基礎からのジャンプアップノート 現代文重要キーワード|紹介・使い方・評価・レベル・対象

imgres-5

現代文を深く読み進める為には語彙力がモノをいう場合が多い。

日本語をあやつる我々日本人が現代文を読めない原因だ。

受験生の多くはそこまで手が回らないか、もしくは1冊程度キーワード本を修める程度で終わるだろう。

コツコツコツコツ知識を入れていく分野なので何でどうやるかというのは人と差を付けるポイントになってくる。

一般的にお勧めされているキーワード本は「読物」としての使用が基本だが、これらの弱点としてはアウトプットする場が無いということだ。

このページでは、1冊でインプットアウトプットの役割を持っていて、とりあえず修めておけば必要にして十分な語彙力が手に入る代物を紹介する。

基礎からのジャンプアップノート 現代文重要キーワード

仕様

ジャンル:現代文キーワード
対応レベル:MARCHレベル
※より現代文を重視したい人は現代文キーワード読解などに接続するといいが、文章中に出てきた初見知識をインプットしていくという形でもいいとは思う。
理想完成時期:理想は高2まで。
現実完成時期:高3夏迄。

特徴

まず著者の河合塾講師の梅澤先生であるが、以前紹介した全レベル別問題集現代文の作者でもある。

全レベル別問題集 現代文|紹介・使い方・評価・レベル・対象

全レベル別の過保護さが、このジャンプアップノートにも表現されていて語彙を積極的に学びたくなるような教材になっている。
imgres-6

❶レイアウト
⇒文字が大きく、図解説もあるので学習意欲がわくし、理解しやすい
❷テーマ別
⇒語彙だけでなく、論点・常識を同時に学ぶことが出来る。
❸例文・実践問題
⇒文章中で学んだ語彙をアウトプットできる

imgres-7

現代文キーワードが習熟したかどうかを判断するためのアウトプットの場は普通の人だとほとんど無いと思う。

学んだ知識を即アウトプットできる本教材は特に独学でやっていこうという受験生にお勧めできるだろう。

使い方

実践的な文章でアウトプットするということは、論理的な読解を意識できるような人が使うとより効果的だ。

現代文…なにをやればいいかわからないからとりあえず語彙をやっとくか!で本教材を使うのはもったいない。

少なくとも1冊「現代文とは何か?」を教えてくれる教材を終えてからやるといいだろう。オススメをあげるとしたら
船口のゼロから読み解く最強の現代文
田村のやさしく語る現代文

ここらへんですね。

とにかくインプット⇒アウトプットを繰り返すしかないんで…

❶解説部分でインプット
❷問題を解いてアウトプット
❸例文や実践問題でもアウトプット

これを5〜6周すれば身に付いてくるはずです。

根気がいるとは思いますが頑張りましょう。

現代文の勉強法

10割を目指す現代文の勉強法  

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。