6月の勉強ストラテジー

images-1

月ごとでおおまかな計画をたてるというのが、大勢にとってやりやすい方法だと思うのだが、

例えば9月は夏の振り返りと過去問で敵と自分の能力の差を調べるべき1ヶ月だというのを以前書いたことがある。

9月、秋からの勉強ストラテジー

では6月というのは一般的な段階としてどのような1ヶ月にすべきなのだろうか。

個人的な戦略としては2つ上げたいところだ。

前提条件

勉強には人それぞれ様々なバックグラウンドがあって、開始した時期や受験区分の差などで一概には言えないのだが

この記事で取り上げるのは高2の2月-つまりセンター試験や私立一般入試からちょうど約1年前に勉強を開始した受験生だと仮定する。

つまりすでに勉強開始から4ヶ月は経っていることになる。

結果を出すこと

この4ヶ月目での理想は結果が出ること、もしくは結果が既に出ていることだ。

勉強は最低3ヶ月はやらないと結果がついてこないということを聞いたことがあると思うが、さすがに4ヶ月やったら何かしらの成果がでていないといけない。

成果というのは単純に「模試などで点を取ること」だけではなくて、

あからさまに以前の自分よりも知識が上積みされていて、このままの通り勉強に励んでいけば時間がどうにかしてくれるであろう】という主観的な認識だ。

これを結果とか成果と呼びたい。正直な話、模試で点を取るということは間接的な些細な要素にすぎない。

模試で点が取れているからってそれが100%成績向上したとは言えないだろう。

テキトーにマークした問題がたまたま正解しただけでも下手したら偏差値が1上がるかもしれない。

たまたま前日に復習したところが出題されたからよかったけど、そこ以外が出題されたら終わってただろうな…なんてこともあるはずだ。

偏差値が自らの実力を完全に映し出している存在だとは絶対に考えてはいけないということを肝に銘じておいてほしい。

勉強における主観的な部分というのは、危険な存在ではあるが、危険信号を察知する敏感なセンサーでもある。

どんなにプライドが強くて、自分流でやっていきたいと考えている受験生でも【本当にこの勉強をこのままやっていって大丈夫なんだろうか】こう感じるのが普通だ。

この6月段階というのは、言わば最後の矯正時間だと捉えるといい。

結果を出せた受験生⇒そのまま注意深く前に進めばいい
結果が出ない受験生⇒0から自分のダメだった点を見直していけばいい。

まだ間にあう時期だ。これが7月・8月になったら遅い。100m走のスタート直前に、やっぱりスパイクのサイズが気に食わないんで変更しますって言ってるようなもんだから。

この6月、いろいろな変化を考えるべきだ。

「この塾の方針は理解不能」⇒塾・予備校の変更を考えればいい
「この教材わかりにくいな」⇒計画を立て直せばいい

6月いっぱいが時間制限だ。

勉強体力の最終調整

私立志望の現役生の場合、理想勉強時間をシンプルに表現すると

6月:平日4時間/休日7時間
7月:平日4時間/休日8時間
8月:平均9時間

このようになる。え?浪人生も知りたいって?

4月:10時間 5月:10時間 6月:10時間 7月:10時間 8月:10時間 9月:10時間

人生切羽詰まってんだからこれくらいやろうね。
imgres-10

夏休みが天王山と呼ばれる所以は、(部活生を除いて)

普段休日しか実現できないような勉強時間を、1ヶ月以上連続で確保することができる
⇒インプットスピードの向上や、復習時間を多く作れるので結果として成績を上げやすい

ということだ。浪人生は毎日が天王山ってことですね。

つまり夏までに必要なことは以下のようになる。

❶夏休みに連続で一日8時間〜12時間以上勉強できるような精神力・体力を獲得すること
⇒つまり6月・7月段階で少なくともその80%・90%くらいの勉強時間で身体をならしておくこと。

❷精神力・体力を獲得する=勉強における秩序の獲得 に近い
⇒やってることが結果に結びつかないとわかってしまっている勉強が続くわけが無い。
⇒結果を出す為の方法や意識の改善(上で完璧に同じことを書いた)

簡単に言えば、

やる⇒結果がでる⇒やりたくなる⇒やる⇒結果がでる
やる⇒結果が出ない⇒やりたくない⇒やらない⇒そろそろさすがにやるか⇒やる⇒中途半端で結果が出ない⇒就職

ですね。負のスパイラルに陥らないようにね。

❸成績が伸びるのは「演習」段階。夏休みの大多数を演習に割けるような計画だとベスト
⇒夏休みから英単語とか、英熟語とか、英文法とか、古文単語とかをやるのはもったいなさすぎる。

以上。まだ時間はある。

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。