読んでみて覚える重要古文単語315|紹介・使い方・評価・レベル・対象

imgres-2

読んでみて覚える重要古文単語315

仕様

仕様
ジャンル 古文単語帳
収録総語数 608語
対応レベル 難関大にも対応可

※収録総語数=見出し315個+関連語203語+慣用句90語

特徴

イラスト、図表による覚えやすさ・例文・古文常識等の付録等で受験生の需要にしっかり応えている総合的にベストな教材だろう。

これだけでは足りないという声も多少あるが、古文単語における約600語という収録語数は、難関大に対応する為の語彙数としては必要にして十分な量だ。

これで足りなければ文章中に出てきたものを別で覚えるか、フォーミュラー600に移行するか、さらに古文で難解な読解を求めてくるような大学を志望しているのであれば古語辞典というものがあるわけだからどうぞご利用ください。

一つ一つの古文単語に対して、

❶重厚な解説
❷イラストもしくは図表
❸例文(重要な意味−つまり赤で記されている意味−だけでなく、ほとんどの意味に対応する例文がある
❹まれに古文常識が関連する場合には触れられる

(❸は英単語帳では絶対ありえないレベル)

のように、まるでホテルのスイートルームに宿泊するかのごとくものすごいサービスが提供されている感じ。
imgres-3

例えば他単語帳の「ゴロゴ」だと、重要語はイラストや解説があるが、そこまででも無い語だと例文・解説・イラストすらお粗末な内容になっているのでそれと比較するとこの教材の素晴らしいところが見えてくる。

たまに英単語帳に例えるとどれですか?という超絶難しいコトを聞かれるので一応僕的な感覚で例えるが

DUO ってことにしておきます。(小声)

注意点

そこまで触れておくことは無いが、

例文が豊富なので文法入門的教材を1冊やって動詞の活用や助動詞についてある程度の知識をいれておくと解説の内容も理解できるので重厚なサービスを最大限活用できる。

学校の授業も置いてかれているような初心者だと情報量が多くてパンクしてしまう可能性はなきにしもあらず。その可能性におびえる場合には、マドンナ古文単語のような語数少なめの教材から始めるといいかもしれない。

英単語と違って覚える絶対量は少ないので、腰を据えて短期で完成させるのも良し、他教科との兼ね合いで空いてる時間を活用して長期的に完成させるのも良いので自分の現状にあわせてやっていってほしい。

古文単語は英単語と違って現代語との乖離が強いものがあって混乱したり、文章で触れる機会も少ないので覚えづらいという人も多い。

自分にあった教材を使うのが一番なので、315がベストといっても315にこだわる必要は無い。

僕自身、現役時代はゴロゴでインプットしていた。例文が少ないとか、解説が足りないとかあるが、565でしっかり合格点をとったし、むしろ稼いだといえるレベルだった。315で慣用句とか関連語として記載されている語もゴロゴでは「見出し語」としてゴロで覚えられる点に優位性がある。

このあたりの特徴を踏まえて教材の選定をしてほしい。

ただ一つ、この教材は「ベスト」であるということは主張したい。

古文の勉強法

初学から偏差値70を目指す人の為の古文の勉強法(編集中)

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください