早稲田の英語 ポラリス3 早慶オープン 

imgres-11

質問内容

早稲田の英語(教学社、第7版)をやるのとポラリス3だとどっちが良いでしょうか?11月23の早慶オープンに向けてということです。 
早稲田の英語をやると、問題形式に慣れられるし、解説に論理的な流れが書いてあるので論理的読解の復習にもなりそうです。 
しかしあくまで早慶であるので、慶の部分がカバーできない気がします。 
その点ポラリスは早慶どちらもの問題を扱っており、目標時間なども便利であると思いました。付け加えてリスニングしながらの音読ができるのも良い点だと思います。 
でもリスニングしながらの音読、背景知識はリンガメタリカなどで十分ですし、時間の都合上指南されたまでの音読ができるか?ということが気になりました。 
結局よくわかりません。まず早慶オープンに向けてというのが正しいのか?ということもあります。 
お聞きしたいのは簡潔に言うと、1番上の?と1番下の?です。 

ちなみに先日の全統記述では140点は確実にありますので、どちらもの使えないことは無いんじゃないかなと思っております。 
長々とすみませんでした。

回答

ありがとうございます。回答します。

まずはこちら

上記の動画の通り、早慶オープンは早稲田志望者にとっては想像以上に慶應慶應しています。

これに照準を合わせるのはちょっと違うというか、できるにこしたことはないが、出来る必要が無いというか。

これで冊子に名前が載ったとしても「運が良かったね」ってレベルです。

傾向が全く違うので、早慶オープンで良成績を目指すというのは少し時間のムダに思えますね。

>まず早慶オープンに向けてというのが正しいのか?

⇧つまるところ微妙ですね。

したがって

>早稲田の英語(教学社、第7版)をやるのとポラリス3だとどっちが良いでしょうか?

これは早稲田の英語です。

前提として、質問者さんの質問にはかなり回答してきているので英語の実力だったり、今迄やってきた教材などをある程度知っています。

多読もリンガまでがっちりやっているわけで、(リンガって本来は相当時間かかる)

それらを鑑みるとポラリスももちろんジャストミートな教材なんですが、早稲田の英語の需要の方が高いって感じですね。

一応根拠としては、

国立形式のものも多く、早慶でもSFCの超長文など、難易度が高く骨が折れるものが多い。

しかし、SFCの客観式等は横山の解法アウトプットにも使えるわけで、価値はある。

早稲田の英語で早稲田の形式の全体像を把握してからでも遅くない!?

ってところです。

>でもリスニングしながらの音読、背景知識はリンガメタリカなどで十分ですし、時間の都合上指南されたまでの音読ができるか?

これはまさにその通りですよね。現状では今ある多読教材をしっかり繰り返した方が期待値は高いです。

過去問で形式に慣れて、解法を身につけるという作業にとっとと移ってokです。

過去問演習の合間に長文の演習量を増やしたいとう場合のポラリスの選択はgood!です。

こんな感じですかね。これから模試が多くなりますけども、がっちり頑張ってください。

以上です。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。