スマートリーディングの使い方|紹介・使い方・評価・レベル・対象

ダウンロード (7)

英文解釈の参考書は豊富だが、単文解釈メインでここまで詳しく、手広く、深い内容が展開されている書籍があるだろうか。

DJDが英文解釈の1歩目としてオススメしている
「基礎徹底そこが知りたい英文読解」

基礎徹底そこが知りたい英文読解の使い方|英語初学者の英文解釈の1冊目に最適。


「英文読解入門基本はここだ!」

英文読解入門基本はここだ!|紹介・使い方・評価・レベル・対象

は少し古くさく、現受験環境で求められている「構造把握」「情報量」という点では「及第点」レベルだ。(もちろん薄く効率的で「必要にして十分」であり、他の書籍と組み合わせることで絶大な効果を発揮するのでオススメしている。)

しかし当書籍は、特に時間のある高1高2生の難関大志望者にとってはかゆいところに手が届く、よく網羅(単文量が圧倒的)、整理されている。

英文解釈の辞書代わりにも使えると言ってもいいだろう。

これを1冊極めれば基本の構文パターンや文法知識の定着、語彙力増強も出来て・・・という非常に素晴らしい内容になっている。

スマートリーディング

著者HP

大学受験突破の夢をかなえる 山下りょうとくのホームページ
音声ファイル等をダウンロードが可能です。

仕様

・ジャンル:英文解釈教材
・量:275P
・内訳:全12章(53レッスン+課外授業)
・対象:難関大を目指す人(早めに勉強を始められるのであれば志望校関係なく全員に使用してほしい)(学校の高2生の教科書として使用してほしいくらい)
・到達:センター〜難関大の英文を解釈するためのパターンを網羅的に習得が可能
・語彙レベル:易しい語彙を使用して例文などが作られているため、そこまで語彙力が無くても使用できる。(1500語掲載レベルの語彙力があれば十分すぎる)

注意

開始時期

網羅性に優れており、解説が詳しく、難関大への基礎になるということは逆に、「結構ヘビー」でもある。例文・演習問題の量は上記2冊とは比べものほど多いので時間が無い受験生は使用するとやけどをするかもしれない。国立生なら高2の夏、私立生なら高2の2月あたりまでに開始しておくことが望ましい。

初学者

もともと英語が苦手であった僕だからわかるんだけども、この書籍を英語の右も左もわからない人が使っても「意識不足」でなにが重要なのかを理解できないと思う。本書では読解英文法部分を特に重視しており、「文章を読むため」の知識が詰込まれている。

そこらへんの解説はこちらでしています。

英語の成績を確実に伸ばす正しい勉強法

そもそも英語は「読めればいい」教科であるから、そのためにやるんだという意識がまずは必要。
少なくとも「成川」で英文法を多少理解していて、五文型・受動態・準動詞・関係詞等の意義を知っておくことは必須

接続書籍

基礎徹底そこが知りたい英文読解

(英語アレルギーな人が当書籍の使用前に完了させる)

基礎徹底そこが知りたい英文読解の使い方|英語初学者の英文解釈の1冊目に最適。

文法基本書

文法事項のINPUTをしておくとスムーズ

成川の深めて解ける英文法INPUT・OUTPUT編|紹介・使い方・評価・レベル・対象

渡辺のとことんわかる英文法|紹介・使い方・評価・レベル・対象

英文解釈の技術70

(主に)単文解釈から短文解釈へ

英文解釈の技術の使い方 長文が読めない人の為の過保護な一冊!

使い方

1周目

ペース:1日3レッスン(約17日で1周)
①説明を読み演習問題を解く(訳す)。この際構造把握をしっかりすること。
②解説を読み答え合わせ。
③【音読】 構造把握を瞬間的に、訳のイメージを音読スピードと同じ速さで理解できるようになるまで音読
④復習:前日分を音読

※例えばP110~あたりの動詞句の一覧があるが、このようなものはまだ覚えなくてよい。
(動詞句はネクステ系の「動詞の語法」にまとめられているので、ここでひたすら覚えるの必要は無い)

何周もするので目は通しまくる。
英語の勉強を通して動詞句で頻出の動詞に対面した時に「これはあの前置詞とつながりやすい動詞だ!」と意識するようにしておこう。

ex.
blame⇒理由のfor
furnish⇒供給のwith
rob⇒分離のof
prevent⇒妨害のfrom

2周目

ペースを一日3レッスンから5レッスンへ。(約10日で1周)
その他は同様。

3周目

ペースを一日5レッスンから8レッスンへ(約7日で1周)
その他は同様

4周目

ペースを一日8レッスンから10レッスンへ(約5日で1周)

以降、このペースで音読・訳出が瞬間的にできるまで繰り返す。

完璧になったら辞書代わりにも使用できるので無駄無く使用してあげてください。

英語の勉強法

英語の成績を確実に伸ばす正しい勉強法

imgres-8

LINE@開設しました!

更新情報や質問相談に♪
友だち追加

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

3 件のコメント

  • 「スマートリーディングReview」を読んでから買いに行ったのですが、例文や解説が少し付け加えられているのと問題が付いているくらいで、ほとんど同じでした。
    Reviewでだいたい分かったら、
    本書を買うべきか…
    ハイパー英文読解での演習を優先するべきか…
    アドバイスお願いします。

    あと、この本に書かれている「形からの意味類推」は実用的でしょうか?

    • Reviewで理解が完全に出来ているのであれば大丈夫だとは思いますが、本書の重要なところは文章量(例文・問題:約700個)の多さと解説の詳しさだと思っています。
      Reviewだけだと見にくいって人もいますので「英文解釈」を1からやりたい人には本書自体の購入を勧めています。
      内容を見て「そんなん知ってるよ」ってしかないのであれば、演習でいいと思いますよ。

      形からの意味類推は実用的です。スマリだけでなく、熟語帳にもネクステ系にも載ってる部分ですが、結局語彙と前置詞のイメージで分類しろってだけですから。
      動詞構文は覚えたらキリが無いので類推する力が無いと文法問題から長文読解まで柔軟に対応しきれなくなります。

      • ありがとうございます。

        現状把握テストは即答でき、英文法はforestで復習しましたが…
        知ってる内容ばかりという訳ではなく、「譲歩の語順変化」や「形からの意味類推」とかは知りませんでした。
        それだけのために…というのもありますし、よく考えたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。