新しい文章で多読?これまでの英文で徹底音読? 本質に基づく多読との向き合い方

imgres-11

質問内容

英語の質問があります。
僕は一橋大学を目指しています。
今ハイパー3に取り掛かり、その次はパラグラフーディングのストラテジーをやろうと思ってます。
その後、このサイトでは速単上級やリンガメタリカで多読をするというふうになっているのですが、現代文と数学が遅れていることもあり、ここから50個の英文を完璧にできるのかと考えると厳しいように感じました。
中途半端になるくらいなら今までの英文を徹底的に音読し、過去問に入る方がいいと思いました。
多読はカットしても大丈夫なのでしょうか?

回答

ありがとうございます。回答します。

人によって意見が分かれると思います。また現代文と数学が遅れているという点も、どの程度時間が必要で他教科の過去問演習の進捗…等の要素は本人にしかわからないものなので、この記事を参考程度にとどめ、最後は自己判断で行動選択してみてください。

個人的にはやったほうがいいと思います。がしかし、過去問演習やそれに基づく修復作業等を優先させるべきです。隙間時間にできるという点が優れている勉強方法なのでやって損は無いと思います。

なぜ多読をする必要があるのか?

根本的な部分の確認からいきましょう。

  1. 速読力強化
  2. 語彙の限界突破
  3. 教養の獲得

多読の目的はおおまかに言えばこの3つです。

これは「単語・熟語1冊、文法・英文解釈の最低限の必要量はたかがしれてるのだから、あとはいかに語彙と教養と経験を積めるか」という僕個人の理論に基づいています。

世に「1冊を完璧にすることが大事」と標語的なものがありますが

単語1冊熟語1冊
文法問題集1冊
英文解釈2〜3冊
⇧こんなものは上位大学を志望する人はやっていて当然、完璧にして当然

「1冊の完璧にするとかいうあたりまえのことをいわないでよ笑」的な領域です。

ここから差を生み出す要素は過去問の徹底分析と対策および多読だろうと。

ただし一つ勘違いしないでほしいのは

多読というのは、1冊を完璧にすることを求めない勉強スタイルでもあります。

半分までしかできなかったという場合、なにかいけない点はありますでしょうか。

基本的な単語・文法・構文・長文読解は習得している、そこから少しでも限界突破をしようと試みる行動が多読なのですから、途中で終わったとしてもなんら問題はないです。極端な話、50個中10個しかできなかったとしても価値があります。

特に速単上級には「語彙の推測原則」というパートが序盤に用意されています。国立志望生には超重要な要素だと思いますよ。初見の単語を文章のなかで推測する方法を学べるのでオススメです。(CDを購入でDVD講義もついてきます)

結論
  1. 基本的には今迄やってきた長文を徹底的に音読し、過去問に入るべし。
  2. ただし、速単やリンガ、Core1900,opinion1100等をやらないという選択肢はとるべきではない。
  3. 一日15分でもいいから限界突破のための多読という行動をとってみよう。

以上です。頑張ってください。

※一橋だと、自由英作文やリスニングの対策も必要になりますから、ガチで自分の現状と相談してやってください。それによって必要ではないと感じたらやらなくてももちろんokです。

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

3 件のコメント

  • 京都大学経済学部志望です。
    速単上級とリンガメタリカだとどちらかと言えばどっちが傾向にあってますか?
    また、英語の過去問の長文は音読して復習すべきか黙読して読めるように復習するべきかどちらですか?

    • 汎用性が高いのは上級で、単純な語彙力upや推測原則、良質の文章50個などタメになるものしかないです。
      対してリンガメタリカは、背景知識とそのテーマに関する語彙の獲得が基本的な役割です。
      なのでまず選ぶとしたら上級ですね。上級までを完璧にすれば英語が難しい京大でも98%の語彙をカバーできるみたいですよ。

      復習方法は人によりますが、私なら音読目標まで音読します。
      何年分も解くはずですから、数回前の文章を復習として読みかえしてみてどのように読めば定着しやすいのかを分析してみてください。

  • DJDトム にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください