新着記事一覧
2018年7月16日
NEW! 夏休み計画添削
2018年7月16日
NEW! 日本史 読む作業
2018年7月16日
NEW! 7・8月の予定添削
2018年7月5日
早慶法 計画添削

スタディサプリ⇒学びエイド 現代文

imgres-11

質問内容

スタディサプリ現代文で記述問題が少ないので学びエイドで記述のやり方を増やして行くのはまずいでしょうか?

いきなり学びエイドに変えて解き方が変わってくるのでじょうか?

現代文はキーワード読解が終わりスタディサプリスタンダードとトップ&ハイレベルを4月までに、そこから学びエイドで記述を学び、5月にアクセス基礎、6月にアクセス発展、8月に入試問題精巧をやろうと思っています。

回答

回答します。

「解き方が変わる」っていうのはあまり考えられないですね。

どの解法も基本的には「根幹」というものがあり、共通するものがあります。気にする必要はないです。

考え方としては二通りありますね。

まずもっとも無難な考え方としては、学びエイド一本にする。

学びエイドであれば「基本的な読み方」から「パターン別の解き方」までしっかり網羅している先生がおられますから、それを完璧にすればあとはアクセス以下の教材で演習量を稼げば…というところです。

もう一つは、トップハイ⇒学びエイドと移行するのも無くは無いです。

スタディサプリでは「読み方」の部分がかなり鍛えられる(もちろんそれに基づいた解法も学べます)のでその目的でこなして、あとは記述の解法などを学びエイドにまかせちゃうというのもかなり良い手段なのでは?と思うところです。佐藤先生の講座なんかはジャストミートだと思いますね。

現代文の完成時期として夏休み中というのはまぁ理想的ですね。あとは他の教科をどう計画していくかというところだと思います。

では以上です。

これから大学受験を始める方へ

大学受験の右も左もわからない方のためのサイトです。あなたの疑問や不安をやわらげるためのささいなことをご紹介しています。当サイトが始めての方はひとまずご覧ください♪

♪24万人が利用している『スタディサプリ』♪

スタディサプリ高校・大学受験講座
月額980円でも高品質な理由とは!?使わないという選択肢はありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください