新着記事一覧
2018年7月16日
NEW! 夏休み計画添削
2018年7月16日
NEW! 日本史 読む作業
2018年7月16日
NEW! 7・8月の予定添削
2018年7月5日
早慶法 計画添削

逃げ腰の受験生の間で毎年話題になる『資格で学歴を補うは可能』なのか?

ダウンロード

大学受験の勉強が上手くいかなくなってくると、上位大学を諦めて相応の大学を目指すようになってくる。

それで進学する場合もそうだし、目指すことを諦めた段階で

大学 就職」 「資格 就職」「浪人 就職

という検索ワードが頭の中に入ってきてしまい、勉強が手に付かなくなってしまう。

大学受験の失敗を大学在学中にどうにかしてやろうという気持ちがあるのはすばらしいことだが、これに関する私見を述べていく。

武田塾の動画

ちなみにこのような記事を作成しようと思ったのは武田塾のとある動画を観たからです。

動画内において「予備試験」とありますが、能力を示す上では最強のツールですけども、予備試験に受かる人は新司法試験にもほぼ受かるし、その場合は法曹を選ぶでしょうね。当然の話ですけども。

資格で逆転は可能!?

単刀直入に言って、逆転は可能です。

がしかし、動画内で触れられている「大学名で差を付けられる」というのは

  • 早稲田と明治
  • 明治と法政
  • 法政と日本

のような僅差の勝負であり、早稲田を目指してたけどニッコマも合格できなかったっていうようなセンスの人ではそもそも資格試験は手に負えないでしょう。

また、可能ではあるが不可能という場合も否定できません。矛盾してますけどね。

極端な話、

  • 自分より上のレベルの大学の就活生が同じ資格を取っていたら意味が無い
  • 業務上、必要な資格は強制的に内定後に取得させられる

特に、必要な資格を臨機応変に取得してくれるような人はどういう人か

信頼度が高い人=高学歴な人

ですよね。大企業の中でも一流企業が求める人材というのは最低限柔軟に立ち回れる知能を持っているということです。

このような場合に、泣き寝入りしないといけないのは学歴の低い人が『基本』になります。

勘違いしないでほしいのは、学歴というものは絶対的なものではなく、コミュニケーション能力や忍耐力(体育会所属とか)、容姿(清潔感)などでも対抗できます。

採用のための要素の中で「最低限の学歴」がピラミッドの頂点にいるというだけです。

最低限の学歴とは?

理想としてはMARCHで必要にして十分、ニッコマ上位学部なら戦えるという程度です。

だから同じコミュニケーション能力、忍耐力、容姿を持った候補者2人がいて、どちらか一方しか採用できないとするのであれば、後は学歴で一発決定しちゃえばいいじゃんって話に持っていかれてしまう可能性を否めないというわけですね。

資格はどのように有利に働く要素になるのか

新卒就活者にとっては、大きく分けて2つあります。

  • 業務上の即戦力
  • 自己の能力を証明するツール(他者との差別化ができる最大の話題)

例えば「宅建士

上位大学に合格できる人なら当然のように取得できる資格ですね。不動産関係だけ必要かと思いきやいろいろな業界でも必要になってくる汎用性の高い資格です。

宅建業を営む場合には事務所には資格保有者5人に1人の割合で配置しないといけませんから、資格を持っているにこしたことはないですよね。新卒である以上、実務は経験していませんがそんなものはやっていくうちにすぐマスターできますし、

いざ資格を取ってくれ!といっても試験は1年に1回、合格したとしても実務講習で2ヶ月ほどかかります。

資格の中でも入門レベルですけども、合格率は15% 受からない人は受かりませんね。(早稲田とか明治の倍率知ってる?)

即戦力になりうる資格であり、業務上関係ない職種であっても自己の能力を証明するコスパに優れた資格だと思います。

これは学歴に対抗する1つのツールとなりうる資格ですよね。

その業界に関する資格を持っていることで「どうしてもこの業界で働きたいんだ!」という姿勢を嘘でもいいから見せることができますしね。

一撃必殺の資格!?

資格の中には在学中に取得できれば一撃必殺の資格がいくつか存在します。

  • 公認会計士
  • 弁理士
  • 司法書士(これは微妙だが、自己アピールの材料にはなる)
  • 税理士
  • 不動産鑑定士
  • 英語系資格高得点⇒米国公認会計士等
  • (日本語・英語・あと一つ習得)

上5つは、まぁ基本的に上位大学に合格できるようなポテンシャルがある人じゃないと無理です。だいたい必要勉強時間が3000時間前後ですね。

大学で付き合いをしながら、課題もこなして、バイトもして3000時間勉強なんて基本無理。

0スタートから理想的な勉強を継続して早慶に合格するためには1800〜2200時間、東京大学は3000〜5000時間

そういう世界なんで、例えば早稲田に受かりそうだったけど明治・立教に進学したくらいのポテンシャルがないと無理です。

そもそもの話、在学中に英語系資格高得点取れるようになるって超勿体ないですよね。受験生時代に得意になれていたらと考えると….。

自己アピールに便利な資格

単純に武器としてあれば多少有利になる資格としては

情報処理技術者(かなり強い)
—–別格—–
中小企業診断士
行政書士
社会保険労務士
宅建士+管理業務主任者+マンション管理士

らへんでしょうか。ここらへんは、必要勉強時間が300〜1500時間くらいなんでまぁやる気があれば取れると思います。

だいそれた資格は必須ではない

動画にあったように、予備試験とか公認会計士とか自分のやりたいことでもないかぎりやるべきではない。人生を懸けるようなものだから。

汎用性があって最強の資格は「上位大学の大卒資格」です。

他に、エントリー要件に「TOEIC600点以上」などは見かけるんでそれは取ればいいだけの話で、

有名大卒見込み+TOEIC高得点』これだけでお腹いっぱい。

他に興味がある資格があるなら取っておけばいいんじゃない?程度ですね。

社会人になったら苦痛!?

やりたいことではないなら必須ではないと書きましたけども

社会人になってから必要勉強時間数千時間なんて資格取得は不可能レベルです。基本的には仕事を辞めて挑戦しないといけない。

今受験生である君たちの仕事は「勉強」でしょう。

つまり仕事(生活)の延長線上で試験をしてくれる大学受験ほど易しい資格試験は無いわけですよ。

いざ社会人になって…となると生活の外に特別に時間を作って、勉強していかねばならないわけです。

もちろん大学生も課題等があって勉強できない!!なんてのは普通です。

そういう面を考えて、在学中に何か大きいものに挑戦してみようかな!?と考えるのもいいですね。

学歴が関係ない公務員

公務員は「学歴は関係ない」と言われています。

上級区分(大卒程度)で受験する場合、早稲田だろうと、大東亜帝国だろうと試験と面接で決まります。

最初から公務員狙いというのもありですよね。最近はかなり安定志向で人気がある職業ですので早めの対策をお勧めしますよ。

再度繰り返しますが、大学受験で頑張れない人には公務員試験の他教科対策は難しいでしょうな。

資格試験の勉強は糞つまらない

大学受験に関する仕事をしているせいなのかはわからないが資格試験の勉強は個人的に糞つまらないです。

大学受験ほど知的好奇心をくすぶる試験は無いはずです。

僕も学部生時代に行政書士の勉強してみようかなーなんて浅はかな思考で3000円もする分厚いテキストと問題集を買ってみたんですけども2日持たなかったですね。

再度繰り返しますが、大学受験で頑張れない人には資格試験のモチベーション維持は難しいでしょうな。

まとめ

目の前にある最もおいしい資格を捨てて、取れるかわからない資格に現を抜かすな
大学受験程度で頑張れない人は、資格試験では100%頑張れない。

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

3 件のコメント

    • 普通に書かれてる文章は書かれてますよ。書かれてなかったら教材作成されてませんから。
      概要で言われていることは「プラチナルール」でも学ぶことが出来ます。
      しかしまずは常識として論理標識をパラリーで学んだらいかがでしょうか。
      消えるButとか大それたことを述べていますけど、当然っちゃ当然、すぐ理解できることなんで先にパラリをお勧めしますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください