文法問題の即断力をつける?計画の添削

imgres-11

質問内容

夜分にすいません。
少し今後の予定とマーク模試の結果に対する自分の戦略を考えたので訂正と助言をいただけたらと思い質問させていただきます

志望校:早稲田 商学部
■全統記述
英語58
日本史65
国語66
■マーク模試(今回)
日本史82
英語153
国語150

英語
文法系:Vintage/Be/英文法の核/構文150
単語:シス単
熟語:速読英熟語→解体英熟語
解釈:スマリー→70→100

トムさんのサイトをいつも参考に参考書を進めています。お陰で日本史は60は絶対に切ることはなく65以上がほとんどです。それに、高2記述模試では43程度だった英語の偏差値が上がっているのもトムさんのお陰です。ありがとうございます。

今回質問させて頂きたいことは、二つあります。

まず、全統マーク模試なのですが文法だけで20点以上落としてしまいました。
自分なりに何故文法ができないのかと考えたところ。
今回隣にいた人が早すぎて焦ってしまった、さらに「文法よりも長文!」という意識もあったことにより多くのミスをしてしまったと考えていたのですが(例 book?予約する これは相当焦ってないとミスしない)
よく考えてみると、時間をかければ満点を取ることは可能なのですが、早慶の人は文法は見たらすぐに判断できると言われているのですが、自分はそれが出来ず熟語、構文系は秒殺なのですが助動詞や時制など毎回少し悩んでしまい結局それが焦りに繋がってしまっているのだと考えました。

そこで何で自分は即断できないのかと非常に悩んでいます。

Vintageは周回もして、その復習に核をやりました、構文150も正直抜けがあるとも思えません。
トムさんの「ネクステだけで文法をするな!」の動画なども参考にさせて頂き戦略的にやっていたつもりだったのですが何故か苦手のままです。
なんで間違えたのかというのを分析してみて、なんだこの文法と思ったのは一つもなく、ものすごく焦っていたのだと痛感しました。
しかし、このまま文法が出来ないままでは不安です。

今更なのですが候補としてはVintageはやりすぎてなんとなくもう一度やっても答えがわかる気がするので、

  1. 桐原1000をリーズニングを意識して行う。
  2. センター試験過去問の問題に多く触れる
  3. 文法の構文を暗記する

このような候補で文法をやり直そうとしています。トムさん的には今夏から始めて文法を即断できるようにするにはどうすれば良いでしょうか?

二つ目は今後の計画についてです。

ハイパートレーニング2終了後→やっておきたい500を行い、簡単に感じました。
そして早慶の問題を夏期講習でといてみたのですが、なかなか行けると感じました。
もちろん、マーチが余裕という訳では無いので、とりあえず、

[解釈 ] 基礎英文解釈の100(2周+svoc振り)あと1週間で終了
終了後は夏休み終わりまでにポレポレ終了。
[単熟語] システム英単語→速読上級48文を読み物として慣れるために夏休みに読む
解体英熟語を極める。
[英語長文] やっておきたい500→ハイパートレーニング3→やっておきたい700(私立には戦略的ではない気がするため、他のに変える予定です。)

というペースで行こうと思います。他にこうしたほうが良いなどありましたら、教えていただけると助かります。

最後に日本史で実力をつける100題をやっている人が多いのですが、既習範囲の問題演習を夏休みまでにやっておくべきなのでしょうか?現状1問1答の☆なし以外は履修した範囲は9割暗記しています。

非常長くなって申し訳ありません。お時間がある時に回答していだだけたら嬉しいです。

回答

ありがとうございます。

まず>>~~トムさんのお陰です。ありがとうございます。

とあります。嬉しいですが、そうではなくて、自分が頑張ったお陰だという気持ちでいましょう。

全受験生にお話させていただきますが、予備校に通って○○先生のお陰で成績があがった!!○○先生は神!なんて人がいますけども、

知識を伝える側からしてみれば、どこの誰かもわからないアドバイザーの伝えたいことを100%理解して実行してくれてありがとう。この受験生は神!って感じです。

実際、予備校に成績を上げてもらう、家庭教師に成績を上げてもらうなんて考えている受験生は多いはずです。違う違う、教師は【情報の市場】であって、それを仕入れて調理するのは受験生なんだと。実際に努力をしてどうにかしないといけない存在であることを多くの受験生は理解できていません。受験生の仕事は100仕入れたことを100余すこと無く調理することです。アンコウみたいな感じですね(え?)。

引き続き頑張ってくださいね。

では回答していきます。

まず文法の即断について話します。

これは拘る必要は無いです。出来るに越したことはないが、必須の能力ではないです。

焦りというのは制限時間から生まれます。一問一問は全てが同じ難易度で構成されているものではなく、2秒で回答できるものもあれば1分必要なものもあります。

特にセンター試験本番では、最新の傾向をぶち込んでくることもあり、少し考えないと解けない(既存の知識を組み合わせて解かないといけない)問題も出題される可能性を否めません。

受験生はまず、誰もが即断できる問題について、確実に即断できる力を求めてください。(特に語法・イディオム)

つまり時間をかけていい問題に時間をかけて、時間をかけるべきではない問題に時間をかけないということです。

文法で焦って時間と得点を失ってしまうのであれば、文法で焦らなくて済むように大問1・3・4・5・6のスピードを上げることです。(読解スピードを上げることのほうが、早稲田商においては期待値が高いですよね)

その上で

限界突破要因として、より多くの文法問題に触れて知識と経験を積むことにより、即断力を付けていきましょう。文法知識の引き出しスピードは経験によって向上します。

具体的なルートとしては、桐原1000は現状の需要にそっていると思います。

僕も現役時代は、9月あたりからネクステを卒業して桐原1000のリーズニングを始めた記憶があります。(この時期にリーズニングが重要だと気づいてやり始めた)

ただ、Vintageを完璧にしている場合には、わりと早くまわせると思います。その場合はファイナル緑⇒赤という感じでステップアップさせればいいですね。

では次に、今後の計画について添削していきます。

現状の得点率・偏差値的に、僕なら論理に基づく解答力の強化に時間を使います。例えば佐藤ヒロシのマーク式or論理を読み解くリーディングを導入したり。

そうしていないということは、予備校?塾?などでロジカルリーディングは済んでいるということでしょうかね。

(あ、でも文法で20点以上落としているということは読解はかなり出来てるってことですね)

そうだとしたら、直す部分は無いです。演習系教材で経験を積んでいく状況なんで、やっておきたい・Rise読解演習・頻出英語長文・全レベル別・ポラリスなどでどんどん読んでいけばいいと思います。9月からは過去問もスムーズに入れますね。

あとは日本史についてですね。

現状もかなり安定しており、既習範囲の一問一答は☆0以外は9割できているとのこと。

回答としては、一問一答・教科書読みとともに問題演習を並行させるべきです

一問一答だけでは、センターや一般(特に正誤問題中心の学部)・二次で戦えないというのはかねてから口を酸っぱくして言ってきていることですね。

既習範囲の活きた問題を解き、そこで「とある用語」が「どのように出題」されているかを理解し、その「視点」を教科書読みに反映させるとともに、新しく出会った知識を教科書に書き込む(情報一元化)作業をしていきましょう。

特に早稲田大学の過去問演習期においては、正文化作業を繰り返すことになります。その予行演習&準備として早めに問題演習に入りましょう。

こんな感じでしょうか。

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

1 個のコメント

  • 論理的な思考は一応塾でやらせて頂いてるのですが、少し確認して必要であれば追加しようと考えています。

    丁寧な回答ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。