英作文ハイパートレーニング 自由英作文編|紹介・使い方・評価・レベル・対象

imgres-17

英作文ハイパートレーニング 自由英作文編

仕様

ジャンル 自由英作文
ページ数 187p
問題数 18+8問
使用期間 1ヶ月

備考:使用対象者
・自由英作文が出題される国公立・難関私立大学の志望者
・早稲田大学文学部・文化構想学部(要約英作文対策)志望者

※早稲田文・文化構想は2017年度入試において従来の要約英作文形式から少し形式が代わり、6〜7語程度の要約英作文に変更されています。
※早稲田文・文化構想学部志望者は「佐藤ヒロシの英語長文記述式がおもしろいほど解けるスペシャルレクチャー」でも対策が可能です。

レビュー

本書は「エッセイライティング」と「要約問題」の2つの分野に対して対策ができる内容になっています。

まずはどのような論理構成(トッピックセンテンス⇒サポート⇒コンクルージョン)でやっていけばいいのか、どの程度自由に作文すればいいのかなどの基本ルールの確認してから実際の問題にとりかかる形です。

自由英作=英作文能力をふんだんに使ってどうにかやるもんだろ?と考えるのもしょうがないことなのですが、英作文能力を使って構成力を鍛えることが勉強の中心になります。

本書ではブレインストーミングの方法まで解説されていますので、正しい自由英作の「練習方法」も学べます。

このようにエッセイライティングで書き方を学んだ後は、そこから逆輸入する感じで今度は構成を抜き出す「要約問題」への対策も可能になります。

自由英作文といえば「国公立」というイメージも強いが、上でも書いたように対策が難しい早稲田大学文学部・文化構想学部の大問5の要約英作文対策が可能です。一つの選択肢にしておきましょう。

使い方と接続

自由英作なのだからもちろん、英作文能力は必須です。その為の教材としてはハイパー和文英訳から移行すればいいでしょう。

英作文ハイパートレーニング 和文英訳編|紹介・使い方・評価・レベル・対象

内容自体は基礎から学べるのでかなり読みやすいです。自由英作文に厚く時間を使える人は多くは無いと思うが、短期集中でできる内容なのでささっとこなしてほしい。

また文法解説部分も既に知ってる内容もあるはずなので、第一部に関しては1日+復習1日で済ませ、問題部分は1日2題ずつくらいのペースでしっかりとブレインストーミングをしながら意識的に勉強をしていきましょう。

また自由英作の内容が高度な大学の場合、一般教養力も必要になります。テーマを見て「???」とならないように、普段から英語や現代文の文章の内容にまで意識して覚えておく、ニュース等のチェックを怠らないことです。「論点」を自らの教養として離さない習慣を作りましょう。

友人と一緒に過去問で議題をピックアップしてディベートしてみるのもいいと思います。私立志望でも早稲田法・政経・国際教養・慶應経済の方は必要ですから普段からやっておきましょう。

英語の勉強法

英語の成績を確実に伸ばす正しい勉強法

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください