質問回答)慶應へのルート添削

ダウンロード (6)

質問内容

はじめまして。実は先ほど英語の教材選択について質問させて頂いたものです。
非常に丁寧なアドバイスをありがとうございました。
トムさんのアドバイスを踏まえて、こちらで各教科の学習の仕方全体について質問させて頂きたいです。
私は慶應志望の浪人生で、平均的なレベルでの模試の偏差値は英語と世界史が50前後、国語の偏差値は60位です。

まず英語のルートは、
成川→基本はここだ!を通読→英語標準問題1100と英文解釈の技術70を並行して取り組む→英文解釈の技術100に取り組む
これを8月までの基礎固めとし、8月あたりから
ディスコースマーカー→ポレポレ→透視図
並行して英作文ハイパートレーニング
10月あたりから
頻出英文法語法1000→ランダム問題集
並行して
英語長文スペシャルレクチャー→やっておきたい英語長文500→700
過去問で完成させたいです。
語彙系の参考書はシステム英単語、余力があればDuoに移行し、
熟語はAlwaysを使用しようと考えてます。

国語は現代文はできるので、古文と漢文については両方ともステップアップノートを使用しようと考えてますが、参考書が無いのが少し不安です。
学校で使用した教科書でも充分でしょうか?

世界史のルート
ナビゲーターと教科書を併用しつつ教科書づくり→教科書読み込み、時代と流れで覚える世界史B用語を解き、また教科書読み込み
ここまでを8月頭までに取り組み、
→正誤問題集、東進の一問一答(教科書を併用しながら)
→実力をつける100、ヨコの流れ理解、地図問題対策
10月あたりから過去問等に取り組もうと考えています。
おそらく予備校も併用することになるので、予備校の予復習とはまた別に自習でこのサイクルを回すことになると思います。
トムさんの記事を参考にしながら大まかな計画を立ててみましたが、流れとしてはこれで良いのでしょうか。
ぜひトムさんのアドバイスをお伺いしたいです。

回答

ありがとうございます。回答します。

この計画のミソは「予備校の予復習とはまた別に自習でこのサイクルを回す」という部分です。

授業のカリキュラム上、計画において過不足がでる場合があります。状況に応じて使わない教材・使う教材・足す教材をしっかり判断してやっていきましょう。

「慶應」までのルートを考えた時、気になった点をあげていきますので、後は環境にそって考えてみてください。

英語

まず気になった部分ですが、「1ヶ月短縮できれば安心の計画」です。

10月から長文問題のスタートはちょっと怖いですね。9月から長文問題演習に入れるとありがたいです。

例えば、予備校で解釈の工程を厚くやってくれるのであれば入門70を切って、基礎100からスタートしても問題ないです。内容に被りがあり、基礎100だけでも十分カバーできます。

後はポレポレ⇒透視図の移行ですが、
⑴基本的にはまずポレポレで解釈は完了させる
⑵問題・過去問演習で解釈力に不安がある場合、時間的余裕がある場合に透視図に手を出す

という感じでいいです。

あとはディスコースマーカーは使用するならポレポレ⇒ディスコースマーカーの順で利用しましょう。

最後に、慶應志望の場合「文法問題演習」が必要な学部は限られるということと、【1100+1000+ランダム】とやるのであれば、最初から成川のOUTPUT1冊で全部完了させてもいい感が否めないです。 成川INPUTを利用するわけですし、OUTPUTの利用も考えていいと思いますよ。

成川の深めて解ける英文法INPUT・OUTPUT編|紹介・使い方・評価・レベル・対象

まとめ
成川基本はここだ⇒1100・(入門70)・基礎100⇒ポレポレ⇒応用文法・ディスコースマーカー英文読解⇒佐藤ヒロシ⇒長文・文法ランダム

完全独学であれば基礎100/ポレポレのあたりでそれぞれそのレベルに対応する長文問題教材を使うと達成度を確認できて安心ですが、予備校の授業で演習してくれるならその復習に全力で取りかかった方がいいですね。

国語

完全に慶應志望であれば古文漢文は必要ないですが、早稲田上智併願・滑り止めにMARCHまで考える場合には計画をたてましょう。

まず教科書の使用は基本的に無いです。使える場面としては「教科書+教科書ガイドで多読」ですが、文字通り多読段階で使えるだけです。

ただ、国語は基本的には英語よりも優先度が低いものですし、比較的覚えなければならない要素も少ないです。

予備校で受講する場合には授業の復習⇒その該当部分をステップアップノートでアウトプットを進めていくという感じでいいと思います。

世界史

基本的な教材選択に問題は無いです。
1点だけ気になるところですが

【ナビゲーターと教科書を併用しつつ教科書づくり→教科書読み込み、時代と流れで覚える世界史B用語を解き、また教科書読み込み】

マーカーで引いた部分は、控えめでいいです。効果はありますが、比較的薄いです。

時代と流れ⇒教科書読み込み⇒正誤・一問一答

こちらの読み込み段階からは1日一定量読むようにしましょう。

やはり、実際に問題を解いてみて「教科書内でどのような部分が出題されやすいのか」を理解してから読む方が意識が集中して効果的です。

時代と流れや正誤問題集をやってから教科書を読むと「なるほどね」って思えるはずです。

こんな感じでしょうか。不明な点があればご相談ください。

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

4 件のコメント

  • 非常に丁寧で詳しい回答、本当にありがとうございます!助かります。
    文法問題集を3冊は多いかな…と自分でも考えていた所だったので、成川のアウトプット編を使用して、最終的にランダム問題集で仕上げることにします。
    英作文はアウトプット編を終わらせた後に取り組めばいいでしょうか?(予備校の授業でも充分かなとは思います)
    9月までに終わるように計画を調整していこうと思います。
    国語と世界史についてのアドバイスもありがとうございます。
    予備校を併用することを考えた計画であること、おそらく併願するであろう大学のことも踏まえての具体的なアドバイスは本当にありがたいです。
    実際に予備校の授業を進めていく上で計画も調整していこうと思います。

    • そうですね。英作文は文法の知識がある程度定着してからやるのがベストタイミングです。
      ハイパーは基礎の基礎からやるんで、予備校である程度やってくれるのであればもうちょい上のレベルからでもいいと思います。

  • わかりました。とりあえず英作文は予備校のテキスト中心で、余裕があれば問題集に取り組もうと思います。
    本当に丁寧にアドバイスして頂き、ありがとうございました!
    これからもトムさんのアドバイスを参考にして一年間頑張っていこうと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください