d8de14112539827d43512cdbdb0166d9_m

首都大東京志望 質問回答

imgres-11

質問内容と回答

こんばんは相談です
現在の状況は
 
第3回河合マーク模試自己採点
英語184
国語182
世界史94
現代社会79
数学70
理科基礎60
 
で、首都大の過去問演習に入っているところで、世界史は8割弱〜7割、英語は6割強、国語は8割程度取れる状況です。

世界史は論述法が全然身についていないことが過去問演習で分かったのでスタサプの論述を受講しますが、記述(単語の穴埋めのやつ)の得点率が安定せず、教科書読みの時間と、実力100題で演習をする時間配分をどのように設定したら良いでしょうか?世界史にとれる時間は週20時間程度で、今まで教科書読みと教科書傍用問題集のみ行ってきたので、半分問題演習にしようと思います。

 
教科書読みは論述のためでもありますが、穴埋めのためでもあることはお忘れなく。穴埋めを強化したいのであれば、教科書読み3:実力7くらいの割合でokかと。
 
また、その際に教科書と問題集の進度がどうしても合わなくなるのですが、気にしなくてもいいでしょうか? 

進度は気にしなくていいです。教科書読みはどちらかといえば定期的な反復学習による「習慣的記憶」を目指して行なうものだからです。教科書を毎日意識的に読む事に意味があります。
 
 
国語は得点率を8割切ることがほぼ無いのでこのまま現代文は上級現代文をやり、古文については2日に一問ずつ記述問題を解いて質と量を両立させます。

英語は一番厳しく、記述問題が完璧に取れない+英作文(英文中和文英訳)が難易問わず取れないのが現状で、正直記述系の問題集はハイパー2.3、ライズ3をやってきており、考えられる原因は語数の長さ(1000語)から内容把握が出来ていないことと、構文把握に時間がかかり解答時間が足りなくなり焦って読み飛ばす→結局構文把握が適当になり的を得た解答が作れないことだと思っているのですが、この場合やるべきこととしては
・英作文(ハイパーorプラチナルールなど)をやる
・速読系の参考書をやる
・スタサプトップレベル英語読解の長文演習13講以降をやる(解説が講義で聴ける)
・超長文の問題を解く(やっておきたい1000があるが、難易度は超高いため同志社あたりの過去問?→解説があまり詳しくないのが難点) 
・英文解釈系の参考書(基礎100は今更感、ポレポレだとやりすぎ感否めない)
の5つを考えましたが、どれを優先的にやればいいでしょうか? 

 
英作文については、今の時期からやれば取れるものなのでノーコメントで。ハイパー1冊こなしましょう。

長文について〜この大学、マニアックな内容をもってくるパターンが多く、むしろ現時点で6割強取れてるなら良い方では?〜的な感想です。ものすごくシンプルにアドバイスするなら「演習量」増やして語彙とか常識力等、経験値積んであげれば合格点取れるんじゃ。という感じです。

 
>>速読系の参考書をやる
 
速読系というとキムタツ系?ですかねー。これは個人的にアウトなんで私の意見としては×
もしくはスピード英語長文とかでしょうか。これは1冊加える価値があると思いますよ。センター前に1冊こなしておくとよし。
 
>>スタサプトップレベル英語読解の長文演習13講以降をやる(解説が講義で聴ける)

これはやらない理由がないですよね。すぐにでもどうぞ

 
>>超長文の問題を解く(やっておきたい1000があるが、難易度は超高いため同志社あたりの過去問?→解説があまり詳しくないのが難点) 
 
個人的にですけど、やっておきたい撲滅希望派なので、1000語は無いですけどやるならイチから鍛える700をお勧めします。だいたい700〜800語くらいの文章で、レベルも丁度いいかもですねー。12月一杯でやるかんじでいかがでしょう。
 
 
>>英文解釈系の参考書(基礎100は今更感、ポレポレだとやりすぎ感否めない)
 
センターで9割とるような方で抜けているような部分って、だいたい「倒置」とか「強調」とか「省略」ではないでしょうか。
こういうのが、その他の関係代名詞とか比較とかと合わさった文章が厳しい。わからないですけど、そうなんだったら関の英文読解特別講座を今すぐに高速学習ってのはどうでしょうか。
 
 
 
以上でございます。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください