新着記事一覧
2018年7月16日
NEW! 夏休み計画添削
2018年7月16日
NEW! 日本史 読む作業
2018年7月16日
NEW! 7・8月の予定添削
2018年7月5日
早慶法 計画添削

全統模試の結果による今後の方針について

imgres-11

質問内容

こんにちわ!以前から相談させていただいている阪大経済学部志望の者です。
夏休みに入って一つの目標にしていた全統マークが終わり、結果として前回の進研マークと比べて下がってしまいました。特に主要科目である国数英が下がったので非常に危機感を感じました。特に英語は前日にセンター追試2016年度を解いたところ9割が取れたのですこしなめてたのかもしれません。おそらく竹岡の面白いほどで出た内容を覚えていたからだったのだと思います。

配点からしてもセンターは大切ですし、このまま予定通り8月は二次対策をしても大丈夫なのでしょうか?
この結果をどのように受け止めればいいか教えていただきたいです。

結果(進研 全統)
国語 170 140
英語 180 160
数学 140 140
日本史 50 60
倫政 60 65
理科基礎 40 60
最近の勉強 理科社会の既習範囲と国数英の二次対策

長文になりましたがアドバイスをください。
よろしくお願いします。

回答

ありがとうございます回答します。

模試に関しては多くの受験生に向けて話しておきたいことがあります。

個人的な考え方として模試は所詮模試であって、本番以外の【得点】など塵芥と同じ、どうでもよいものだと思っています。

これは、点数が【取れた・取れなかった】ことによって一喜一憂し、そこからの思考を停止させている受験生に警鐘を鳴らすものだと考えてください。

大事なのは得点・失点までの過程であって、しっかり弱点や失点原因を特定すること、出来なかった模試の中から無理矢理よかった部分を抽出することを怠らないようにしましょう。

1-0で勝った試合よりも0-2で負けた試合の方が得るものが大きい場合だってあります。

例えばですけども、

  1. 時間配分に失敗して大事な大問5・6で失点を広げてしまった
  2. しかし、時間さえあれば読解はできていることに気づいた
  3. この解答力を維持して速読力を向上させれば道は開けるかもしれない

このように、ミクロ・マクロの視点からプラス・マイナスの分析⇒対策と広げる意識をしましょう。

得点の多寡なんてど〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜でもいいです。

おそらく、この内容を見て「なるほどな」と思える人もいれば「???」となる人もいるはずです。後者の人は、論理的思考・戦略的思考に基づく秩序のある勉強ができていない証拠になるかもしれませんね。

さて、文字稼ぎが終了したので本件について回答をすると

  1. 進研と全統ではおそらく難易度が違った(特に近々の進研マークは簡単だった)
  2. 英語に関しては8割取れていることに価値がある
  3. 8月に関してはセンターのみで使用する教科の復習・進行と2次対策でよい

って感じになりますかね。

英語に関しては、10回受けたら9回以上160点以上をとる実力を求められていると考えてください。(上位私立志望者は70分で160点以上)

そうすれば4〜5回は170点以上、1〜2回は180点以上取れるようになります。

160点以上を何があっても得点できる実力をもっていれば、そこから①知識の深さと②経験値と③運によって加点されていきます。2次対策を通じて①②をいち早く手に入れましょう。

って感じでしょうか。引き続き二次対策を頑張ってください。

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

2 件のコメント

  • ありがとうございます。
    思考停止するところでした。
    次に生かせるよう頑張ります。

  • 質問を送らせて頂きました。

    お時間がある時に回答していだければ嬉しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください