高校英文読解をひとつひとつわかりやすく|紹介・使い方・評価・レベル・対象

imgres-8

英語の入門書としてオススメの教材を紹介する。

カラー&イラスト多めで、文字も大きく読みやすい…とっつきやすさも抜群です。

高校英文読解をひとつひとつわかりやすく

仕様

  • ジャンル:英文解釈
  • レベル:入門〜
  • 対象:センター130点以下は念には念をいれて(高1から使えます)
  • 使用期間:受験生は1週間で1周+もう1週間で2周(完璧になるまで繰り返す)
  • 備考:音読用のCD付属

特徴

中学〜高校レベルの入門・超基本事項をこれ一冊で完了させることができる。

そもそも〜〜って何?から始まるのでありのままを理解していけば事足りるはず。

品詞への意識・構文を把握する習慣漬けの部分を終始求めてくるので、その後の勉強の質を高いものとしてくれる効果が期待できる。

解説はいちいち詳しすぎるレベルであり、教材自体も薄めでモチベーション維持的な部分でもグッド。

2294_1
掲載されているテーマは?

読解英文法部分が多め。これによって「基礎徹底そこが知りたい英文読解」の上位互換的な地位であると評価できる。カラーでかわいらしいイラストが無理…って人でない限りこちらの方が使いやすいだろう。否定や挿入などの重要構文も触れているのもありがたいところ。

使い方と接続

入門的教材なのでこれ1冊で完了することは無い。上位教材にどんどんレベルアップしていく必要がある。

しかし、本教材で入門的要素を学ぶために他教材の解説を参照する必要がないくらい解説は優しくしてくれているのでまずはこの1冊だけに注力しよう。

ペースは?

解説が厚い分、掲載量は薄い。

1テーマに対する練習問題も5題前後と少なめなので、周回を意識して1日にこなす量を多めにしたいところ。

受験生ならば1周目は1日8講〜、2周目は15講くらいが基本。とっとと完璧にして次へ進もう。

接続は?

大学受験レベルの基本書⇒単文解釈と進みたい。

本教材の構成が使いやすいな〜と思った方は東進渡辺だと同じような構成なのでいいかもしれない。

渡辺のとことんわかる英文法|紹介・使い方・評価・レベル・対象

基本書+単文解釈の要素が強い今井英文法なら一石二鳥だし、より網羅的で優しく詳しい解説を求めるなら成川深めて解けるだろう。

成川の深めて解ける英文法INPUT・OUTPUT編|紹介・使い方・評価・レベル・対象

※今井はまだ記事未作成

今井以外を選ぶ場合は、肘井の読解のための英文法がおもしろいほどわかる本を単文解釈教材として導入しよう。構文把握等が完璧になされていて、本教材との接続にかなり相性がいいはず。

使い方は?
  1. 左側のページをよく読む
  2. 右側のページの問題を解く
  3. 解説を読んでマル付けをする
  4. CDを使いながら音読目標まで音読を繰り返す
  5. 翌日、復習として前日分の「音読用英文の一覧」で音読
  6. 総計の音読回数目標は1文×30回以上

※初めて問題を解く際は、直接書き込まずに他の紙に書いて使おう。
※構文を取るなどの指示がある場合は絶対にやること。

音読目標って?
  1. スラスラとつっかえることなく読める
  2. そのスピードに訳出が追いつく
  3. そのスピードに構文把握が追いつく

英語の勉強法

英語の成績を確実に伸ばす正しい勉強法

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。