早慶商志望 論理を読み解く⇒横山・登木 「&」?「or」?

imgres-11

質問内容

いつもサイトの方を参考にさせてもらっています。 
高3で早慶商学部を目指しているのですが、塾予備校には通っておらず基本的に参考書やスタディサプリ、Z会の通信教育で勉強しています。 

今回は、英語のルート等の質問に答えていただけると助かるのですが、 

これまでにやった参考書が 
鉄壁、英頻1000、関正生英文読解、ビジュアル解釈1,2無印技術100、透視図(例題のみ)論理を読み解くリーディングです。 
解釈の方はかなりこなしてきたのでもういいかなという感じで、解法系を極めたいと思っているところです。 
論理を読み解くをやってみて、論理展開の方は非常によく理解出来たのですが、もう少し選択肢吟味などに詳しく触れているものを使いたいと思い調べたところ、横山ロジカルの客観問題の方で、選択肢の選び方まで触れているとレビューを見て、ルートに入れたいと考えています 

そこで、計画として 
8月残り 
解体英熟語 
知らなかった単語をノートに書いたもの 
無印横山ロジカル 
速単上級音読 

9月 
解体英熟語(仕上げ) 
知らなかった単語ノート 
英会話問題のトレーニング 
横山客観 
Z会の毎月のやつ(長文演習です) 
速単上級音読 
10月 
登木長文 
Z会(長文演習)→ポラリス3→過去問 
リンガメタリカ音読 

オーバーワーク気味なのは分かっているのですが、数学と英語を武器に圧倒的な力をつけたいと考えているので、、こんな流れを考えています。 

djdさん的にはどうでしょうか。 
また、教材の相性(横山と登木など)はあまり良くないでしょうか、マニアックな質問で申し訳ないのですが 
お答えしていただけると助かります。。 

回答

回答します。特に直すべき点はないので、あえて触れるだけに。(客観的に見た際の感想なので参考程度に)

まず、10月の>>Z会(長文演習)→ポラリス3→過去問 

ポラリス3いらんかなぁ…Z会の量がわからないんであれなんですけども、登木・Z会・過去問でも十分重いかなと。

ただまぁ、ポラリスもレベルが高く、ナウい文章を経験できるという点ではいいんですけども。ここらへんは時間と相談しましょう。Z会⇒過去問で良い気がします。

次、

教材の相性(横山と登木など)はあまり良くないでしょうか

これなんですけども、超悩みどころです。

横山と登木の相性っていうより、論理読解の始点が「論理を読み解く英語リーディング」なんで、それとの相性がどうかをまず考えないといけません。まぁ結論から言えば

  • 論理を読み解く・横山⇦◎
  • 論理を読み解く・登木⇦◎

両者相性が良く、通じるものがあるというか。横山をやっている際も「あぁそれ論理を読み解くで言ってたかも」みたいになるはずです。それがさらに「横山流」的に強化されてるイメージ。仙人レベルになれるのが両教材です。

両者ともに選択までの思考過程をガッッチリ解説してる教材なんで、時間があるなら両方やって損無しなんですけども、いかんせん論理読解の3大重い教材を全てこなす必要があるかどうかと言いますか。笑 たしかにオーバーワークですね。「圧倒的」への姿勢は尊重すべきですが、この計画だと過去問に入れるのが10月終盤くらいとなるとなかなか怖いです..もうちょい早く入りたいのは本音です。

志望も早慶の「商」ですからね。まず登木を1冊やってみて、そこで完成度の自己採点と過去問演習の実施。それに満足いかないようであれば横山を足すというのはどうでしょう。それで必要ないという場合には約1.5ヶ月分の短縮につながりますからね。(横山の無印ロジカルの内容は論理を読み解くで少し学べているはずなので登木を優先してます)

「あくまでも参考迄に」今の状態でも合格点は取れるはずです。「その上で限界突破するには_」をしっかり考えていて素晴らしいですね。

ではこんな感じでしょうか。

 

 

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

2 件のコメント

  • 回答ありがとうございます!
    気になっていた過去問に入る時期にふれていただいてて助かりました。登木をやってみてから、決めてみようと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください