富井の古典文法をはじめからていねいに【改訂版】|紹介・使い方・評価・レベル・対象

imgres-8

富井の古典文法をはじめからていねいに

仕様

仕様
ジャンル 古典文法参考書
必要レベル 初学者〜
到達レベル 文法基礎完成
使用期間 1〜2ヶ月

特徴など

俗にいう「富井のはじてい」

この教材は古典文法を理解し、覚えるという点において非常に戦略的な構造であり、過保護な配慮がなされている。

具体的には『講義パート』と別冊の『古典文法完全秒殺マニュアル』に分冊されており、マニュアルは活用表や助動詞接続・敬語などのまとめが大きめの文字で書かれているので見やすくなっている。

また助動詞接続を替え歌を用意して暗記の苦痛を軽減するような配慮がなされているも点ありがたい。

さらに講義音声を東進ブックスwebでダウンロードできる点もナイス。声優の井上喜久子さん(17歳)を起用する富井の采配力。

レベルとしては動詞の活用から初めて形容詞、形容動詞、助動詞、助詞、識別、敬語と基礎部分を網羅的に扱ってくれている教材なので0スタートの初学者にも、理系の受験生にもお勧めできる。

使い方

先に全体をざーっと読んで把握するのではなく、1章ごとに完璧にしてから進むというスタンスがいい。

英語の文法の勉強とは性質として少し異なるために、英文法より圧倒的に覚える量が少ないのにも関わらずなかなか覚えられないという事態に陥ることがある。

古典文法の勉強はとにかく「唱える」「自己解説」の繰り返しなので、講義で理解した後にいかに頭の中で整理できるかが勝負の分かれどころになる。また学んだことをステップアップノートジャンプアップノートのようなドリル形式でアウトプットしながら先に進んでもいい。

(×)講義を読んだ⇒ドリルやろう
(○)講義を読んだ⇒徹底的に活用や意味を唱えて瞬間的に引き出せるようになった⇒ドリルで最終確認しよ

接続

一度文法を学んだ後は、実際の入試でどのように文法知識が問われるのかを理解しながらより深めていけるような教材を次に接続したい。

となると、古文上達基礎編はジャストミートな教材ではないだろうか。短めの文章の解釈や文法知識を直に問うような内容を展開してくれている。

その後の、「読解」というパートに入っていった先では教材の選択肢が広く、個人のセンスや好み、志望校のレベルによるだろう。

古文読解のはじてい/吉野/元井太郎/岡本/山村….

自分にあった教材を探してほしい。

古文の勉強法

初学から偏差値70を目指す人の為の古文の勉強法(編集中)

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

3 件のコメント

  • スタディサプリの岡本りな先生が出してる参考書と古文単語ゴロゴもお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください