よく聞かれがちなことを回答します。

imgres-11

受験生として持つべき心構えってなにかありますか?

そうですねー。

継続することと思考停止しないことですかね。

まずなにがなんでも一度決めたことはやり通すこと。

まずやってみないとその善し悪しがわからないし、それによって改善ができないのでいつまでたっても成績は向上しないですよね。

そして思考停止というか、思考が浅いというか…モノごとを一つの視点から見れない人は先が無いですね。

この参考書、オススメされてるからやってみよう!

そうではなくて、「なぜオススメされているのか」「自分の現状況に対して適合した教材なのか」まで考えて、「じゃあ使おう」が正解です。

そして「使い方」「使用期間」等まで考えないといけませんよね。

とむ
この考え方は以下の一部の案件にも通用するものなのでしっかりと理解しておきましょう。

センター模試で○点しかとれませんでした

まず言いたいのが

とむ
取れなかったからなんなんでしょう。思考停止してませんか?

本番じゃなくて良かったですね。

取れなかった⇒なぜ取れなかったのか?⇒本番迄にどうやって目標点をとれるようにしようか?

を順序立てて全力で考えましょう。

ミクロな視点からマクロな視点まで、分析できるところは腐るほどあります。

  • 時間が足りなかった⇒経験値不足?実力不足?
  • すでに学習している範囲なのに解けなかった⇒復習が足りない?
  • まだ未習範囲だったのでしょうがない⇒基礎の完成急げ!

間にあうか間にあわないかではなくて、「どうすれば間にあうか」です。

間にあわなかったら諦めるんでしょうか。最大限考えて他教科で稼ぐという戦略を採用するのであればそれはそれでしょうがないことですけどね。

センター○○にコツはありますか?

ありますけども、

センター試験の問題はは出来る人出来ない人全員をひっくるめて平均60%を目安に作成されている試験です。

つまるところ、基礎+多少の応用で70%以上は得点できてしまうテストでもあります。

このテストで「裏技」とか「コツ」などに頼らざるをえないということを考えた時、その先が見えてこないですね。

もちろん、(国立)理系の社会とか文系の理科とか重要度が低い教科はいいのかもしれませんが、

国数英はどの大学でも高配点ですし、かっこたる実力を目指してほしいところです。

特に一般二次でも使用する教科は最低限基礎をしっかり固めて「60〜80%はとれるようになったよー」くらいになったら、コツとか裏技に手を出すといいですね。

最終的にコツを掴むことによって…国数英は時間との戦いもまた一つの難点ですからコツを掴むことによって時短という最強の恩恵を得ることもできます。

このような教科では「センター○○の点数が面白いほど取れる本」とか「決める!センター○○」系の教材を使用すれば目からウロコの解法や思考法を手に入れることができます。

一応例外として、

私の現役時代、苦手教科の一つに「現代文」がありました。一般の過去問はおろかセンターの点数すらも安定しませんでした。

そこからセンター現代文裏技系の教材を使用したところそこまで点で獲得していた知識を線で結ぶことができまして、センターはちょっと間にあわずに70%強しかとれなかったのですが、一般入試では結果として稼ぎ科目になりました。

その際に使ったのが

とむ
浪人して慶應に進学した友人もこの教材にはサンキューと言ってましたね。

今はいろいろな教材があるんで正直選択肢の高位にはなりえませんが、一つの壁を打破するためのポイントになりえるでしょう。

ちなみに決める!センター現代文は

ヌコ
センター対策はおろか現代文の基礎を築くのにも都合の良い教材です。船口先生の名著なのでお勧めできますね。

それではこんな感じです。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。